2016年12月09日(金) 更新

転職エージェントにおける内定辞退の伝え方【例文あり】

転職エージェントでの内定辞退は引き止められることも多い

転職エージェントとは、無料で転職におけるマッチングをサポートしてくれるサービスです。転職エージェントは紹介先の企業に入社してもらうことで利益を得ています。よって、内定辞退はできればしてもらいたくないというのが本音になります。ですので、転職エージェントの担当者に内定辞退を引き止められることがあります。しかし、転職はその後の自分の人生に関わるため、気を使って内定辞退を取りやめるといったことは辞めた方が良いでしょう。

転職エージェントを利用したときの内定辞退のマナーとは?

転職活動をするとなると、ひとつの企業だけに絞るというのは簡単ではありません。同時に複数の企業を受験するのは、よくあることです。また、転職そのものをやめる可能性もあるでしょう。企業側も、内定辞退はある程度考慮しています。「辞退するのが当然」ではなく、あくまでも「時間を割いてくれた人に申し訳ない」という気持ちをもつのが大切です。この気持ちを伝える手段として、電話やメールがあります。果たして転職エージェントを利用している場合は、どの方法が最適なマナーでしょうか?

内定辞退は転職エージェントにメールで伝えるのがマナー

もし転職エージェントを利用しているなら、転職エージェントに内定辞退を伝えれば、企業側へあなたの内定辞退の旨を伝えてくれます。その際、転職エージェントへ内定辞退を伝えるマナーは、電話でもメールでも構いません。ただし、後からのトラブル回避のため、内定辞退を伝えた時期や内容を双方で確認したいのなら、送受信履歴の残るメールを使うと良いでしょう。

内定辞退のメールには不満がある旨を内容に盛り込む

内定辞退は、企業にとってもダメージが大きいもの。それを転職エージェントが、代わりに適切な表現で企業側に伝えてくれるのは、ありがたいことです。

ときに給与・待遇に不満がある場合、その旨を盛り込むべきでしょう。エージェントの伝え方によっては、企業が条件を再提示してくれるケースもあります。それでは、実際のマナーを守ったメールの文章例を見てみましょう。

内定辞退をメールで伝える際のマナーを守った文例

以下、転職エージェントに内定辞退を伝える文例です。

【文例】
○○様(転職エージェントの担当者名)
いつもお世話になっております。先日、ご紹介していただいた△△会社からいただきました内定を辞退したく、ご連絡させていただきました。時間を割いて見つけていただいた企業様を辞退するのは大変申し訳ないのですが、私が希望する給与額に満たなかったため、内定を辞退させていただきたいと思っております。つきましては、△△企業様へのご連絡を宜しくお願いいたします。
□□ □□(氏名)

以上のようにエージェントには、内定を辞退する理由をちゃんと伝えるようにしましょう。もしも転職エージェントを介した内定辞退をする際は、参考にしてください。

内定辞退を迷っている時の対処法とは?

内定辞退を伝えるのは、早いに越したことはありません。入社直前になってから、「やっぱり入社をやめます」というのが最も困るケースです。このような場合には、転職エージェントだけでなく、あなた自身も損害賠償請求をされる可能性だってありえます。

内定をもらったものの、迷うときもあるでしょう。そんな時は、すぐに転職エージェントに相談してください。次に、内定辞退するか悩んでいるときの対処法をご紹介します。

内定は「受諾」ではなく「保留」する

複数の企業を受けているとき、本命の企業よりも先に他の企業から内定をもらう時があります。しかし、本命の企業から必ずしも内定をもらえるとは限りません。そんなときは、内定を「保留」にしましょう。

ただし、内定の保留はあくまでも「自己都合」です。マナーとして、最低でも一週間をめどに答えを出すようにしましょう。転職エージェントには、正直に「選考中の企業があり、迷っている」という旨を伝えます。何か力になってくれるかもしれません。

転職エージェントを通じた内定辞退は迅速に伝える!例文を参考にマナーを守ろう!

転職エージェントを通じた内定辞退の伝え方の例文とマナーを紹介しました。「せっかく転職エージェントに紹介してもらったのに内定辞退してはいけない…」と、義理堅く乗り気もしない企業に入る必要はありません。大切なのは、「あなたがどんな仕事をしたいのか」です。

転職エージェントには、企業を紹介してもらったことに感謝をしつつ、早い時期にスマートに内定辞退を申し出ましょう。誠実な対応をすることで、次のよい転職先を紹介してもらう事にもつながります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム