2016年12月06日(火) 更新

会社の役員になるには?知っておきたい出世するコツ

役員になるコツを知る前に取締役との違いを覚えておこう

会社員として働いているならば、現実的な目標として目指したいのが役員に成ることです。社長は難しくても役員ならば努力すればなれることもあります。そんな会社の役員になるにはどのようなコツがあるでしょうか。会社の役員になるには色々とコツがありますが、まず知っておきたいのが取締役と役員は別物ということです。

取締役は株主総会から選出されるが役員は会社の人事で決まる

会社の役員になるコツを知る前に、取締役との違いを理解しておきましょう。両者を混同している人もいますが、取締役は株主総会から選出されるのに対して、役員はあくまで会社の人事で決まる役職なのです。役員の実際の仕事は取締役が決議した事項などについて実際に各部署に指示を出したり、取締役の補佐をして経営を助けるというものになりますが、それだけに役員の責務は重大です。取締役は外部の人間がなることも多く、そういった人達を補佐する内部の人間としてしっかりと意見して自分の部下のことなども考えて行動していかなければいけないのです。

会社の役員になるには同期の存在も重要

会社の役員になるには同期との出世競争に勝っていかないといけません。そのコツを見ていきましょう。会社によって様々ですが、会社の役員は同期から数人で出る程度であり、同期の出世競争に勝ち残らねば会社の役員にはなれません。そのためにも20代の内に誰が出世しそうなのかを見極めておきましょう。1人で出世するという人もいますが、同期の仲間とともに出世していった方が遥かに楽ですし、成功するでしょう。

出世競争は先輩や後輩にも勝たなくてはいけない

会社の役員になるには他にも大事なコツとして、先輩や後輩に負けないことも大事です。会社の役員をある先輩や後輩が独占してしまって、会社の役員が同期にいないといったことも出てくるからです。このように同期内で出世競争に勝つといったことともに、先輩や後輩とも出世競争になるわけですから、それだけ困難な道なのが役員になるための道なのだということは知っておきましょう。

役員になるコツとして会社の出世ルートを知っておこう

闇雲に働いてとにかく成果を出して出世しようというのでは成功はオボつきません。成功をより確実にするコツとして、会社の役員になるにはまずその会社の出世ルートを理解する事が大事です。役員になる人は総務部には必ず在籍していたことがある、海外出張は会社の役員になるには必須、といったように会社ならではの役員になるための出世ルートが必ずあります。こういった先輩の通って行った道を辿っていくことが効果的に役員になるためには欠かせないことなのです。

役員になってやりたいことを見つけるのも一つのコツ

会社の役員になるには、役員になってやりたいことを見つけることも大事なコツです。役員になって会社の制度を変えたい、もっと社会貢献する会社にしたいといったように役員になってしたいことを見つけることでモチベーションも湧いてきます。こういったコツを見つけて役員をぜひ目指してみてください。

会社の役員になるには同期との競争に勝つことや出世ルートを知るのがコツ

会社の役員になるには険しい道が待っています。会社の役員になるにはまず同期の出世競争に勝つ事がコツです。そのためにも早い内に仲間を見つけておきましょう。また、先輩や後輩の競争もありますから出し抜かれないように注意しましょう。会社の役員になるには、過去の先輩が辿った出世ルートを理解することも大事です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム