2018年04月25日(水) 更新

体調不良が理由でアルバイトを早退する際の注意点

アルバイトでも早退すると周りに迷惑がかかる可能性がある

体調不良になってしまったり、急な用事などによってアルバイトを早退しなければいけないケースもあります。しかし、早退は個人の仕事負担が増えるだけではなく、仕事全体にまで影響を及ぼしてしまう可能性があるでしょう。この場合、アルバイトであっても責任ある行動を取ってください。責任ある行動がとれるかどうかによって、早退後の関係にも影響が及ぶと考えておきましょう。では、どのように早退するのが一番ベストでしょうか?

早退するならは早めにアルバイト先に伝えるのがベスト

アルバイト先を早退したいときは誰にでもあるでしょう。急な用事などの場合には、分かったその瞬間に責任者に前もって伝えておかなければなりません。また、体調不良などでは、調子の悪さなどを知らせておくだけでも責任者の行動も変わります。実際に早退する時間までに猶予があれば、その時間までに人員補充できます。その他の行動も変えていけるので、ギリギリまで迷うのではなく早めに行動して対応を考えてもらいましょう。

アルバイト先を早退したらその分給料から引かれる

アルバイトの給料は、時給制や日給制で支払われています。ですので、早退をすると当たり前ですが、給料から差し引かれるようになっています。アルバイトの時給は労働に対する対価なので、働かないと給料は支払われません。
時給制は上記のように、働いていない分が差し引かれますが、日給制のときはどうなるのでしょうか?
結論からいいますと、日給制のアルバイトでも早退したら給料から差し引かれるようになっています。体調不良での早退は不本意かもしれませんが注意しましょう。

遅刻なども同様に給料から差し引かれる

アルバイトでも、日給や時給ではなく完全月給制で契約がしてあれば、早退をしたとしても日給制のように差し引かれません。ですので、早退したとしても給料に影響しないでしょう。これは遅刻などでも同様です。契約の仕方によっては、早退の影響はありません。しかし、アルバイトを完全月給制で契約するケースはほとんどないです。日給制や時給制で働く際は、給料から差し引かれる件を頭に入れておきましょう。

アルバイト先を早退するときは上手な理由を考える必要がある

どうしてもバイトを早退したい場合もありますよね。理由を素直に伝えてしまうと、早退できない可能性があります。この場合は、上手な理由を考えられれば容易に早退できるでしょう。嘘はよくありませんが、どうしてもという時はアルバイト先が不快に思わないような理由を考える必要があります。

早退時の理由は体調不良が一番適切

アルバイト先を早退するときは、体調不良を理由にするといいでしょう。下手に身内の不幸や家庭の事情を使うと、あとあと嘘を疑われてしまいます。もちろん嘘は良くありませんが、穏便に早退するためなら体調不良がベストでしょう。体調不良で早退する場合には、その後の行動も重要になりますよ。

アルバイト中に体調不良が理由で早退しても給料は引かれるので注意!

バイトの早退は会社にとっても対応が必要になるので、仕事が出来そうにない状況が想定できる場合には、事前に責任者に伝えておくのが重要です。しかし、どんな理由であっても、時給制や日給制であるので給料に影響が出てしまうでしょう。また、言いづらいバイトの早退理由の場合には、体調不良などを理由にするのがおすすめです。その後は慎重に行動して下さい。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム