2016年11月29日(火) 更新

「よろしいでしょうか」の敬語表現が使用される理由

「よろしいでしょうか」の敬語表現はマニュアル語としても使われる

日本語を正しく表現し、キレイに話せることはビジネスマンとして欠かせないスキルのひとつ。「敬語?学生時代にアルバイトでよく使っていたから、カンタン、カンタン」。そう話す方も多いのですが、マニュアル化された日本語敬語の表現は、ビジネスシーンの観点から見ると間違った表現が多いもの。エリを正しくたて、覚えなおすことが大切です。

「よろしいでしょうか」を使おう

相手に気持ちよく仕事に取り組んでもらうために、ミーティングなどで使える敬語表現を正しく覚えておくことは、とっても大切なこと。「よろしいでしょうか」「お疲れさまです」「申し訳ありません」などの基本的な表現を、頭の中に入れておくと良いでしょう。正しい敬語表現をおさえておくことによって、自信をもって商談を進めることができます。

「よろしかったでしょうか」は敬語表現として間違い

「よろしいでしょうか」とよく似た言葉として表現されるのが、「よろしかったでしょうか」です。アルバイトで学生の方がよく使っている表現のひとつですが、正しい敬語かどうか考えると、実は間違い。「よろしかったでしょうか」と過去形で相手に投げかけることによって、不快感を与えてしまうことに繋がります。

「よろしいでしょうか」は丁寧で柔らかい印象を与える

相手に腑に落ちない気持ち悪さを感じさせてしまう「よろしかったでしょうか」は、積極的には使いたくはないものです。「よろしいでしょうか」と問いかけることによって、丁寧で柔らかい物腰のフレーズに変化していきます。言葉の選び方や見た目の清潔感によって、あなたの印象は変わるもの。ぜひ良い敬語を武器にできるよう、努力してみてください。

アルバイト時代に使っていた間違った敬語を正そう

コンビニのレジや、ファーストフード店などで聞き慣れた言葉のなかには、間違って使われている敬語もあります。「よろしいでしょうか」の代わりに「よろしかったでしょうか」というフレーズを、間違えて使っている社会人の方も、意外に多いそうです。アルバイト時代に使ってきた言葉を正解と思わず、ビジネスシーンで恥ずかしくない、正しい日本語に慣れておくことが大切です。

綺麗な敬語は知的に魅せる

知的でキレイな敬語を流暢にあやつっていると、あなたの印象をグンとあげることができます。「よろしいでしょうか」「とんでもないことでございます」「恐れ入ります」「申し訳ありません」など、誰が聞いても恥ずかしくない日本語をマスターしておくことで、どんなハイクラスの商談に出席しても、引け目を感じることはありません。正しい敬語はあなたの地位とステイタスをサポートしてくれます。

「よろしいでしょうか」は相手に対して丁寧さを与える敬語表現

慌ただしく過ぎる日常のなかで、正しい日本語敬語にふれておくチャンスは少ないものです。「よろしいでしょうか」という敬語表現は「よろしかったでしょうか」と間違えやすいのですが、正しくは「よろしいでしょうか」です。相手に気持ちよく感じさせる敬語を用いることによって、ワンランク上の商談にも望める自信とスキルをプレゼントしてくれます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム