事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年03月30日(金) 更新

異動願いが叶いやすくなる上司への効果的なアピール方法

異動願いを上司へ相談する時に気をつけるべき事とは?

異動願いを上司に相談したい人は多いと思います。しかし、ただ「部署異動したいです」というだけでは、気持ちが上手く伝わらなかったり、引き止められてしまったりします。異動希望を上司へ相談する時には、どんなことに気をつければ部署異動が叶うのでしょうか。

異動希望の理由を固めてから相談しよう!

上司に異動希望の相談をする際には、当然ながら理由を明確にした上で相談しなくてはいけません。きちんとした理由が無いと、異動願いを出したところで受理はしてもらえません。異動希望を上司に伝える際は、そのあたりをきちんと固めてから相談をしましょう。

異動希望したくなる理由とは?

上司に部署異動したいことをつげる場合、その理由を固める必要があることを見てきました。では、実際に「部署異動したい」と感じ、上司に異動希望の相談をする人には、それぞれどのような理由があるのでしょうか?部署異動したい人の理由を見ていきましょう。

部署異動したい理由①:やりたい仕事がある

入社時に希望していた部署に配属されていない、入社後に挑戦してみたい仕事を見つけた等、そうした理由で異動希望する人も少なくありません。

そうした場合は上司に部署異動したい旨を、簡単に相談してみるのも良いでしょう。相談せずに、いきなり上司に異動願いの書面を出してしまうのはちょっと早計なので、まずは口頭で異動希望を伝えましょう。

部署異動したい理由②:人間関係が上手くいかない

今の部署での人間関係に不満がある。別の部署のあの人の元で働きたいなど。人間関係を理由に異動希望を申し出る人も多く見られます。

後者の場合は向上心があると感じられますが、前者の場合はどうでしょう?まずは状況改善を図るように言われるのではないでしょうか。異動したい人の理由もさまざまですね。

部署異動したい理由③:勤務地が遠くてつらい

部署異動だけでなく、店舗勤務などの場合は勤務地の問題も関係してくるケースもあります。距離があって既存の勤務地まで通うのが難しい場合、あるいは家庭の事情などで転勤などが難しい場合などは、異動願いを上司に提出するのも良いでしょう。

異動願いを効果的に上司へアピールする方法とは?

異動願いをどう上司へアピールしたら効果的か?について、ここで紹介していきたいと思いますが、異動願いを申し出る時に重要になってくるのは、明確な理由がある事、その上で異動したいという気持ちをしっかりと伝える事です。上司に異動希望を相談する際に気をつける事は、どんな事が考えられるでしょうか?

日頃から異動願いを出したい旨をさり気なくアピール

普段から「どこどこの部署で仕事をしてみたい」「こんな仕事にも携わってみたい」などのアピールをしておくのは、異動希望を伝える際にとても効果的です。極端に早期の異動願いを希望している場合以外は、けっこう使えます。その上で真剣に上司へ相談してみると、異動願いが受理される可能性も上がるかもしれません。

良いタイミングを見計らって異動願いを告げる

会社にとってキリが良いタイミングで、部署異動したい気持ちを相談するというのは一つの手段です。月が変わる時や、決算の前、新入社員が入る人事異動の時期など。あるいは、異動したい気持ちを伝える時は、上司の虫の居所も気にすると良いかもしれません。

異動希望はあくまでも前向きな気持ちによるものだとアピール

異動希望するという事は、少なくとも今の部署に何らかの不満があるのでは?と思われてしまうのも仕方ありません。ですが、そうではなくて異動が前向きなものと思ってもらえるように気をはらいましょう。
異動する事で会社にもっと貢献したい、個人のスキルを高めたい、そういった前向きな気持ちを押し出した上で、異動希望の相談を持ちかけるようにしましょう。

異動願いを上司に相談する時は理由を固めてマメ・前向きにアピールしよう!

部署異動したい人が、異動願いを上司に相談する時の適切な方法に関してまとめてみましたが、いかがでしょうか?会社での部署異動や店舗異動は、自分から申し出る場合はどうしても悪い印象を持たれてしまいがちです。そうならないように、異動希望の際は、きちんとした理由を明示して、気持ちを込めて「異動したい」と伝えるよう心がけましょう。

関連コラム