2017年01月16日(月) 更新

転勤族の子供が持つ性格の3つの特徴

転勤族の子供の性格の特徴①:片づけ上手

転勤族の子供の特徴の一つ目は、「片づけ上手、自分の荷物をまとめるのが上手」です。これは性格というよりも、特技やスキルと言った方が正確かもしれません。度々転勤による引越しを経験する転勤族の子供は、その度に、親に「まだ片付けていないの」という小言や叱責を食らいながら引越しの準備をするために、片づけのスキルが磨かれます。小学校高学年ともなれば、親よりも早く自分の荷物をまとめてしまうという性格の子もいるほどです。

引っ越しの経験から不要なものを持たない

また、日頃から引越しを見越した消費行動をする癖が身についているため、不要なものは購入しないという性格な特徴があります。自分の持ち物についても、不要だと思ったら、すぐに捨てることができます。引越しの邪魔になるからです。そのため、転勤族の子供には物に対する執着心が小さいという性格になる特徴もあります。

転勤族の子供の性格の特徴②:当たり障りのない人付き合い

転勤族の子供の特徴の二つ目は、「当たり障りのない人付き合い」です。転勤族の子供にとって、友情や人間関係は一過性のものであり、親の転勤が決まればそれきりになってしまう友情です。一方で、転勤族の子供には、社交的な性格を持つ子が多いのが特徴です。これは、転勤を繰り返すうちに、新しい學校に転校したときすぐに友達を作る術を身につけてしまうためです。転校が多いという環境が性格を形作るのです。

友人は多いが人間関係の継続は苦手

このように、転勤族の子供は、友達作りが上手な反面、継続的な友情や人間関係を築くのに慣れていない性格の子が多いです。親友がいないという子も珍しくありません。ただ、これは親の転勤についていく間だけで、高校、大学と進むにつれて、親の転勤が関係なくなると、友達作りの方法や友達に対する考え方は変わっていきます。

転勤族の子供の性格の特徴③:自立が早い

転勤族の子供の特徴の三つ目は「自立が早いこと」です。転勤や引越しは子供だけでなく、親にとっても大変なストレスです。場合によっては、子供よりも親の方が、新しい環境に順応できないということも珍しくありません。このため、転勤族の場合、親の方が子供よりも精神的な余裕がなくなることも多いです。

親に頼れないから自主的に解決

親が転勤や引越しでいっぱいいっぱいになうちに、子供は子供で「親に頼ってはいけない。親を心配させてはいけない」という気持ちが芽生えます。このため、転勤族の子供は、自立が早い傾向があります。同時に、親に余裕がない場合には、子供は親に自分の悩みを相談できないということもあります。新しい学校になじめないという悩みを誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまう転勤族の子供もいます。

転勤族の子供の特徴は自立が早く友人を作るのも上手い性格である

以上が、転勤族の子供の特徴と性格についてです。上記の通り、転勤族の子供は新しい学校や環境への順応力が高い一方、親や家族以外に信頼できる大人や他人を持つことが難しい傾向があります。子供によっては親に相談できないことも多く、不安や悩みを一人で抱え込んでしまうという特徴もあります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム