2017年06月26日(月) 更新

社会人として相応しい服装のビジネスマナー

相手に不快感を与えない服装をするのがビジネスマナー

相手に与える印象として、とても重要なポイントとなってくるのが「服装」などの身だしなみ。社会人として相応しい服装にするということは、ビジネスマナーだと言えるでしょう。会社や職種によって制約の違いはありますが、最低条件として相手に不快感を与えない服装にしましょう。

チャンスを無駄にしないために社会人として相応しい服装をする

特に、社会人になると初対面の人と関わる機会が増えます。初対面の場合、服装や態度など「外見」で判断される可能性が非常に高いです。
「何度も会ってお互いを良く知り合えば大丈夫」と考える人もいるかもしれませんが、ビジネスの世界では一発勝負という場面も少なくありません。せっかくのチャンスをダメにしないためにも社会人は服装をビジネスマナーとして捉え、疎かにしてはいけないのです。

「清潔」「上品」「控えめ」な服装は好感を持たれる

社会人としてふさわしい服装の基本的なビジネスマナーは「清潔感」「上品」「控え目」というポイントを守ることです。派手な色や過度な装飾、露出度の高い服装などは避けましょう。
会社によっては、服装がかなり自由な職場もありますが、最低限この基本マナーは守るように心掛けた方が良いでしょう。 そして、それぞれの社風に合った服装を選び、社内や得意先に好感を持たれる身だしなみを工夫する必要があります。

上着を着るとしても派手なシャツやブラウスはNG

ビジネスシーンにおいては、ワイシャツやブラウスを着る機会が多いですよね。上着を着るから大丈夫だと思って、派手な柄物やシワの寄っているシャツを着てはいませんか?周りの人は意外と見ています。ジャケット等の上着を着ていたとしても目につくものですから注意しましょう。

ワイシャツには必ずアイロンを!

ワイシャツはきちんとアイロンをかけ、派手な模様のものは避けるのがビジネスマナーだという事を頭にいれておきましょう。 こういった細かいところに目を向けられるかで、仕事の良し悪しも決まってくるものですよ。

社会人としてふさわしい男性の服装マナーとは?

男性の社会人として、ふさわしい服装のビジネスマナーとは、一体どういったものなのでしょうか?気になるポイントを確認していきましょう。

「スーツならなんでもOK」は間違い!

社会人として相応しい服装が分からず、「スーツだったらとりあえずいいだろう」と安易に選んだスーツを着るような考えは危険です。スーツはスーツでも、ソフトスーツやブレザーはNG、色もダーク系以外はNGです。ボタンが取れたままになっていないか、ほころびがないかもチェックしてください。

靴は黒または茶色で手入れを欠かさない

靴に関しても、黒や茶系以外の色は避けた方がいいでしょう。 きちんと磨き、型崩れや底の磨り減りがひどくないかの確認も行いましょう。よれた靴を履いていると、印象が悪くなります。

小物にも気を遣うのがマナー

男性の場合、小物に無頓着な人は多いですね。しかし、鞄や名刺入れ、ハンカチなどもその人の印象に影響を与える要素の一つ。クタクタになった鞄やシワだらけのハンカチを使ってはいませんか?ビジネスシーンでの身だしなみにおいて「気を遣いすぎ」ということはありません。
服装で自分の評価を下げないよう、細かいところまで意識を向けるようにしましょう。

社会人として相応しい女性の服装マナーとは?

女性の場合、ビジネスシーンでもオフィスカジュアルという言葉があるように、服装に関して選択肢が広いですよね。そのため、カジュアルとの線引きが難しいという問題があります。しかし、基本マナーである「清潔感」「上品」「控え目」を意識すれば、それほど悩む必要はありません。

過度な装飾・露出はビジネスマナーに反する

全くダメというわけではありませんが、ラメやファーなど過度な装飾はビジネスマナーにおいてはNGです。社会人として相応しい服装の基本マナー「控え目」に反しています。アクセサリーやネイルアート、香水も同様です。透け感がありすぎるものや露出度の高いものは避けましょう。

服装の色は3色に抑えて「清潔感」と「シンプル」を意識する

カジュアルスタイルが基本だった新入社員にとっては、選ぶのが難しいと感じるかもしれません。社会人として相応しい服装を選ぶ時は、服装の色は3色くらいに抑え、清潔感のあるシンプルなスタイルを意識してみてください。

ビジネスの場ではカジュアルさをできるだけ出さない

女性の場合、ビジネスシーンでのオフィスカジュアルの判断って難しいですよね。でも、あくまでオフィスで着る洋服ですからカジュアル過ぎはNGです。
カジュアルさを出さないためには、スカートの丈は膝が半分隠れる程度がベスト。 靴は歩きやすいヒールのもので、派手な色や形は避けましょう。

スカートならストッキングを必ず着用する

スカートの場合でしたらストッキングは必ず着用し、生足は避けるようにしましょう。ただし、ストッキングにおいても派手な色は避けてくださいね。派手なストッキングはともかく、生足は意外と目立ちます。社会人として生足はマナー違反なので、ストッキングをはいてください。

社会人として相応しい服装のビジネスマナーのポイント「清潔感」「上品」「控え目」

服装のビジネスマナーは、会社のイメージにも大きな影響を及ぼします。取引先に行く際は、自分が会社の顔になるため、相応しくない服装をして行けば会社の印象は悪くなってしまうことを肝に銘じておかなければなりません。そのような事態を防ぐためにも、社会人としてふさわしい服装のビジネスマナーをしっかり身に付け、節度ある服装を意識するようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム