2017年01月16日(月) 更新

コンビニ夜勤のバイト面接を受ける前に考えておきたいこと

面接前に考えておきたいこと①:体力が持つかどうか

コンビニで夜勤のアルバイトを行いたい際には、コンビニ夜勤のバイト面接で体力が持つかどうかを確認されます。やはり、アルバイトとはいえ、深夜の仕事というのは体力的にきついもので、昼夜逆転の生活をした経験があまり無い人は、コンビニ夜勤でアルバイトを始めたとしてもすぐに辞めてしまったりするのです。

そのため、コンビニの店長などは、面接で夜勤でも体力はあるのかを強く確認します。体力があるか無いかということは、面接では確認しようのない部分ですので、コンビニ夜勤のアルバイト面接を受ける人は「大丈夫です」と答えるしかありません。

最も説得力があるのは深夜の仕事をしていたという経験

やはり、「夜勤の仕事でも体力があるので大丈夫です」というその言葉に説得力を持たせるには、過去にコンビニの夜勤など深夜の仕事をしていた経験があるというような、説得力のある事実が欲しいところです。

そのようなコンビニの夜勤など、深夜の仕事をした経験がある人は、それをうまくアピールすれば良いのですが、深夜に行う仕事の経験が無い人は、夜勤のアルバイトではなくても、何か体力を必要としている仕事をしていた経験をアピールすれば、乗り切れます。とにかく、夜勤に耐えられるという部分をアピールするのが大切なのです。

面接前に考えておきたいこと②:シフトに入れるかどうか

コンビニで夜勤のアルバイトを行う際には、シフトの問題もクリアしなければなりません。コンビニで夜勤で働くような人は、それだけで生活費を稼ごうとしている人が多いので、3人や4人程度の少人数でシフトをまわす可能性があります。

夜勤は少ない人数で回すので最低週4のシフトが望ましい

前述でも紹介したように、コンビニの店舗にもよりますが3人や4人程度の少人数でシフトをまわす可能性がります。そうなると、週1日しかシフトに入れない面接で言ってしまうと、まわす人数を増やさないといけないため、シフトに多めに入れる人を優先して面接で採用する可能性があります。

一般的にコンビニ夜勤でアルバイトをされている人は、週に4日程度と言われていますので、面接で「シフトは週に4日程度入れます」というのが理想です。また、コンビニ夜勤のアルバイト面接に行けば必ずといってもいいほど「週に何日シフトに入れる?」と聞かれますので、自分がシフトにどれくらいの頻度で入れるのかは前もって確認しておきましょう。

出勤当日でシフトに穴を空ける可能性はないか

さらに、コンビニ夜勤のアルバイト麺背説を受ける前に、出勤当日でシフトに穴を空けるような可能性はないかを考えてみましょう。人数の少ない中でシフトをまわすので、それだけ一人に対する負担も大きくなります。

ですから、穴を埋めるのもかなり大変となってきます。そのため、週に4日程度はシフトに入れる人間でなければ、コンビニで夜勤のアルバイトをできる可能性は低くなってきます。

面接前に考えておきたいこと③:すぐ辞めないか

コンビニで夜勤のアルバイトを行う際には、すぐに辞めたりするような人間ではないかも面接で重要視されます。意外と、夜勤のコンビニのアルバイトというものはハードルが高く、求人募集を出しても人が集まらない場合が多いです。

その中で、シフトに確実に入れる人間を選ぶわけですから、決定するのにそれなりに時間を要してしまうのです。そのため、すぐに辞められてしまうと、他の夜勤者にかかる負担が大きくなってしまうため、できるだけ辞めないで、長期で働いてくれる人も雇う傾向にあるのです。

すぐに辞めてしまった経験がある人は可能性が薄い

もしも、何度もアルバイトを短期間で辞めたという経歴がある人は、そのような理由からコンビニの夜勤勤務として面接で採用されにくくなってしまいます。

絶対すぐには辞めないという意志を面接で伝えれば何とかなるかもしれませんが、コンビニの夜勤勤務として面接で採用される可能性は薄いと思ったほうが良いでしょう。面接ではそのあたりを頭に入れておいた方がいいでしょう。

コンビニ夜勤の面接を受ける際は体力面と穴を空けずシフトへ入れる頻度を確認

コンビニ夜勤のアルバイトとして、面接を受ける際の注意点を紹介してきましたが、いかがでしたか?面接の場ではとにかく店長に信頼されなければならないという部分が大切です。

体力面でも、当日にシフトに穴を空けたり、すぐに辞めたりしないかに関しても、あらゆる面で信頼を勝ち取るのが大切となってきます。コンビニで夜勤のアルバイトをしたいという人は、そのような部分を意識して面接に挑むようにしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム