2017年01月16日(月) 更新

フリーターが日本で増加した原因と起こり得る問題

日本の経済が不景気に陥って以来、フリーターの数は急激に増えました。しかし最近ではその数が減少傾向にあり、日本の経済が少しずつ上昇してきたことがうかがい知れます。それでもその数が極端に減っているわけではありません。以前と比べれば多い状態が続いています。では、なぜ日本でフリーターが増加したのでしょうか?主な原因を見ていきましょう。

増加の原因①:日本経済が不安定になったから

増加の原因の一つ目は、日本経済が不安定になったからです。しかし、現在の日本経済は不安定という問題があり、以前のように一度正社員となれば安定した生活が保障されるというわけではありません。そのため、あえて時間の調整ができるフリーターとして働くことを選択する人もいるのが原因です。

増加の原因②:パソコンでの仕事の存在

増加の原因二つ目は、パソコン仕事の存在が考えられるからです。最近では、インターネットを使用して自宅で仕事を行う人がいます。パソコンが好きな人はパソコンについての知識の習得を苦であると感じません。

そのような人がインターネットを介して仕事を行えば、自宅にいながら短時間でお金を稼ぐことができます。日本のフリーターが誕生する背景には、こうした原因も関係しているのです。

日本でフリーターとして働く際の問題点とは?

日本でフリーターとして働くことには、数々のメリットが存在します。先にも述べたように働く時間を比較的容易に調整できること。深夜の時間帯は高自給で働くことが可能であり、このような仕事を選べば短時間で効率よく稼げること。また大きな責任を与えられることが滅多になく、ストレスから解放されることなどです。

しかし日本でフリーターとして働く際には、数々の問題点があるようです。早速見ていきましょう。

日本のフリーターの問題①:年金や保険が払えない

日本のフリーターの多くは保険や年金などを自分で支払わなければならなりません。そのため計画性がなければこうした支払いを忘れてしまう、必要なお金が確保できないという問題に直面します。実際に年金の支払いを滞納しているフリーターが日本には存在します。

日本のフリーターの問題②:在宅の人が人間関係に弱くなる

他にも問題として挙げられるのは、インターネットを用いて自宅で仕事を行っている人たちのことです。在宅で働いている人の中には、外出する機会が少なく一日中パソコンと向き合っているという人もいます。このような環境が、人との接し方が分からなくなるという状況を生みかねないという問題があります。

日本のフリーターの問題③:精神的疲労を感じる

また人間の体は日の光を浴びて精神がリフレッシュされます。そのため外に出ることが非常に重要なわけですが、こうした機会が極端に少なくなってしまうことで、精神的疲労を感じているフリーターがいるという問題もあります。

「不況などが原因で増えた日本のフリーターには税金の未納などの問題がある

フリーターが日本で増加した原因と起こり得る問題を見てきました。正社員ではなくても生計を立てることができる日本のフリーターは、ときに魅力的です。確かに、不況の影響などで正社員にならずに、フリーターのメリットを最大限に活用して生活を楽しんでいる日本のフリーターも存在します。

しかし、その一方で健康面や税金、保険などの問題も抱えているのです。フリーターが日本で増加した原因と、起こり得る問題を把握して今後を見据えた行動をしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム