2016年11月29日(火) 更新

部下との接し方で信頼を得る上司になる方法とは

信頼を得る部下との接し方①:相談を受ける姿勢が大事

部下から相談を受けたとき、部下の悩みを否定したり、安易な慰めの言葉をかけたりしていませんか。そのような態度では、部下の心はあなたから離れていきます。部下から相談を受けた時、「そんなことで悩むのか」とじれったくなり呆れることもあるでしょうが、そのような感想は内心にとどめ、表面上は「大変だね。一人で悩んで辛かったね」と上司として部下の悩みを共感するようにしましょう。

上司として 悩みを共感してあげることが必要である

また、「大丈夫、なんとかなるよ」といった安易な慰めの言葉は、真剣に悩んでいる相手をむしろ傷つけてしまうのでやめましょう。部下から相談を受けた時の部下との接し方については、まずは悩みに「共感」し、悩みを解決する方法を一緒に考えることが大切です。あなたにとっては、自明のことでも、自分の考えを押し付けたりせず、「一緒に考える」というプロセスを大切にすることで、部下の心をつかむことができます。

信頼を得る部下との接し方②:上手に頭を下げること

部下に仕事を任せるとき、あるいは部下に残業を頼むとき、「頭を下げることができるかどうか」であなたの人間としての器が試されます。また、営業先でどのように頭を下げるのかを部下に見せることで、部下はあなたから契約をとってくる方法、受注する方法を学びます。つまり部下との接し方に限らず、優秀なビジネスマンとは、他人に対していかにうまく「頭を下げる」ことができるかどうかで決まるのです。

上司が頭を下げることにより部下のモチベーションは上がる

頭を下げるとき、卑屈になってはいけません。あくまでさわやかに、かつ、「自分の頼み事を押しとおすため」という明確な目的をもって下げることが大切です。このような頭の下げ方ができる上司に対して、部下は「上司がわざわざ頭を下げたのだから、この仕事は僕が責任を持ってやらなくては」という気持ちになり、また、上司が頭を下げたことによって仕事のモチベーションが上がります。

信頼を得る部下との接し方③:部下に相談することも大事である

部下に仕事の相談をしたことはありますか。何事も上司が決め、部下は上司が決定したことをこなすだけ、ではなかなか部下のモチベーションは上がらないし、上司と部下の距離は縮まりません。部下との接し方においては、大切な案件については部下に相談できなくても、部下に相談できる仕事については、部下に相談し部下の意見をとりいれることが大切です。

部下に相談する際は意見を全否定しない事が必要である

その結果、部下は仕事へのモチベーションが上がり、また、自分の意見を評価してくれたあなたに対する信頼をあつくします。部下に相談したからには、部下の意見を全否定してはいけません。部下の意見を全部採用することはできなくても、少なくとも一つは採用するという覚悟をもって、部下に相談するようにしましょう。

信頼を得る部下との接し方は上司が「信頼してあげる」ことである

以上が、部下の信頼を得る部下との接し方についてです。部下の信頼を得るためには、まずはあなたが部下を信頼しなければいけません。部下を信頼することができれば、部下に頭を下げたり、部下に相談するといった行動が自然とできるはずです。あなたの自分に対する信頼に気付くことによって、部下は初めて、上司であるあなたへの信頼や尊敬を抱くことができるのです。

関連コラム