2017年07月24日(月) 更新

「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

「ご足労」の意味と正しい使い方とは?

ビジネスシーンでも、打ち合わせで会社にやってきた取引先の人などを労うときなどに、口をついて出る「ご足労」「ご足労いただき」「ご足労いただく」といった言葉。
基本的には、相手に来てもらった事実への感謝を表すもの、いう認知で使っている場合がほとんどでしょう。

それ自体が正しい敬語として普及している「御足労」ですので、使い方を間違えるケースはあまりなさそうですが、まずは改めて、ご足労の意味とビジネスシーンの中でも使っていいシチュエーションをしっかりとおさえておきましょう。

意味は「ご足労=わざわざお越しいただいた」という感謝を表すもの

ご足労(御足労)とは、「足労」に丁寧語の「御」をつけた言葉です。「足労」は「歩く」「行く」などの意味を丁寧にしたもので、意味は「わざわざお越しいただく」です。
ですので「ご足労」とは、こちらが足を運ばなければいけないところを、わざわざお越しいただいたことに、感謝の気持ちを表した言葉なのです。

この意味をしっかりと頭に入れて、「ご足労」を使う場合は、「ご足労頂きありがとうございます」「ご足労頂きありがとうございました」といったように、相手をねぎらう想いを直接伝えるか、ビジネスメールで送るようにしましょう。

「ご足労いただき」は来てもらった後に使うのがベストの使い方

ご足労(御足労)は基本的に、どのような場合でも使える敬語ですが、御礼として使うのが最も良い使い方なです。
ですので、「ご足労おかけいたしますが」と使うのではなく「ご足労頂きありがとうございました」といった使い方がよいでしょう。

「ご足労おかけしますが」をメールで使う場合

「ご足労」という単語は来てもらう前にメール等で使っても問題ありません。来てもらう前であれば、「御足労おかけしますが」「ご足労いただき恐縮ですが」といったようにメールなどで表現するのが良いでしょう。

また例えばですが、ミーティング終了後に再度メール等で日程調整をするなど、何かしらメールをいれる際には、「先日はご足労をおかけしてしまい申し訳ありません」や、あるいは「先日はご足労いただきありがとうございました」といった表現をまずいれるというのがマナーとしては適切でしょう。

目上の方に対するお願いのクッション言葉としても有効

ビジネスパーソンとして頭を悩ますもののひとつに、目上の方に対する「お願い」や「お断り」など言いにくいことを伝える場面があります。相手が目上の人だからこそ、慎重に言葉を選ばなければいけません。
そんなときに活躍するのが「クッション言葉」とよばれるものです。「クッション言葉」とは、相手に受け入れやすい態勢をとってもらうための、前置き文です。「ご足労ですが」などのクッション言葉から始め、本題に入るといった使い方も、ビジネスメールなどでは有効なのです。ビジネスをスムーズに進める手段として、覚えておきましょう。

「御足労」のビジネスで使える言い回しと例文

ビジネスメールや打ち合わせで使える「ご足労」の言い回し一覧

打ち合わせ前

・ご足労をおかけいたします。
・ご足労をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

打ち合わせ当日

・本日はお足元の悪い中、弊社にご足労いただきまして、誠にありがとうございます。
・本日は遠方よりわざわざご足労頂き、大変にありがとうございます。
・この度はご足労くださいまして、ありがとうございます。

打ち合わせの後日

・先日は大変ご足労をおかけいたしました。
・~の際は、遠路はるばるご足労いただきまして、誠にありがとうございました。

ご足労いただいた感謝を伝えるビジネスメールの例文

例文

件名:本日はご足労をおかけしました。

○○株式会社
○○部 ○○様

日頃より、大変お世話になっております。
株式会社○○・○○部の○○です。

本日はお忙しい中、わざわざお越しいただきまして
誠にありがとうございます。

先ほどの打ち合わせで使用した関連資料を
添付にてお送りいたしますので、お手すきの際にご確認ください。

次回の打ち合わせは来月上旬を予定しておりますので
お伺いできればと考えております。

お忙しいところ大変恐縮ではございますが
ご対応のほど、よろしくお願いいたします。

「ご足労」を使う際に注意したい点

では最後に、「ご足労(御足労)」を使う際に注意したい点も見ておきましょう。「御足労いただきありがとうございました」など、ご足労はどんなシーンでも使える正しい敬語とはいえ、状況やあなたや相手の立場によって、失礼になってしまう敬語ともいえるのです。
「ご足労」を使う際は、以下の注意点はしっかりと意識してください。

社内向けに使うのはNG! 目上でも上司などには使わないように

「ご足労おかけしますが」「ご足労いただくことになり」「ご足労いただく」などは、一般的に取引先など社外の来客に使う敬語です。
ですので、社内で使う言葉としては言葉としては相応しくありません。上司などの目上の方には「ご足労」を使わないのが正解なので、いくら目上の方とはいえ、正しい言葉遣いを意識して分けるようにしましょう。

「ご足労」の意味と目上の方への正しい使い方を覚えビジネスマンとして印象UPを!

今回は、「ご足労おかけしますが」は目上の人にOK? ご足労の意味と使い方と題して見てきました。
「ご足労(御足労)」という言葉は、様々なシーンで使用する機会が多い敬語のひとつです。そのため、「ご足労おかけしますが」「ご足労いただき」といった言葉の使い方をしっかりとマスターしましょう。
とはいえ、送るタイミングなどの基本的なマナーには十分注意する必要があります。

研修担当者からマナーについて:来訪が当たり前な場面でも「ご足労」を使うべき

研修担当者から一言

「ご足労」という敬語は基本的には自分が訪問すべきところ、相手に来訪していただいた場合に使う言葉です。
ただし、相手に来ていただくのが通例の場面、例えば自分が営業を受ける立場の場合でも、「ご足労」は使うべきでしょう。
得てして来訪を受け続けるとそれが当たり前という感覚になってしまい、このようなちょっとした気遣いがおろそかになることがあります。
特に新入社員の方や年次が比較的若い方の場合は、どういった場面であれ、意識的に使うのが好ましいでしょう。
また、自分が明らかに立場、役職が上の場合でも、「ご足労いただき」と冒頭で謝辞を述べることで、印象がよくなりますね。
出来るビジネスパーソンほど謙虚である、といわれるように、仮に来てもらうことが当たり前の場面でもこういった気遣いの言葉を使えるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム