飲み会の定番!絶対盛り上がる一気飲みコールまとめ

更新 / 226623 view

飲み会の定番一気飲みコールとは

飲み会のコール

まず最初は、飲み会でも万人受けする定番の一気飲みコールを紹介します。とくに、幅広い年齢層の人たちが集まる飲み会でオススメ。普段はあまり話さない上司と一緒に盛り上がれるので、是非覚えておきましょう。

一気飲みコール①:昔懐かしい「お座敷」

理由はないけどとにかく飲ませた時に使えるコールです。その名も「ちょっといいとこ見てみたいコール」です。コールのネタが尽きたら、こちらも使ってみましょう。
「〇〇のちょっといい~とこ見てみたい」と軽く歌いながらお酒をグラスいっぱいに注ぎ、グラスに手をかけたら、コールをかける人が 「はい」や「そ~れ」と言います。と同時に他の人たちも一斉に「イッキ!!イッキ!!イッキ!!・・・」と、飲み終わるまで一気飲みコールをかけ続けます。定番中の定番ですが、誰でも知っている一気飲みコールです。

『○○さんの、ちょっといいとこ見てみたい!!
大きく3つ(パンパンパン)
小さく3つ(パンパンパン)
おまけに3つ(パンパンパン)
はい、イッキ、イッキ、イッキ、イッキ…
はーい、はーい、はーい、はーい!!』

なお、なぜ3つをバンバンバンするのかは諸説あり、各地域によっってルールが異なるかもしれないので要注意。

一気飲みコール②:上司など目上の人に飲ませる「ヨイショ」

『今日のお酒が飲めるのは○○さんのおかげです!○○さん、ありがとー!それイッキイッキ・・・!』といったように無礼講と言いながらも、上司への感謝の気持ちを忘れない飲み会コールといえます。

一気飲みコール③:いつでも始められる「なんで持ってるの?」

対象になる人がグラスやジョッキを持っているのを見たら、すかさずこのお酒一気飲みコールを使いましょう。この一気コールはいつでも突然始められるので、前フリや準備もいりません。

『なーんで持ってるの?
なーんで持ってるの?
飲み足りないから持ってるの!
は~い、飲んで飲んで飲んで飲んで~♪ 』

飲みコールは流行やギャグをアレンジしたものが盛り上がる

定番とは違い、飲み会においても、時代によって流行の一気飲みコールは変化していきます。どんなコールが流行っているのか、ネット動画などで情報を集めておくといいかもしれません。お酒は飲みすぎないように、楽しく飲むのが一番ですから、流行に乗ったり笑えるギャグを取り入れたり、少し変化をつけるのもアリですよ。

乾杯

一気コール盛り上げ版①:フライングゲット

曲が始まる前に、センターの人のモノマネをするキンタロー。のように「私のことは嫌いになっても、お酒のことは嫌いにならないでください!」と叫びます。

そして、「ナーナーナー」の部分を皆にも歌わせ、盛り上げます。「フライングゲット 僕は一足先に」の部分を「フライングゲット ○○さんがお酒を」に変えます。「君の~中略~手に入れようか」の部分は「飲む! 飲む! 飲む飲む飲む飲む!」と、煽ります。
飲む役を回しながら、サビがくるたびにコレを繰り返すだけです。

『フライングゲット 僕は一足先に
飲む!飲む!飲む飲む飲む飲む飲む!』

今や誰でも知っているアイドルの曲ともいえますから、世代を問わずに飲み会の定番となりつつある一気飲みコールですね。

一気コール盛り上げ版②:ドドスコ

少し古いギャグですが、オネェキャラだったこともあり、男性がやれば盛り上がる定番の一気飲みコールの一つ。

『ハイ、ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ…おいしー!』

といった感じを、飲み干すまで繰り返します。

お酒の飲みコールでは童謡を含めた歌も定番

最後に、誰でも知ってるメロディーなので覚えやすくて盛り上がる一気飲みのコール、飲ませる歌を紹介します。こちらの飲ませる歌はアニメやJ-POPに疎い人でも知っている歌ばかりなので、全員を巻き込み注目を集めることができます。漏らさずチェックしましょう。

みんなが楽しめる

一気コールで飲ませる歌①:森のくまさん

『♪ある日(ある日)
○○は(○○は)
お酒を(お酒を)
飲みたいとー(飲みたいとー)
☆それそれ、いっきっきーのきー
それそれ、いっきっきーのきー

♪ところが(ところが)
○○は(○○は)
まだまだ(まだまだ)
飲みたりない(飲みたりない)
☆それそれ、いっきっきーのきー
それそれ、いっきっきーのきー』

定番中の定番と言える飲み会の一気飲みコールですが、そうであるがゆえ、飲んでいない人にいきなり振っても、周りを巻き込みやすいといえます。

『♪ありがとう(ありがとう)
○○(○○)
お礼に(お礼に)
飲みましょう(飲みましょう)
☆それそれ、いっきっきーのきー
それそれ、いっきっきーのきー』

といった流れです。1番だけでなく、2番以降もつながりがるのが醍醐味ですね。

一気コールで飲ませる歌②:鉄腕アトム

飲み会の中盤以降になると、ある程度お酒が進んでペースが鈍ってくるでしょう。そんなときは、この定番コールで一気飲みをしてもらいましょう。飲んだ後に「限界?」と聞いて「限界です」と返事がきたら、すかさず

『限界をこーえてぇ~♪
らららほーしぃのかぁーなたぁー♪
飲むぞぉ♪吐くぞぉ♪
お酒のぉイイーッキー♪』

と歌いましょう。

一気コールで飲ませる歌③:リンダリンダ

カラオケでテンションが上がった時に、こちらの歌をうたう人は多いでしょう。テンションが高い飲み会でもその効果を発揮する飲み会一気コールです。リンダリンダの部分を『ビンだビンだ(瓶だ瓶だ)ー』と連呼します。ビール瓶を飲み干す時にとりわけ使いやすい飲ませる歌ですね。

ビールを飲みおわるまでサビの『ビンだビンだー』を繰り返し歌いましょう。もちろんビール以外でも、瓶できたものには使える歌です。

コールのやりすぎには注意!楽しい事が前提

楽しい飲みのコールを見てきましたが、前提として忘れてはいけないことがあります。それは、飲み会でのお酒コールは楽しむためにあるということです。

せっかくの飲み会ですから、堅くならずに楽しんだ方がいいですが、あまりにもやりすぎると上司や他の社員にまで迷惑をかけてしまうかも…。そうならないためにも、飲み会コールは頭の片隅で限度をわきまえてやれるといいですね。

楽しもう!

酒の摂取量が多すぎると体への負担が増える

当たり前ですが、酒の摂取量が極端に多いと二日酔いになったり身体に深刻なダメージが残る場合もあります。ニュースでも、主に学生の急性アルコール中毒や、最近では「アルハラ」なんて言葉も耳にしますよね。

そんなニュースにならないようにしてこそ、本当に楽しい飲み会と言えるはずです。お酒コールがかかるとテンションが上がるのは仕方のないことですが、そういった部分にも気をつけながら楽しみましょう。

お酒が飲めない人は「水(お冷)」を頼むorコッソリ注文

ここまで、飲み会一気飲みコールについて見てきましたが、なかには全くお酒が飲めない人もいますよね。そんな人は無理に飲むわけにもいかないし、空気を悪くするわけにもいかないし…と悩むことが多いでしょう。

お酒が嫌いな人・飲めない人は「お水を頼むと良い」という意見がありました。というのも、ソフトドリンクだと逃げているのが分かりやすいですが、お冷の場合は「暑いのかな?」「のどが渇いているのかな?」といったカモフラージュが出来るだけではなく、介抱の際にも役立ちます。
しかし、はじめからお水を頼んでしまうと不自然なので、まずはこっそり注文するところから始めてみてください。

飲み会を盛り上げる定番の一気飲みコールはこちらの8選を最低限覚えておこう!

飲み会で使えるお酒の一気飲みコールのまとめを見てきましたが、いかがでしたか?飲み会は社会人になれば、当たり前のように行われる交流の機会です。その際、全員で一緒に盛り上がれる飲み会の定番一気コールを知っていれば、場が弾みます。

ただ、コール飲みは一気飲みを強制するものではありません。飲みコールはあくまで飲み会を盛り上げ楽しむツールです。お酒はその人のペースで適量を守るのが大切で、気分の悪い人や嫌がっている人、お酒が嫌いな人に無理強いをするのは厳禁です。マナーもわきまえつつ、お酒を楽しんでくださいね。

【厳選100問】苦手分野をささっと克服できるSPIパーフェクト模試

Spi %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a header1

SPIで落ちるのはもったいない。
7〜8割の学生はSPIで落とされると言われています。
弱点の把握と克服は、リアル模試から。

詳細はコチラ