2017年01月16日(月) 更新

転勤で妻がうつになりやすい理由

夫の転勤で妻がうつになりやすい理由①:環境の変化

夫の転勤やそれに伴う引越しで妻がうつになりやすい理由の一つ目は「環境の変化・新しい環境に慣れることができない」ためです。夫は、転勤前とは職場の人間や取引先は変わるものの、基本的には、会社という一つのコミュニティーの中で働くことには変わりありません。一方、転勤についていった妻は、自分の力で一から新しい環境や地域になじんでいかなければいけません。

新しい環境への適合は妻には大変なストレスに

妻の立場で考えると新しい地域社会に入り、そこに自分を合わせていくというのは、大変なストレスを伴います。環境に慣れることができず、地域社会に自分の居場所を見つけることができないために、うつになる妻が多いのです。夫は慣れない環境のコミュニティーに妻が順応できるようしっかりと妻の心のケアをおこないましょう。

夫の転勤で妻がうつになりやすい理由②:引越しにともなう手続きや挨拶

夫の転勤で妻がうつになりやすい理由の二つ目は「引越しにともなう住民票異動などの手続きや挨拶などの忙しさのため、やり切った後の燃え尽き症候群のため」です。転勤に伴う引越しでは、膨大な手続きがつきものです。新しい住居探しから役場での手続き、子供がいれば、引越しの準備と並行して転校先も探さなければなりません。夫は仕事があるため、引越しに伴う手続きの多くを妻が担うことになります。

引っ越し前の近隣や知人への挨拶のストレスも大きい

引越す前の隣近所や知人への挨拶、引越し先での挨拶なども妻の大きな負担となります。今までお世話になった方や仲良くしていた方とも離れ離れになります。新しい環境でやっていけるのかという不安は尽きないはずです。これらの引越しの忙しさのためにうつになったり、あるいはすべてをやり切った後、燃え尽き症候群となり何もする気が起きないという症状が出る妻が多いのです。

夫の転勤で妻がうつになりやすい理由③:急激なやる気の低下

夫の転勤を機に、自分の仕事を辞める妻は多いです。そのため、妻が夫の転勤後、自分の目標を見失ったり、やる気やモチベーションが低下し、うつになるケースが多くあります。特に、転勤族の妻は、正社員での就業やキャリア作りが難しく、せっかく自分に合った仕事や職場を見つけても、夫の転勤でその仕事や職場を離れざるをえないことから、うつになりやすくなります。

こんなところにも影響がでる友人に対する孤独感

仕事以外で人間関係が理由でうつになるケースもあります。新しく友人を作ってもすぐ疎遠になってしまい孤独を感じる妻が多いのです。さらに、転勤直後は夫も精神的な余裕を持ちにくいことから、夫婦の会話やコミュニケーションが減ってしまい、ますます妻は孤独感を募らせてしまうのです。

転勤で妻がうつになりやすい理由は「環境の変化」「手続きや挨拶」「やる気の低下」

転勤で妻がうつになりやすい理由についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。転勤や引越しではストレスがつきものですが、少しでもストレスを軽減できるように、「夫婦のコミュニケーションを大切にする」「がんばりすぎない」などを心がけるとよいです。転勤後に夫婦ともに幸せな生活を送るためにもお互いに支えあっていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム