2016年11月29日(火) 更新

忘年会に参加する際の適切な服装について

忘年会の服装は少しドレッシーなオフィスカジュアルが適切

男性は、私服で行く忘年会での服装として、少しドレッシーなオフィスカジュアルが吉です。忘年会というとなんとなくカジュアルなイメージがある方もいるかもしれませんが、基本的には目上の人がいる時にはカジュアルな服装というのは避けた方が良いです。たとえそれが忘年会というお酒の席であってもです。ホテルなどの明らかにドレッシーな場所でなくとも、多少のドレッシーさは出していく必要があるのです。ですから、男性の服装としては、オフィスカジュアルを少しドレッシーにした感じで行くのが適切と言えます。

派手目であってもオフィスカジュアルを意識したものにする

シャツを少し派手にしてみたり、ネクタイで遊んでみたり、少しのパーティー感を加えてオフィスカジュアルを意識していけば間違いないでしょう。派手さがまったくない、ただのスーツというのも、私服での忘年会では良くないので、それは避けましょう。

女性は結婚式の2次会衣装から少し露出を減らしたくらいが適切

女性の方の忘年会の服装は、結婚式の2次会から露出をマイナスした感じの服装というのが適切だと言えるでしょう。ちょっと上質なカラーリングのドレッシーなワンピースに羽織ものといったイメージですね。それならば目上の方がいる忘年会という空間でも失礼になりませんし、多少の華やかさとつつましやかさを共存できることでしょう。何事も適切な範囲をわきまえることが重要です。

露出が多い衣装は失礼なので避ける

結婚式の2次会感を前面に出してしまうと、忘年会ではちょっと露出過多になってしまう可能性がありますから、その点もしっかり注意しておいてください。露出が多いというのは、それは忘年会などのビジネスのイベントシーンでは失礼にあたるのです。男性社員を困らせてしまい、かつ女性社員からは反感を買うだけなので、しっかり露出を抑えるところにも力を入れてください。

忘年会の衣装の基本ダークカラーで差し色を入れると良い

男性女性問わず、忘年会の服装では色使いというのも大切です。忘年会という場面だからということもありますし、秋冬だからということもありますが、こういう場面ではついついダークカラーでまとめてしまいがちですが、それでは華やかさが足りず、いまいち視覚的に忘年会が盛り上がりません。視覚的にもきちんと忘年会を盛り上げつつ、さらに失礼にならない適切な服装としては、基本をダークカラーでまとめ、小物や部分ごとで差し色を入れていくというのが適切だといえます。

小物を目立たせ衣装を引き立てる

靴を赤いヒールにしてみたり、男性ならばネクタイを赤いネクタイにしてみたり、ベルトをベージュで目立たせてみたり、そうして小物で差し色を入れるとさらに忘年会に適切な服装となるでしょう。ビジネスとパーティーの中間であることを意識して、服装もそのような雰囲気にしていくと良いですね。

忘年会にはオフィスカジュアルなどで場に合わせた適切な服装で参加することを心がける

適切な服装で忘年会に行くことができれば、こちらの気分も上がりますし、それを見る方の気分も上がります。そうして自然と忘年会は盛り上がりやすくなっていくのです。是非これらの事を参考に、適切な服装を選び、盛り上がる忘年会にしていってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム