2016年12月07日(水) 更新

仕事のミスを隠す社員の心理と指導方法

仕事のミスを隠す社員の心理について知っておきましょう

仕事のミスを隠ぺい・隠す社員の気持ちを考えてみることは大事

まず、仕事のミスを隠す社員への指導法を知る前に、仕事のミスを隠ぺい・隠す社員の気持ちを考えてみることは重要です。
仕事のミスは誰にでもあるもの。ただ、仕事のミスを正直に申告すれば対策ができたものの、部下がミスを隠していたのが後から発覚して大事になったケースはありませんか?

上司としては、「もっと早く言ってくれれば」と思うでしょうが、得てして仕事のミスを隠す人は、何よりも怒られるのを避けるために隠蔽してしまうのです。
指導方法を知る前に、なぜその心理になるのかを知っておき、効果的な対策を立てておきましょう。

反省ができないから発覚そのものを嫌いミスを隠す原因に!

仕事のミスを隠す人の心理として、怒られる原因となった「何」「何故」という大事な部分が、考えられないという特徴があります。指導された後も「怒られた」という感情だけしか残らず、「嫌な思いをするぐらいなら、何とかやり過ごせないものか」と、その場しのぎの考えに終始してしまうのです。

つまり、反省ができないから発覚そのものを嫌うのです。

仕事のミスを隠す社員への指導方法とは

ミスを隠蔽してしまう社員の心理が分かったところで、次はそういった社員に対する指導方法について見ていきましょう。
人間なら誰しもがミスはしてしまうと考えましょう。大事な点は、仕事のミスを咎めるのではなく、ミスを隠さず早い段階で把握するための指導方法に目を向けるということです。

責任感が大きすぎる人ほど、ささいなミスでも重大だと考えてしまうケースもあるのです。

仕事での「ミスは歓迎する」と「その目的」を教えるのが効果的

仕事のミスを隠す社員に対する指導方法として、まず「ミスをたくさんしましょう。ミスを歓迎します」と伝えるのが効果的です。例え、仕事ミスに対して、怒ったとしても、ただ、恐怖によって支配しているだけで。根本的な解決には至っていません。

「スをたくさんしましょう。ミスを歓迎します」なんて言えば、社員は恐らくびっくりするでしょうが、そもそもミスをしないと学習と反省がなく、社会人としての成長は望めません。
この旨を、「なぜミスを歓迎するのか」という目的として説明しましょう。

ミスを隠蔽してしまう社員の心理として、「何」「何故」が考えられない特徴がありますので、その部分を補完する材料として目的を伝えるのが効果的なのです。そして、最後に「大事にしないためにも早めの報告を」と付け加えるようにしてください。

仕事のミスを報告された場合は褒めるのも大事な要素

本当に仕事をすること、プロ意識が強い人は仕事でミスをしたとき、言い訳や隠蔽など絶対にしません。むしろ仕事でミスした時は、迅速にミスの報告をすることが大事です。ミスで起きる影響を、如何に最小限で防ぐかも仕事では大事なのです。

仕事のミスを隠す社員へ指導した後、ミスを報告されたのであれば、その仕事のミス報告に対して、褒めるのも大事な要素です。
ミスを報告しない=怒られると図式を作ってしまうと、またミスを隠すという悪循環が発生することにもなりかねません。

「ミスを繰り返さないのがプロの仕事」だと付け加えよう

仕事のミスを報告された際は、そのことを褒めるのと同時に、
「ミスを繰り返さないのがプロの仕事」だと付け加えるのもポイントです。

人間だれしもがミスをするとはいえ、同じミスを何度も繰り返しているようではプロとは呼べません。社会人として成長し、一人前になるための大事な意識だという点をしっかりと指導するようにしましょう。

仕事のミスを隠す社員には「ミスの歓迎」と「その目的」を伝える指導を

今回は、仕事のミスを隠す社員の心理と指導方法について見てきました。
仕事のミスを隠す社員は、「何」「何故」という本質を見抜くのを苦手としています。反省ができないから発覚を恐れて隠蔽してしまうのだと考えられるのです。

そういった社員には、「ミスは歓迎する」旨と「その目的」をしっかりと伝え、理解できていない本質の部分を埋める指導方法が効果的です。
ミスを隠すことで後々のリスクが大きくなる前に、気軽に報告できる状況を作っておくのが、隠蔽を防ぐうえで大切なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム