2016年12月07日(水) 更新

確定申告における扶養控除の条件と必要書類について

確定申告とは1年間における所得を確定させて税金を自己申告する制度

確定申告とは、1年間における所得を確定させて、税金を自己申告するもので、申告の時期は大体、2月から3月頃となっています。確定申告は税金を計算して、払った税金の清算の手続きとも言えるでしょう。では、確定申告をする必要がある人はどんな人でしょうか?

会社員でも控除を受ける場合は確定申告が必要

確定申告とは、会社員でも必要な場合があります。通常、会社員は会社で年末調整を行うため、会社が社員の所得税を計算することになっています。しかし、控除をうける際は確定申告の必要があります。理由としては、会社が社員の所得税を計算し、給与から税金を天引きする際は、概算で行うからなのです。そのため、控除を受ける会社員は、納めすぎた税金の清算をして返してもらうために、確定申告を行うのです。

確定申告における扶養控除とは家族1人につき税金が控除される制度

ここでは、控除の中でも申請が多いと言われる扶養控除について紹介します。扶養控除とは、扶養控除対象となる親族がいる場合に控除が受けられるものです。控除額が多いほど納税額を抑えることができます。扶養控除に該当する親族の条件は、16歳以上であり、6親等以内で3等親以内の婚族で、納税者と生計を一にしていること。加えて、年間所得の合計金額が38万円以下、青色申告者として給与を貰っておらず、白色申告者ではないこと。以上が条件となります。

扶養控除を受けるには条件がある

扶養控除の際、注意する点がいくつかあります。まず、勤労学生控除について。勤労学生控除とは、年間103万以下であれば扶養控除となり、103万以上130万以下では勤労学生控除となります。次に、納税者が2人以上いる場合の扶養控除では、例えば仕送りを受け取る人が年間38万円以下であれば、どちらかが仕送りを受け取る人を扶養親族として扶養控除を受けることができます。

扶養控除の際の必要書類は確定申告用紙と扶養控除申告書

扶養控除の際は、確定申告用紙と扶養控除申告書が必要書類となります。まず確定申告の必要書類は税務署で配布されるので、必要書類を忘れずに受け取りましょう。次に重要な必要書類は扶養控除申告書です。扶養控除申告書とは、所得税の課税区分をきめる必要書類です。必要書類の提出時期は、その年の最初の給与支払を受ける日の前日までに提出しましょう。提出方法は、必要書類に該当事項を記入し、人給与支払い者を経由して税務署に必要書類が提出される流れになっていますので、給与支払い者に提出しましょう。

申請時の必要書類は国税庁のホームページを参考にしよう

扶養控除書類提出時の注意点を紹介します。日本国内で給与を受け取る居住者は、原則扶養控除書類を提出しなければなりません。この申請を行わない場合は扶養控除をうけることができず、年末調整が行われないことになるので注意しましょう。申請時の必要書類は国税庁のホームページに掲載されているので参考にしてください。

確定申告における扶養控除の申請には特定の条件があり必要書類は確定申告用紙と扶養控除申告書

確定申告における扶養控除の条件と必要書類について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?確定申告での扶養控除の条件と必要書類について紹介しました。扶養控除を受ける際は、条件をすべて満たしていることに注意して、必要書類を提出しましょう。必要書類を提出しないと、扶養控除を受けることができず税金を多く支払ったままになります。確定申告の際の扶養控除については、国税庁のホームページも参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム