2016年11月29日(火) 更新

「ご覧いただく」という敬語の正しい使い方【謙譲語・尊敬語・丁寧語】

打ち合わせ系など場での正しい敬語の使い方

毎日使っている日本語、母国語であるものの、敬語が入り混じった表現の使い方は苦手と感じる20代の社会人や大学生の方も、多いのではないでしょうか?新入社員へのビジネスマナーの一環として、基本的な敬語を教わる講座はあるものの、「ご覧いただく」などの敬語表現すでに忘れてしまった方もいるかもしれません。誤った言葉の使い方は「ビジネスマンとしての品格」にとって大きなマイナスです。打ち合わせ系などの場で誤って使用しないように正しい使い方を知っておきましょう

打ち合わせ系などの席ではマナーに気を配ろう

大切な商談などの席では、マナーと敬語に気を配ることが大切です。「ご覧いただく」などの言葉を適切にもちいて、相手に不快を与える言葉づかいや態度はおこなわないように気を付けておきましょう。相手の話にきちんと耳を傾けて、必要があれば、しっかりメモに残しておくことも大切です。「相手が何を求めているか」に気を配りながら、失礼のない言葉づかい、敬語選びを念頭において使い方を考えましょう。

「ご覧いただく」は「見る」の尊敬語の使い方

「ご覧いただく」という言葉は「見る」の尊敬語・「ご覧になる」をつかった表現になります。打ち合わせ系などの場で、目上の相手やお客様に対して「ただ今、お配りした資料をご覧いただけますでしょうか」や「ご覧いただき、ありがとうございます」などといったフレーズとして使っていきます。「見られる」という丁寧な言葉は敬語として誤りではありませんが、上得意のお客様やクライアントに対して使うセンテンスとしては、カジュアルすぎる言葉になってしまいます。

「拝見してください」は間違った敬語の使い方

またよくあるビジネス敬語が「ご覧いただく」と混同してしまう「拝見してください」という言い回しです。「拝見する」は「自分が見ること」をへりくだった言い方として表現する、謙譲語です。立場が上の人のものを、こちら側が「見させてもらう」場合に用いる言葉になります。相手のアクションに対して表現するフレーズではないので、間違っても打ち合わせ系などの場、やミーティングの席でクライアントサイドに言わないように、心得ておきましょう。

「ご覧いただく」は自分には使わない

また「見る」の尊敬語「ご覧になる」をつかった「ご覧いただく」は自分のアクションに対しては、くれぐれも使わないように気を付けておきましょう。打ち合わせ系などの席で「御社の商品をご覧いただいたところ…」などと話してしまうのは、きわめて失礼な行為になってしまいます。適切な敬語をあやつることができるのは、社会人としてのマストポイントです。必ず「拝見しました」という使い方をしましょう。

柔軟な敬語力と使い方を身につける

「ご覧いただく」といった敬語は、一朝一夕でカンタンに覚えられるものではありません。打ち合わせ系などの場や、ミーティングなどの席で取引先やクライアントの前で恥をかかないためには、日頃から「敬語を意識して使うようにしておくこと」が大切です。また本や新聞、テレビのビジネスニュースをチェックして、使い方のわかる言葉のボキャブラリーを増やしていくことも課題になります。

「ご覧いただく」を正しい敬語の使い方としてビジネスに役立てる

資料を閲覧してもらうとき、新製品を取引先にチェックしてもらうとき「ご覧いただく」というフレーズを上手に使いこなすことは、打ち合わせ系など場で商談を成功させる、大きなキーワードになります。「ご覧いただく」は「見る」の敬語です。「見られる」よりも、より丁寧な尊敬語になりますので、正しく使うことによって、失礼のない大人のビジネススキルを身につけることができます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム