2019年08月07日(水) 更新

パートから正社員になるには?正社員登用されるために知っておくべき道すじ

優秀なパートは正社員登用される可能性がある

パート採用でも長く勤務を続けることによって、正社員登用される道があります。特に中小企業ではこのケースがありますが、大企業の場合は難しいかもしれません。企業の景気の状態によっても違いはありますが、優秀なパート社員であれば企業側も今の雇用条件ではもったいないと感じるものです。確かに優秀なパート社員は、正社員よりも良い仕事をしてくれるのものでしょう。

正社員の方が仕事ができるとは限らない

職場での立場は、正社員よりもパート社員の方が低く見られがちです。しかし、実際にどちらの方がより仕事ができるかといったら、それには個人差があって一概にはいえません。正社員雇用は年齢制限などの条件がある場合が多く、それ以外の人は非正規雇用を選ばざるをえないのです。パートなどの正社員登用を進めていくのも、企業が成長していく道のひとつなのかもしれません。

パートから正社員への道①:スキルアップ

年齢が若くても、なかなか正社員登用で希望の仕事や企業に就職できない場合があります。そのような場合は、パートやアルバイトとして就職するしかありません。しかし、企業に就職してから仕事のスキルアップを続けていけば、実績を認められて正社員登用の道も開けてくるものです。入社時よりもさらに努力を積んで、仕事ができる人材になっていくことによって、より条件の良い仕事の付くことが可能になっていきます。

日頃から自分のスキルを磨いておく

現在では、終身雇用制度が崩れてきています。正社員登用されて就職しても、定年まで安定した仕事ができるとは限りません。企業の業績などによっても、解雇やリストラ、倒産なども十分にあり得る時代です。もし、パート勤務から正社員登用になれなくても、日頃から自分なりのスキルをしっかり身につけておくのが大切です。どのような状態になっても仕事をしていけるような、たくましさを身に付けていきましょう。

パートから正社員への道②:目標を決める

仕事の就業形態を条件にして就職するのであれば、正社員なれる道があるのならどんな仕事でも良いと考えてしまうものでしょう。しかし、やりたい仕事を優先して決めていくのであれば、最初はパート勤務になるかもしれません。パートから正社員登用への道のりは厳しいかもしれませんが、目標を決めてコツコツと努力していくことによって、その道は切り開けていくでしょう。

自分に合った働き方をするのが大切

女性は特に、結婚や出産を機に仕事が変わる人もいます。フルタイムで働けない場合は、パート勤務の道を選ぶ人も多いものです。子育てが一段落して、時間に余裕が出てきた頃にキャリアアップをして正社員登用される道も目標として考えられます。人はさまざまな環境の中で生活をしているので、まずは自分のライフスタイルに合わせた働き方を目標にするのが大切でしょう。

正社員登用を見据えて転職するのもアリ

パート勤務の人でも、目標を持ってスキルアップに励んでいけば正社員登用も夢ではありません。しかし、職場の問題でどうしても正社員への登用が難しいケースもあるものです。そんなときには、正社員登用されやすい職種へ転職をするのもアリでしょう。現在働いている職場より待遇の良い企業があるのなら、無理に続けずに転職も考慮していきましょう。

パートでも実績を積めば正社員登用される道があるので日頃からスキルを磨いておこう

就職活動をしても正社員で雇用されない場合もあります。最初はパートから始まったとしても、正社員登用される可能性があるのならば、その企業で地道にスキルを磨いて実績を上げていくのもひとつの道です。パートから正社員登用される道のりは厳しいものかもしれません。しかし、日頃から自分のスキルを磨いておけば、さらに条件の良い仕事選べるようになるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム