2016年11月29日(火) 更新

定年退職祝いに対するお返しをする際の注意点

定年退職祝いに対するお返しは基本的に必要ない

定年退職祝いのお返しは、基本的には必要ありません。というのも、定年退職祝いというものは、多くの職場では一種の慣習となっており、「定年退職をする人がいたら、そのときに同じ職場で働いている人で記念品を贈る」ということになっている場合が多いからです。

定年退職祝いのお返しをしなかったからマナーを守れていない人と思われないか?と心配になるかもしれませんが、マナー違反でもありませんので安心してください。

しかし、企業の習慣でお返しが必要とされる場合もある

あなた自身、在職中は多くの定年退職者に記念品を贈ってきた事でしょう。今まで「贈る側」だった人が、最後に「贈られる側」になるのが定年退職祝いの特徴であり、このときあなたに記念品を贈った人も、いずれは「贈られる側」として、そのとき同じ職場で働いている人から記念品を受け取る事になります。

このような関係で定年退職祝いの慣習は成り立っているため、お返しは必要ないのです。しかし、職場によっては、お返しまでが慣習の一部になっている場合もありますので注意が必要です。定年退職祝いのお返しについては、原則、職場の慣習に従うように注意をしておきましょう。

習慣が守れていないとマナーがなっていないと思われてしまう可能性もあります。

定年退職祝いのお返しの注意点① 金額

そうはいっても、高価な定年退職祝いをもらったとき、お返しをしなければ申し訳ないという気持ちにかられる場合もあるでしょう。ここでは、定年退職祝いのお返しをするときの注意点を紹介します。

お返しは、もらった記念品の「1/2~1/3程度」の金額のものが妥当

まずは注意点として、お返しの金額についてです。定年退職祝いのお返しをするとき、同額のお返しや、半返しなど、様々な慣習や考え方がありますが、定年退職祝いのお返しの場合は、もらった記念品の「1/2~1/3程度」の金額でお返しをするよう注意しましょう。

気軽に受け取れる金額のものが妥当

同額のお返しをすると、せっかく定年退職をお祝いしてくれた相手の気持ちを踏みにじる可能性もありますので、注意してください。

また、定年退職祝いのお返しの品は、相手が気軽に受け取れるお菓子の詰め合わせやコーヒー、お茶などがおすすめです。あまり仰々しい品物や見た目に高そうな品物は、かえって相手に気を遣わせてしまうので注意し、控えてください。

定年退職祝いのお返しの注意点② お返し方法

定年退職をすると、それまでの付き合いが切れてしまう場合が多いので、定年退職祝いのお返しをしたくても、なかなかその機会がつかめないということもあります。

職場へ定年退職祝いのお返しをするときは、郵送などで職場に届けるとよいです。部下や取引先など、個人的にお返しをするときには、その人の自宅に送りましょう。

このとき、定年退職後の旅行のお土産や、お中元・お歳暮にかこつけて送ると、相手も受け取りやすくなります。お土産には退職後の近況を知らせるカードなどを添えておくなど、今後どのようにお返しをするのかをあらかじめ注意しておく必要があります。

受け取りやすい様メッセージを添えておくと無難

これまでお中元やお歳暮のやりとりをしていなかった相手にお返しとしてお中元やお歳暮を贈るときには、「お祝いの日本酒は妻と二人でおいしくいただきました」というように、定年退職祝いのお返しである事が相手に伝わるようなメッセージを添えておくと、相手はお中元のお返しが必要かどうかの判断をしやすくなります。

決められたマナーではありませんが、相手の立場となって小さな心づかいをしましょう。。

定年退職祝いのお返しは相手が受け取りにくくならないよう注意する

以上が、定年退職祝いのお返しをするときの注意点についてです。定年退職祝いに対するお返しは、マナーとしても基本的に必要ないですが、定年退職祝いをもらったとき、お返しをするかどうかについては、職場の慣習や先の退職者がどのようにしたのかを参考に決めてください。

定年退職のお返しをするときには、相手の気持ちに立って、金額や返し方を決めるのが大切です。お祝いをしてくれた相手の気持ちを踏みにじることのないように注意しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム