2017年01月16日(月) 更新

新入社員の家賃は?手取りから目安を決めるポイント2つ

新入社員が悩む家賃の目安とは?

これから、新入社員が家賃の目安を決めるときのポイントについて、紹介していきたいと思います。

社会人としての新生活。そこで一人暮らしをスタートさせる新入社員のみなさんも多いと思います。しかし、ここで悩むのが家賃の相場はいくらなのかというところ。

新入社員の、家賃目安の決め方を計算例を交えてお伝えしていきます。

新入社員の家賃相場の決め方秘訣!

新入社員のときは、給料の手取りと、家賃と生活費を考えて契約をする方が多いようです。しかし、本当にそれで暮らしていけるのか不安に思う人や、うっかり失敗したと嘆く人も中にはいます…。あわせて見ていきましょう。

家賃は収入の手取り1/3を目安に考えた方が良い

新入社員の家賃だけに関わらず、基本的に家賃は収入の手取り1/3を目安に考えるのが良いです。

新入社員の初任給に関してですが、初任給の平均は男女併せて…

●大卒の場合で約19万円
●短大卒で約17万5千円
●高卒で約16万5千円

となっています。(※キャリアパーク調べ)
これを基準に家賃を考えると、1/3に抑えた場合の家賃は、

●5万7千円(収入手取り19万円の場合)
●5万2千5百円(収入手取り17万5千円の場合)
●4万9千5百円(収入手取り16万5千円の場合)

となりますので、この家賃を目安に考えていくようにしましょう。

新入社員が家賃を決めるときのポイントとは?

家賃の相場がいくらなのか、あれこれ悩む新入社員のみなさんに、これだけは押さえておいた方がいいというポイントを紹介します。お部屋家探しの参考にしてください。

家賃を決めるときのポイント①:夢を見ずに現実を見る

新入社員が家賃を決めるときのポイントとして、夢を見ずに現実を見るというポイントですが、よくドラマなどの一人暮らしのシーンがあります。

ドラマなどに出てくる部屋はかなり演出がかかっているものであり、現実離れしています。あまり夢を見ずに現実を見て、部屋や家賃を決めるようにしましょう。

家賃を決めるときのポイント②:通勤方法を変えることで選択肢も広がる

新入社員は家賃を決めるときのポイントとして、通勤方法を変えることで、家賃相場や、条件なども変わってきますので、こういったところも考えておきましょう。

また、自分の勤務先からの通勤時間などを考慮して、部屋や家賃も選び抜いた方が良い物件を見つけることができます。

新入社員の家賃目安の相場は手取りの1/3を目安に!

今回は、新入社員の家賃の目安を計算する方法に関して紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

部屋探しや、家賃目安がわからず、悩んでいる新入社員の声や、アドバイスを紹介してきましたが、手取りの1/3を目安として考えると良いようです。

新入社員は、もらえる手取りが16万・17万と少なく、そこから家賃目安を計算すると、4万8千円〜5万1千円くらいとなります。あくまで手取りの給与で家賃は考えましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム