2016年11月29日(火) 更新

おばあさんという言葉の正しい敬語の使い方

社会人は信頼される為に正しい敬語を話せるようになる事が大前提

学生気分が抜けないまま、友だちと話す感覚で間違った敬語をビジネスシーンで使っていませんか?クライアントや取引先などと話す機会の多い社会人の生活では、しっかりとした敬語を話せるようになる事が大前提です。キレイな日本語や敬語が使えるようになると、周りからの信頼感もアップして、落ちついたビジネスマンという印象を相手に与えます。

「おばあさん」「おじいさん」の正しい敬語は「おばあさま」「おじいさま」

日本語は英語などと比べると、実に奥が深く、適切に話す事が難しいもの。丁寧すぎる言葉は「二重敬語」と呼ばれ、かえって失礼にあたる事もあります。また「おばあさん」「おじいさん」などの言葉も、ビジネスシーンから見ると、失礼な言葉になります。「おばあさん」は「おばあさま」、「おじいさん」は「おじいさま」がフォーマルな敬語です。

不快な印象を与えない為に「老人」ではなく「ご年配の方」「お年を召された方」を使う

日常会話ではよく使われる「おばあさん」ですが、そのままビジネスのシーンで使うと、相手によっては不快な印象を与えてしまう事もあります。「おばあさん」や「おじいさん」をターゲットにした商品や企画をプレゼンしたい時には、「ご年配の方」「お年を召された方」などの敬語を用いる事が大切です。間違っても「老人」などという卑下する言葉は使わないように気を付けましょう。

自分の家族を相手に紹介する時は「祖母」や「祖父」のように敬語を使わない

ときには打ち合わせ時のフリータイムに、自分の家族について話す事もあります。自分の家族を相手に紹介する場合には、「おばあさん」や「おじいさん」と伝えるのは、誤りです。家族に対しては敬語を使わない事が一般的なルールとなっていますので、「祖母」や「祖父」といった言葉を置き換えて使うようにしましょう。「お父さん」や「お母さん」も同様に「父」「母」と表記することができます。

常識がないと思われない為に一通りの人称ルールを一読しておく

人に対する正確な敬語を使えるようになる事は、社会人としての必須マナーです。「おばあさん」を連呼して取引先の方に「常識がない人」と思われない為にも、一通りの人称ルールを一読しておく事をお勧めします。自分に対しての表現である「オレ」「わたし」はビジネスシーンでは誤りです。男性であっても「わたくし」という言葉を使う事が、スマートビジネスマンの基本です。

敬語は繰り返し日常生活のなかで使ってみる事が大切

正しい敬語は、1日で覚えられるものではありません。流暢にナチュラルに使えるようになる為には、「毎日使って自分のモノにする事」が大切です。「おばあさん」を「おばあさま」と頭の中で言い換え、繰り返し日常生活のなかで使ってみる事が大切です。また敬語は「相手を敬う為にある言葉」です。言葉だけが空回りする事のないように、本質を理解しておく姿勢が大切です。

「おばあさん」という言葉の正しい敬語表現は「おばあさま」

友だちや家族と話す言葉、そしてミーティングなどビジネスシーンで使う言葉には大きな境界線があります。「おばあさん」は日常生活で使われる言葉ですが、改まった席では失礼にあたります。「おばあさん」の敬語は「おばあさま」や「ご年配の方」です。正しい敬語を覚えて、信頼のおけるビジネスパーソンを目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム