2016年11月29日(火) 更新

額面20万円の場合における手取り額の注意点とは

額面20万円と実際の手取りの違いを理解しよう

これから就職するという人にとって額面と手取りの違いを理解することは大変大事です。額面20万円の求人であっても実際に貰える金額はそれよりも遥かに少なくなってしまうのです。そのため就職前に車を額面通りの額が貰えると期待して購入してしまって、就職後に実際額面20万円という手取りの少なさに苦しむということがないようにしっかりとポイントを押えておきましょう。

額面とは基本給に各種手当が合算された給与の総額を示す

まず額面とは基本給に各種手当が合算された給与の総額です。それ反して手取りは実際に給料日に自分の手元に残る額です。例として挙げると額面20万円だった場合は色々なものがひかれますが、税金や保険料がその代表です。税金として所得税、住民税といったものが惹かれ、他にも保険料として厚生年金、国民年金、雇用保険の保険料が引かれてしまいます。このように各種の項目が引かれて残ったのが例として挙げた額面20万円の手取りなのです。

額面にかかる所得税や住民税は比較的手取りの計算がしやすい

お金ですから実際に就職前に計算しておくことでがっかりしたりせずに済みます。実際の手取り額を計算したければ額面にかかる所得税や住民税は比較的計算しやすいので、問題ありません。保険料も簡単に計算できますが、会社によって引かれる項目は色々あるので注意が必要です。例えば団体保険料が引かれたり、組合費が引かれたり、何らかの積立費として引かれたり、色々な方法で引かれてしまいます。

額面20万円程度であれば2割から3割引かれる

そのため就職前にどういった項目が手取りから引かれるのかを会社に問い合わせてみるというのも良いでしょう。額面20万円程度であれば、引かれる額はその2割から3割の4万円から6万円程度ですが、注意しておきたいのが高給を貰う場合です。月収40万円ともなれば、それに応じて引かれる割合も増えてくることは注意しましょう。自分が額面20万円だったとしてそこから引かれる金額をやはり、事前におさえておきたいですね。

ライフプランは必ず額面20万円を基本として考える

就職する際にも転職する際にもこういった例として挙げた額面20万円を基準にして考えることは大事です。ライフプランを立てる際には必ず額面を基本として考えておくことが大事でしょう。また、既に給料をもらっている人でもどのくらいの項目が給料から引かれているのかを知っておくことは大事です。会社任せにしている人も多いですが、自分で税金額や保険料を計算しておくことで、次の転職時の参考にもなります。

給料にしても疑問を常に持っておくことが大事

特に大企業になればなるほどよく解らない用途で手取りから給料が減らされているということも多いのです。額面が本来は貰える金額のはずですから、減らされた手取りを貰って「こういうものか」と納得してしまうと自分のお金が会社にどのように使われているのかも気付けなくなります。給料にしても疑問を常に持っておくことが大事です。

額面20万円の場合は税金や保険料が引かれて実際の手取りになることに注意

額面と手取りは違うものです。額面20万円の給料であれば、貰える手取りはせいぜい17万円程度です。そのため額面20万円を基礎としてローンなどを組むのは危険です。また、額面から何がどのように引かれているのかも知っておきましょう。こういったことを知っておくことで、自分のお金がどのように使われているのかも気付けます。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム