2016年11月29日(火) 更新

休職出向して仕事をする際の会社の規程

休職出向とは

休職出向という言葉を聞いて、これはどういう意味なんだろうと考えてしまう人は大勢います。休職という言葉が付くために仕事を長期間休むことのように思えてしまいます。しかし実際はそのようなことはありません。そもそも出向とは今勤めている職場から他の職場に異動し、そこで働くことを意味します。

給料の支払われ方を確認しよう

そして休職と出向というこの2つの言葉が合わさることで出向の意味合いがより詳しく説明されることになります。つまり休職出向とは、今勤めている会社での仕事を長期間休む代わりに他の職場で働くことを意味しています。そのため自分の籍は出向元の会社にあることになります。そして給料に関しては出向先の会社から支払われるケースが多く、これが在職出向との違いです。どちらの出向がチョイスされるかは会社によって異なります。

休職出向は派遣社員とは異なる

休職出向とは派遣社員のようなもので、双方の間に大した違いなど存在しないのではないかと思ってしまいがちです。しかしこの2つの間にはきちんとした違いがあるのです。まず派遣社員は基本的に派遣された会社の規則に従って仕事を行わなければなりません。そのため立場は派遣社員であっても、仕事上のルールは他の正社員と同じ仕方で守る必要があります。

労働契約を事前に確認しておこう

それに対して休職出向として出向元の会社から出向先の会社に異動してきた人は出向先の会社との間の労働契約に加えて出向元の会社との間の労働契約にも従わなければならないという決まりがあります。もちろんこの決まりを個人で守ろうとするなら非常にややこしいことになりかねません。そのことを考慮して出向元の会社と出向先の会社との間で休職出向した人に対する決まりを設け、それに従うというスタンスが取られるのが一般的です。

休職出向しても勤続年数は途切れない

休職出向して他の会社で働くことで、勤続年数はどのように計算されるのかという点を疑問に思う人がいます。休職という言葉が付くくらいだから、休職出向して働いている間は勤続年数に含まれないのではないかと感じてしまう人がいるかもしれません。しかし当然のことながらそのようなことはありません。

休職出向は職場が変わるだけ

休職出向とは仕事から離れることではなく職場が変わることですので、勤続年数は働いた年数がそのまま加算されます。そこでまた1つの疑問が生じます。勤続年数は出向元の会社でのものとして加算されるのか、それとも出向先の会社のものとして加算されるのかということです。この点に関しては休職出向中であっても籍は出向元の会社にあるために、出向元の会社の勤続年数に加算されます。つまり職場は違うものの、書面上は出向元の会社で働いていることになるのです。

休職出向による仕事は会社の規定によって異なるが勤務年数は途切れない

休職出向という言葉を聞くと何となく難しく考えてしまいがちです。しかし簡単にいうなら仕事で働く場所が変わるものの、仕事上の雇い主や在籍に関しては変化がないことと定義できます。もちろん細かな仕事上の決まりは多々存在しますし、会社によって異なる点もあります。しかしこのような理解でいれば休職出向を命じられたときにそれほど抵抗なくその仕事の指示に従うことができます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム