2016年11月29日(火) 更新

取引先の携帯電話に電話する場合のビジネスマナー

取引先の携帯電話への連絡はいいのか?

取引先の担当者の方だからといって、携帯電話に直接連絡をするのは、ビジネスマナーとして問題ないのでしょうか?まず初めに、携帯電話でのビジネスマナーについて見ていきましょう。

基本的に携帯電話は緊急時のみ

取引先の携帯電話にかける際には、基本的に緊急時のみかけましょう。また、かける時間帯をよく考えることも重要です。
緊急の用件以外は、基本的にメールで連絡をするか、翌日改めます。
また、名刺に記載されている場合など、相手の携帯番号が分かっていたとしても、緊急以外は会社の固定電話へ連絡するようにしましょう。
取引先へ電話をかける際には、相手の都合を確認することがまず大事です。

取引先から携帯電話に連絡してほしいと告げられた場合はOK

電話連絡の基本は、会社から会社への連絡です。ただし、取引先の担当が、会社を不在にすることが多いから、基本的に携帯電話にかけてほしいと言われている場合は、直接携帯電話へ連絡しても、ビジネスマナーは違反していません。

携帯電話にかけるときのビジネスマナーとは

取引先に電話する際には、基本的に緊急時以外に連絡することはビジネスマナーとして違反していることになることを見ていきました。
次は、ビジネスマナーとして、携帯電話に連絡するときのポイントを紹介します。

用件を切り出す前に心配りをするのがビジネスマナー

相手の携帯電話にかける際、電話をとったものの、ゆっくり話していられない状況はよくありますよね。
その際に、用件を切り出す前に「今お話ししてよろしいですか」と一言尋ねましょう。
電話を受ける人への心配りが肝心です。

取引先が会議中にかけてしまうのはビジネスマナーの違反

また、取引先の担当の携帯電話にかける際に注意したいことといえば、会議中などで電話してしまうパターンです。
携帯電話は、会議中だろうが何だろうが、いつでも簡単に電話がかけられますが、相手が会議中なのにも関わらず、電話をかけてしまうと、相手にとっても大変迷惑となってしまうため、ビジネスマナーとして違反になります。

取引先の携帯電話に電話する際は、要件の前に心配りすることがビジネスマナーの基本!

取引先の携帯電話に電話する際に、気を付けるべきビジネスマナーを見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
携帯電話はいつでもどこでもかけられることが利点ですが、携帯に電話することで、取引先などの相手に迷惑をかけてしまうことがあります。
そのため、緊急時以外の場合は携帯に電話をするのは控えるのがいいです。
また、直接携帯に電話してほしいと言われている場合は別ですので、その区別はきちんとつけておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム