2016年11月29日(火) 更新

「ありがたい」を上司に使う場合の敬語表現【ビジネスマナー】

ビジネス敬語は当たり前に使いこなせるようになろう

20代のビジネスマンとして、しっかりしたビジネス敬語を身につけておくのは、実はとっても大切な武器になります。ワールドワイドな企業では英語力が高い評価をされていますが、高い英語力をあげるためにはベースとなる日本語がしっかり話せるからこそだと思います。

まずは綺麗なビジネス敬語を丁寧に話すことができる人こそ、多くの業界や企業で重宝されるビジネスパーソンになります。

ビジネス敬語は社会人マナーとして必須

言葉を軽く発することができるインスタントな時代だからこそ、「ビジネス敬語を大切にすること」が求められています。「ありがたい」などの敬語を適切に用いることができることも、実はビジネスマンにとって大切な要素のひとつ。ありがたい気持ちを根底において、円滑なビジネス敬語を身につけていきましょう。

「ありがたい」は気軽なビジネスのお願いシーンで使える敬語

それではこれから、気軽なビジネスシーンで使える「ありがたい」の敬語の使い方を紹介します。ビジネスでは自分と相手とで、コミュニケーションをしっかり取ることが大切です。

このコミュニケーションを取るための会話で、あまりにもガチガチの敬語で話してしまうと、相手と距離を生んでしまいます。場合によっては気軽に話せる敬語を使う方が相手との距離も縮めることができます。

「頂けますか」をプラスして敬語に丁寧さを追加する

クライアントとの打ち合わせなど、こちらの願望をより丁寧に伝えたい場合は「~して頂けるとありがたいのですが」というフレーズを加えると、より丁寧さが伝わり、上から目線が和らぐセンテンスになります。あまり過剰に丁寧な敬語を用いると、かえって失礼にあたりますので、「ありがたい」などシーンに合わせて使うことをおさえておきましょう。

相手の空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けよう

ビジネスのスキルアップさせるためには「ありがたい」や「頂く」などのフレーズの玉手箱をいくつか揃えておくと、多彩な言葉のキャッチボールが楽しめるようになります。失礼にあたらない言葉をおさせておくことで、できる人材としての印象を相手に与えることも出来ます。相手が何を求めているのかきちんと把握をして、受け答えをすることが大切です。

「ありがたい」の後に「感謝しています」という表現を付け加える

ビジネスシーンにおいて、自分が担当した仕事や企画が誰かの目に留まり、上司や先輩からとても良い評価をもらえる機会があります。そんな時に温かい言葉をかけてくれた人に伝える感謝の気持ちを「ありがたい」で表しましょう。ただ「ありがたいです」だけではなく、「感謝しています」も付け加えて「ありがたいです、感謝しています」と言うと気持ちがより伝わります。

ありがたい」を「お心遣い」で言い換える

例えばビジネスシーンにおいて、上司や目上の目上の人から出張のお土産をもらったとします。そのときに「ありがたいです」という感謝の伝え方は敬語としては不十分です。そんなときには、「ありがたい」を「お心遣い」に言い換えて、「福岡のお土産なんですね!お心遣い本当にありがとうございます」などというようにしましょう。

空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けビジネスを円滑にすすめよう

インスタントな日本語が増えている現代のビジネス敬語は、「ありがたい」などの敬語を適切に用いることは、ビジネススキルを高める重要なトピックスです。ミーティングスキルを高めるポイントは「その場の空気を読むこと」「相手の要望を的確にとらえること」「ありがたいなどの敬語をつかい、丁重な態度で臨むこと」がキーポイントになります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム