2017年07月06日(木) 更新

クールビズ実施の時期とは?男女別の着こなし例とマナー

クールビズが持つ本来の意味とは?

最近では、毎年夏になるとよく聞かれる言葉の“クールビズ”ですが、意味を勘違いしている方も多いようです。
ラフな格好でOKというわけではなく、そこにはクールビズなりのマナーも存在しています。まずは、クールビズが持つ本来の意味を確認しておきましょう。

28度設定のエアコン環境下で快適に仕事できる服装

クールビズとは、京都議定書の締結を受け、地球温暖化の影響とされるCO2削減を目的として2005年から行われている「夏場の軽装」を推奨する運動です。
それまでの平均冷房設定気温であった26.2℃から、28℃にひきあげることで夏の間のCO2量を減らすというもので、クールビズスタイルの定義としては「28度設定のエアコン環境下で快適に仕事できる服装」とされています。
一夏で削減できるCO2量は、日本に義務付けられた-6%削減目標のうち、0.1~0.2%に当たる量とされており、効果は高いのです。

さらに上をいった「スーパークールビズ」も

2011年の東日本大震災の影響で発生した、福島原発の事故による電力不足を考慮して、環境省は2012年から「スーパークールビズ」も提唱しています。これは、職種や生活スタイルにあわせてクールビズ以上の軽装を認め、さらなる節電効果を狙ったものです。 「COOL FASHION・COOL WORK・COOL HOUSE・COOL IDEA」の標語が掲げられており、様々なアイデアで節電を心がけようとする地球環境に考慮した運動となっています。

環境省が推奨するクールビズ期間

クールビズは、環境省によって推奨されている期間があります。企業側も、国が期間を決めてくれることでクールビズの導入がしやすいのでしょう。
例年は6~9月とされていますが、年度によって推奨時期は異なります。

2016年度(平成28年)は5月〜9月

今年度のクールビズ推奨期間は、5月〜9月の5ヶ月間になっています。1ヶ月間早まったのは、近年の気温上昇や衣料の販売傾向の実態の影響です。5月の半ばには夏日になることも多いので、こうした実態を環境省も把握して前倒しを決めたのでしょう。

認知率・実施率共に高まってきている

クールビズの呼びかけが始まった当初は、難色を示す企業も多くあまり浸透していませんでした。しかし、現在の実施率は非常に高く、何らかの形でクールビズを行っている企業がほとんどです。
一般の認知率も、9割と高い水準になっています。顧客側もクールビズを認知したことによって、サビースを提供する側も気兼ねなく軽装で仕事を行えるのでしょう。

企業によっては独自で期間を延長している

環境省が推奨している期間外でも、クールビズを行っている企業は多数あります。近年は、クールビズ推奨期間をすぎても厳しい残暑があるため、各企業が独自に期間を延長するなどして節電を心がけているのです。

就活生もクールビズでOK?

クールビズと言っても、いままで就活生には無縁なことがほとんどでした。しかし、電力不足などの影響でココ数年は就活の現場でもクールビズ推進され始めています。特に今年からは、就活とクールビズが切っても切れない関係性になってくると言われています。

①時期が遅くなった影響で就活生もクールビズが本格解禁

就活生とクールビズが、深く関わるようになったのは今年度からの就活時期見直しの影響です。就活時期が後ろだおしになったことで、夏本番の厳しい暑さの中で面接本番を迎えなくてはなりません。
そのため、企業側も「クールビズでお越しください」と指定してくることが多くなるでしょう。

②企業から指定が合った場合はクールビズでOK

ですから、就活生も企業からクールビズの指定が合った場合はマナーに則って「クールビズスタイル」で面接に行って問題ないのです。ただし、去年までの傾向を見ていると「クールビズでも可」という、曖昧な通達しかしていない企業も多くなると考えられます。

③ただしスーツ着用者が多いという現実

「クールビズでも可」とされた場合、多くの就活生は未だに「スーツ着用」を選ぶことが多いのが現実です。いままでは、リクルートスーツで行うのが典型的な就活のスタイルだったため、多くの学生は急な変化に戸惑っているのです。「クールビズが選考に影響してしまったらどうしよう」「マナーが悪いという印象を与えてしまいそう」という意見が非常に多い印象を受けました。 ただし、「クールビズでお越しください」と指定がある場合は、逆にスーツがマナー違反となる可能性があります。指定の有無で、最終的な判断をくだしましょう。

クールビズのマナーと着こなし例とマナー【男性編】

それでは、一般的なクールビズのマナーと着こなしの例をシチェーション別に見ていきましょう。まずは、社会人の男性が行うクールビズの着こなし例を紹介します。クールビズといえども、ビジネスマンとしてはしっかりとマナーは守らなくてはなりません。どのスタイルにも共通するのが、「半パン(ハーフパンツ)はNG」という点です。

①社会人(男性)のクールビズ:基本となるシャツスタイル

シャツスタイルは、クールビズの中で最も基本となるでしょう。一般的には、ノーネクタイで、第一ボタンは外すことが許されています。
白シャツでももちろん問題ありませんし、シャツだけで味気ないと考える方は派手すぎない淡い色のカラーシャツがオススメです。
チェックやストライプといった柄物も、派手すぎなければ問題はないですが着用するシーンは選ばなくてはなりません。夏ですので、白いパンツも爽やかで良いでしょう。

②社会人(男性)のクールビズ:カジュアル派の着こなし

私服に近い、カジュアルスタイルが認められている場合でも「だらしない」格好は禁物です。クールビズだからこそ、清潔感を保ちましょう。
ポロシャツや半袖シャツは、涼しくて機能性も抜群ですが子供っぽい印象を与える場合があるので、サイズ感と色のチョイスは注意しましょう。この時も、派手な色は避け、淡い色のものがオススメです。白シャツだけど、ボタンが黒などワンポイントのアクセントで、ネクタイがないことによる味気なさが解消されるでしょう。

③社会人(男性)のクールビズ:ジャケット派の着こなし

涼しい素材で作られたセットアップのジャケットスタイルも、近年のクールビズでは流行しています。 色はグレーやベージュなどが基本。サイズ感によって「だらしない」印象を与えてしまうことがありますので、ジャストサイズを選ぶようにしましょう。 インナーは、シンプルなカットソー一枚で着こなす方が多いようです。

クールビズのマナーと着こなし例とマナー【女性編】

女性のクールビズにおいては、服装以外にも「髪型・靴」などの要素が関わってきます。基本的には、髪型もロングを伸ばしっぱなしにするよりは“まとめる”などのアレンジをしたほうが清涼感も出るでしょう。
靴を選ぶ際は、素足やサンダルは避けるなど最低限のマナーは守りましょう。

④社会人(女性)のクールビズ:シャツスタイル

女性のクールビズとして、もっともスタンダードなスタイルは「半袖シャツとスカート」でしょう。ただし、肌の露出が必要以上に多いのはマナー違反です。「肩・胸の空いた服・お腹を出す」といったスタイルは相手に不快感を与える可能性があるのでやめましょう。
アクセントが欲しい場合は、靴で出すのがオススメ。派手すぎない色のミュールなどをワンポイントにすると良いですよ。

⑤社会人(女性)のクールビズ:ジャケットスタイル

ジャケットスタイルが必須の場合は、夏用で販売されている丈の短いものがオススメです。素材も涼しいものですし、インナーのカットソーなども選びやすいですよ。 夏は電車などで冷房が効き過ぎていることも考えられますので、ジャケットを羽織るスタイルだと温度調節しやすいでしょう。

就活生のクールビズマナーと着こなし例

⑥会社から指定があった場合:就活生(男性)のクールビズ

男性の就活生ならば、白い長袖のシャツにノーネクタイが良いでしょう。半袖は、印象が良くないかもしれないので腕まくりも控えてください。
また、開けて良いボタンは第一ボタンまで。それ以上はマナー違反となるのでNGです。その他の部分は、基本的な面接マナーを守り、清潔感を意識しましょう。

⑦会社から指定があった場合:就活生(女性)のクールビズ

女性はもともとネクタイがないので、上着を脱ぐことでクールビズになります。長袖、もしくは7分程度の白いシャツを着用しましょう。ボタンや腕まくりは、男性と同様マナー違反となるので控えましょう。 女性の場合は、カーディガンやジャケットを持ち歩いて温度調節ができるようにしておくと良いでしょう。

国が推奨するクールビズ期間は5~9月!就活生もマナーを守ったスタイルを

クールビズは、細かな決まりがないものです。しかしながら、社会人として最低限守るべきマナーやモラルによって大体の許容範囲が決まっています。上記の例を参考に、派手な色や露出は避けて、クールビズでも清潔感のある服装を意識しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム