2016年11月25日(金) 更新

コミュニケーション能力を高めるヒューマンスキルとは

コミュニケーションに必要なヒューマンスキルとは

若手ビジネスマンにとって、身につけておくべき能力にコミュニケーション能力があります。仕事を円滑に進めるためには必須とも言えるものですが、具体的にどのようにして取り組めばよいのかと思う方も多いのではないでしょうか。実はこれは、ヒューマンスキルの中で確立されています。その中でもいくつかの能力に分類されていますので、具体的にどう取り組んでいけば自分のものとなるかがわかるようになっています。まず最初に覚えるべきは、ヒアリングです。相手の話をしっかりと聞き、かつそれを理解することができる能力です。これはコミュニケーションをとる上では最も基本的なことになりますが、現実にはなかなかできない人が多いものです。自分の主張することをいかに相手に伝えるかに力を注ぎすぎるのです。

交渉力と提案力をつける

次にコミュニケーションに必要なヒューマンスキルは、交渉力です。相手の話をよく聞いた上で、自分の意見を伝えることになります。そこで大切な事は、相手の話を理解している以上は自分の意見を押し通す事ができないという状況で、いかにより効果的な結果を出せるかということです。つまり、相手の意見も聞きながら自分の意見も受け入れてもらう、場合によっては相反することを同時にこなす必要が出るということです。そこで必要になるのが、次の能力である提案力です。意見を通す上で、感情に訴えるという手法もありますが、ビジネスシーンでは妥当ではありません。あくまでも論理的に解決する必要があります。それを相手にもよくわかるように説明して納得してもらう、双方の利益が最大限になる妥協点を見つけ出すために、この能力が必要となります。

その他のヒューマンスキルとは

コミュニケーションに直接関わるものではありませんが、ヒューマンスキルにはあとふたつ、能力があります。まずは仕事に対してどのように取り組んでいけるかという前向きな姿勢、そして自分の能力を常に高めていこうとする向上心です。これは、あらゆる能力向上のためには必須となる原動力とも言えるものなので、磨くというよりも身につけておくべきものと言うことができます。けれども一度スピードが出れば加速できるように、最初に少しでも持っていれば、様々な能力を磨いていく中で自然と、このふたつも高まっていくことになります。それによりさらに他のビジネススキルを取り込むことをつながっていく事になります。

コミュニケーション能力を高める必要性とは

若手ビジネスマンのうちにコミュニケーション能力を身につけておく必要が何故あるのか、それはこれから必須のものになるからです。たとえばプロジェクトリーダーになったりひとつの部署を任されることになった場合、チームをまとめ上げるためには必ず必要になるものです。優れたリーダーは、高いコミュニケーション能力を持っているものです。けれどもこれは、必要が出てから身につけようとしても遅いのです。だからこそ若手のうちに磨いておかなければならないわけです。そこで、ヒューマンスキルをひとつずつチェックして、自分がどれに取り組むのかを確認しながら確実に磨きをかけていきたいものです。

若手ビジネスマンにとっていかにコミュニケーション能力を身につけることが大切かが、以上からわかることと思います。たとえどれほどのベテランになったとしても、それどころか逆にますます必要になる能力でもあります。最初が肝心とは言いますが、その重要性をまずはしっかりと把握することから始めるのがよいかと思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム