2016年11月29日(火) 更新

取引先で出されたお茶を飲む最適なタイミングと飲み方

取引先でお茶を出された際の対応

まず、取引先でお茶を出されたら「ありがとうございます」と御礼を述べましょう。出されたお茶を飲む際も「いただきます」と一言加えるのがマナーです。最初は一口だけ飲み、グラスまたは湯呑を置きます。

喉が渇いているからといってゴクゴクと一気に飲むのはNGです。また、逆に喉が渇いていないのに飲み干す必要もありません。お互いにとって良い間隔で飲むのが一番です。

お茶は温かいうちに飲むのが鉄則

取引先でお茶を用意してくれた相手の気持ちを考え、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに飲むのがマナーです。そのため、取引先でお茶を出されたら、まず出された時に一口飲むようにします。

せっかく用意したのに、いつまでも放置して、温かいお茶が覚めてしまったり、冷たいお茶は氷が溶けて薄まってしまったりした場合、非常に失礼です。もし、出されたお茶や飲み物が飲めないものだった場合は、勧められた時点で告げるようにしましょう。飲まないまま置いておく方が失礼にあたります。

出されたお茶を飲み出すタイミングって!?

取引先で、出されたお茶を飲みだすタイミングについては悩みが多いと思いますが、温かいものは、温かいうちに飲むのが基本的なマナーです。

出されたお茶を飲むときには、1回口をつけるようにします。ただし、その後は話し合いの状況に合わせて、「喉が渇いたら一口飲む」といったペースで飲むようにすると良いでしょう。間違っても相手が重要な話をしているときに、手を付けるようなことがないようにしてください。

面接でお茶が出されたときは勧められるまで待つ

面接でお茶が出されたときは、面接官に勧められるまで、飲まないで待つのがマナーです。「どうぞ」と声を掛けられたら、一口飲みます。その後も咳き込んだり、喉がカラカラに渇いたりしない限り飲まないようにしましょう。最後までお茶が残っていた場合、立ち上がる前に一口飲んで「ご馳走様でした」と御礼を告げると印象が良いです。

待合室でお茶を出された場合は出してくれた人が退出した後に飲む

待合室でお茶を出された場合は、出してくれた人に「ありがとうございます、いただきます」と御礼を述べ、その人が退室するまで待ちます。部屋を出てから、出されたお茶に口を付けるようにしましょう。

また、女性の場合は口紅が付いてしまった場合、きちんと拭き取るようにします。相手を不快にさせない心遣いが大切です。

お茶は全部飲み干すべきなのか!?

最後に、出されたお茶は全部飲み干す方がいいのか?それとも出されたお茶は残した方がいいのか?気になるところだと思います。

飲むか残すかは自己判断でOKです!!

用意してくれた人、片付ける人のことを考えると、出されたお茶は、全て飲み干した方が良いでしょう。

しかし、全然飲む気がしないのに無理やり飲み干す必要はないと思います。その辺りは、自己判断で構いません。ただし、全く口を付けないのはマナー違反となりますので注意してください。

お茶菓子はいただくように

取引先ではお茶と一緒に、お菓子も用意されることがよくあります。そのときは、遠慮せずにいただくのがマナーです。出されたお茶だけ飲んで、お菓子は残すというのはあまり印象がよくありません。頂いたら「ご馳走様でした」を忘れずに。

もし、食べられなかったとき、和菓子の場合はお懐紙に包んで持ち帰ったりしますが、小袋に入ったクッキーやチョコレートなどは持ち帰らないのが一般的です。

紅茶かコーヒーを選択する場合は希望を告げる

紅茶かコーヒー、もしくは日本茶か紅茶など、選択性で尋ねられるときがあります。そういった場合はきちんと希望を告げるようにします。

ただし、上司と同伴など、複数で訪問している場合は、1種類にまとめてあげた方が親切です。相手が上司なら、上司と同じものを頼むようにしましょう。また、上司が口を付けていない状態で自分だけ飲むのは避けたほうが良いでしょう。

取引先で出されたお茶は飲まないより温かいうちに飲むのが適切なマナー

取引先で出されたお茶を飲むか残すか、飲まないかのマナーについて、紹介しましたが、ここにあげたビジネスマナーは一般的なものです。実際は、相手との関係や商談の状況などによって臨機応変に対応する必要があります。

判断基準は「相手がどう思うか」です。出されたお茶に対してありがたく思い、相手への感謝の気持ちがあれば、少なくとも嫌な思いをさせるような行為には至らないでしょう。また、感謝の気持ちをきちんと声に出すことも大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム