事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

課長の役割と仕事内容について

課長とはどんなポジションなのか?

課長の役割は重要な意味があります。以下、課長とはどんな役職か、課長の役割と仕事内容について詳しく見ていきたいと思います。課長とは、と聞かれると気苦労が多いイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。その理由や背景を見ていきましょう。

課長は板挟みに合い、気苦労が多いと言われる中間管理職

代表的な管理職として、部長、課長、係長が上げられます。中間管理職に該当するのは課長と係長です。自身より上位の管理職の指揮下に配属されており、よく板挟みに合うため、気苦労が多いとされています。
課長の役割は、簡潔に述べると上司と部下の潤滑油になる事です。では具体的に課長の役割・仕事内容を見ていきましょう。

課長の役割・仕事内容を把握しよう

実際、課長の役割にはどんなものが求められるのでしょう。上と下から板挟みに合い、仕事量の多い分給料の多い課長。求められる役割も、部下のままだった頃よりも多いようです。

課長が任されている仕事は、課の「人・モノ・カネ」を把握する役割

課長が任されている仕事は、課の「人・モノ・カネ」の管理です。
特に、「人」に関しては課長以上では、現場を把握できません。「課」の一人一人にフォローしつつ、彼らのモチベーションを上げるのが、課長の仕事です。

また、課長の仕事としては他に、課のメンバーを束ねる必要があります。課長の仕事ではチームの成果に注力するため、大きな目標の設定をします。チームで目標を達成するような影響力を発揮するのが、課長の仕事に求められています。

課長の仕事に必要な資質・求められる能力とは

課長として仕事を果たすためには、役割にふさわしい資質や能力がなくては、信頼を得る事が出来ません。部下もついて来てくれず、チームワークを発揮出来ません。課長に必要な資質・能力とはどんなものなのか、確認しましょう。

課長はモチベーション・論理的でスピーディーな判断力が求められる

課長になると、一つの大きなプロジェクトを任される事が多くなりますので、そのため仕事に対する、高いモチベーションを継続する必要があります。

さらに、課長の役割として部下が判断できないことを判断する機会も多いです。緊急度の高い案件に対する、慎重かつ正確・スピーディーな判断が求められるでしょう。案件対応するには、論理的な考え方が欠かせません。課長の役割は、非常に責任のあるものと言えるでしょう。

課長の役割は中間管理職!仕事への高いモチベーション・論理的思考が必須

課長の役割と仕事内容について、課長とは何なのか、仕事内容と合わせて見てきましたがいかがでしたでしょうか。
課長は一つの部署の責任者であり、中間管理職でもあります。仕事への高いモチベーションを持ち、組織を管理・監督、目標の達成に責任を負わなければなりません。
また、上司からの命令・部下への指示の対応を迫られるので、広い視野とスピーディで正確な論理的思考が求められます。上司からの信頼を得るためにも、部下と積極的なコミュニケーションを取る必要のある役職でもあるようです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム