2017年01月16日(月) 更新

あなたと言うのは敬語?社会で恥をかかないためのビジネスマナー

恥をかかないためにビジネスマナーを身につける

20代のビジネスパーソンや大学生などにとって、ビジネス会議やミーティングの席は、まだまだ分からないことだらけでしょう。当たり前と思っていたビジネスマナーがフォーマルなビジネスの席では通じないこともあるので、ビジネスには注意が必要です。「あなた」「わたし」などの敬語をきちんと知っていることによって、取引先や上司のまえで恥をかかずに済みます。

ビジネスマナーは敬語で判断される

「あなた」「わたし」などのビジネス敬語をきちんと使えるようになると、常識をわきまえた丁寧な人という見方がくだります。取引先にとっても安心材料がひとつ増えるため、交渉などもスムーズに運ぶことが多いのです。言葉は生き物、相手が気持ちよく思えるキレイな日本語を使うことによって円滑にビジネスワールドを深めることができるのです。

「あなた」という敬語はビジネスマナー違反

丁寧な日本語の代表格でもある「あなた」、実はこの言葉は目上の方に使うと失礼にあたります。かつては身分の高い人に用いてきた「あなた」という敬語。現代では「自分と同じレベルの人に使う言葉」というキーワードが一般的になっています。つまり上司やビジネスでのクライアントに対して「あなた」を使うと非常識と思われることがあるので注意が必要なワードなのです。

名前には「さん」や「様」をつけるのがビジネスマナー

ビジネスでクライアントの名前を呼ぶときには「あなた」などは使わず、きちんとした適切な敬語を使うことが大切です。会社の名前で呼ぶ場合には「御社」などの敬語を使い、個人の名前で呼ぶ場合には呼び捨てではなく「小林さま」「小林さん」などの呼び方にしましょう。間違っても「あなたは」「あなた方は」などと言った言葉で話しかけることのないように、気をつけましょう。

上司の呼び方は「○○課長」「○○部長」のような敬語にする

またビジネスのクライアントとではなく、社内の打ち合わせ時に上司の名前を呼びたいときにはどのような表現や敬語を使えば良いでしょうか。「○○さん」という表記でも問題ありませんが、「○○課長」「○○部長」など役職名を末尾につける敬語でも、失礼にはあたらないと思います。上から目線の表現にあたる「あなた」と呼びかけることのないように、気を付けましょう。

ビジネスマナーとして「オレ」「あたし」はNG

目上の人に対する「あなた」は敬語としてはNGということは分かりましたが、自分を指す表現もあわせて学習しておきたいもの。学生気分が抜けない「オレ」や「あたし」はもちろんタブーです。「わたくし」「こちら」「当社」などの言葉を知っておき、打ち合わせやミーティングの席などでも恥をかかないフォーマル敬語を身につけておきましょう。

「あなた」はビジネスで使う敬語としてNGなので「様」や「さん」を使う

ビジネスでしっかりとした敬語を使うことができるのは、あなたの株を上げるヒントにつながります。あなたは敬語と混同されがちですが、目上の人に使うのは失礼にあたることも…。あなたの代わりに、「様」や「さん」などの丁寧な言葉をつかい、円滑なビジネス環境をつくっていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム