2017年01月16日(月) 更新

飲み会でNGの話題も!会話が盛り上がる鉄板ネタ5つ

飲み会は会社内のコミュニケーションを深める場

忘年会・歓送迎会・新年会・お花見など。節目ごとに開かれる会社の飲み会。飲み会での会話や場を心から楽しんでいる人がいる一方で、話題や会話がなく「早く終わらないかな、だって会話することなんてないし」と思っている人も存在します。

しかし、会社の飲み会での会話は社員とのコミュニケーションをはかる大事な場。普段はできない話題や会話で盛り上がる事も必要ですし、上司との会話を上手くする事によって、昇進の可能性も上がるかもしれません。ぜひ、盛り上がる話題やまわりとの会話で盛り上がるようにしましょう。

飲み会での会話がきっかけで仕事を円滑に進む場合も

会社の偉い人と一緒は緊張するし、話した時もないメンツと顔をつきあわせて、どんな話題や会話でで盛り上げるかわからない。正直、理由をつけて、辞退したい人もいますよね。

それでも、そのような飲み会も、実は会社での仕事を円滑に進めるための重要な役割を果たしていたりもするんです。会社の飲み会が盛り上がる事によって、話しづらかった仕事仲間と会話ができるようになったり、急に円滑に仕事が進むようになったという話もあります。自分の中でしっかり、盛り上がる話題や盛り上がる話を最低でも1つは用意しておきましょう。会話をするときに大事なことは事前のネタ準備です。

会社の飲み会でプライベートの相談が出来る場合も

会社の飲み会というと、会話の内容は上司や会社への愚痴が爆発するのでは?と感じる人もいるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。どこの会社でも、上司の中にはとても親身に会話を聞いてくれる人がいるのではないでしょうか?普段あまり話した事のない人でも、飲み会でグッと距離が縮まるケースは往々にしてあります。

そうすれば、会社・仕事の話題だけではなく、プライベートの相談まで出来るかもしれませんよね。実際、私生活の悩みを上司や同僚に解決してもらったという声は、数えていたら枚挙にいとまがありません。勤務中に会社では伝えづらいプライベートな話題も、飲み会でなら相談でき、結果的にそれがさらに仕事に集中できる要因となるのです。

会話の際に注意!飲み会でNGな話題を押さえよう

飲み会の場で会話を盛り上げるためにも、これはNGだという話題や会話について押さえておきましょう。酔っ払ってもNGの話題や会話を忘れないようにしてください。会社の飲み会で避けた方がいい話題ですが、実はその時の態度も重要です。

会社の飲み会でNGとされる話題は「愚痴」「ネガティブ」「下ネタ」

「仕事上の不満や愚痴」「失恋、失敗などネガティブな話題」「いわゆる下ネタ」の話題は、飲み会の場を盛り下げてしまうだけでなく、今後の仕事にも悪影響が出てしまうかもしれません。そうした話題は楽しい飲み会の席では避けるようにしましょう。

また、べろべろに酔っ払って上司や部下に絡んだり、女性へセクハラまがいの接触をしたり、うっかり気を抜いて評判を下げないようにしたいですね。
また下ネタは一部の男性にだけは盛り上がる話題かもしれないですが、女性や上司などからの受けはよくないで、盛り上がる話題をどこで誰にどう切り出せばいいかという所までしっかりと考えておきましょう。

話題がないときはどうすればいい?

飲み会と言えども、会社のメンバーで行く場合にはNGな話題がある事を確認しましたね。そうすると、いざ会話が始まっても「何を話せば盛り上がるんだろう…」と思い悩む人も多いようです。話題がない!と感じた時の適切な対処法とは何なのでしょうか?

飲み会の話題にはいわゆる「鉄板」のネタがある

会社の飲み会における会話で、NGな話題があるのと同様に「鉄板」と言える話のネタもあります。そういった話のネタは基本的に、
・無難
・いろんな人に理解できる
・盛り上がる可能性が高い
という特徴を備えています。飲み会が盛り上がる「鉄板ネタ」がある事を覚えておくと、参加・会話の際にもリラックスして臨めますよ。

話のネタをこしらえておけば飲み会が楽しめる

会話が苦手な人も、鉄板と言われる話のネタをこしらえておけば、会社の飲み会に対するストレスも軽減されるのではないでしょうか。話のネタは小難しいものである必要はありませんし、かといって内容がない話のネタも避けたいもの。以下で紹介する、話題がないときでも会社の飲み会が盛り上がる話のネタをおさえましょう!

会社の飲み会が盛り上がる5つの話題

初めに仕事の飲み会でNGな話題を押えました。次はいよいよ会社の飲み会で盛り上がる話題について紹介します。飲み会は一年中あるので、実際に周囲の反応確認する機会が多くあり、盛り上がる話題を確認できますよ。無理に盛り上げる必要はありませんが、このネタは押えておいて損はないです。

盛り上がる話題①飲み会で出された料理やお酒

飲み会が盛り上がる話題はまず目の前にあるものの話です。周りとの会話をするときにハードルが低い会話ネタ。例えば美味しそうですね、なんて料理なんでしょうね? 何を飲みますか?などなど誰にだってできる会話の切り口です。

これをきっかけにして食物やお酒の好み、普段よく行く居酒屋さんの話なんかに、会話を広げていくことが出来ます。また食べ物やお酒の話にからめてプライベートな会話も振ってみましょう。

盛り上がる話題②職場の恒例行事やイベント

盛り上がる話題の二つ目は職場の恒例行事やイベントの話です。部署や会社では年間の恒例行事やイベントが必ずあるはずです。例えば、新年会、春と秋の送別会と歓迎会、社員旅行、忘年会、あるいは花見や紅葉狩りを行う職場もあるでしょう。そうした行事を、飲み会の話題にし、まわりと積極的に会話をすることにしましょう。

盛り上がる話題③休日や長期休暇の過ごし方

相手を引き出すような話題は飲み会で盛り上がるかもしれません。休みの日は何をしているんですかと聞くだけで、ある程度会話が広がり、ある程度のプライベートなから、つぎの趣味などへの会話の盛り上げる糸口にもなります。盛り上がるためには相手がプライベートを話したら自分も同じくらい話すのが会話のコツです。

盛り上がる話題④年代を問わないテレビネタ

飲み会で盛り上がる話題は共通の媒体であるテレビネタでの会話です。女性の場合はジャニーズの会話。彼らは数珠つなぎになっているので、どのグループの会話もほかのグループとつなげて会話することができる場合があります。また新世紀エヴァンゲリオンは、パチンコで知っている人も多く幅広い年代層から支持があります。また時事ネタやニュースに強いと「若いのに勉強してるね」と感心されるかもしれません。会話を自分から広げられるようにぜひこのようなネタを持っておきましょう。

盛り上がる話題⑤会社周辺のグルメ情報

勤務先が同じなら会社周辺のグルメ情報で飲み会が盛り上がるかもしれません。お互いのお気に入りのランチスポットの会話で、当たり障りなく乗り切るのもいいでしょう。よく飲みに行く居酒屋などについて会話すると、上司もさらにリラックスして会話してくれそうです。

飲み会の話題がない時に会話で盛り上がる秘訣は、話のネタを覚えて会社仲間と楽しく飲むこと!

会社の飲み会で避けた方がいい話題と、この話のネタを出せば会話が盛り上がるという話題例について紹介してきました。どれも会社の飲み会の話題として定番と言える話のネタですが、案外これで会話が広がったりするんですよね。どれも無難かつ、盛り上がる要素のある話のネタですからね。

飲み会の話題がないと悩む人は多いみたいです。しかし、飲み会の話題がないというのは、もしかすると、構えすぎているのが原因かも。会社の飲み会は、仲間たちとの大事なコミュニケーションの場。会話が弾む事で、少しでも有意義な時間になりますように。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム