2016年11月29日(火) 更新

給与課税の対象になる金額と非課税になる項目

支給される金額のうち給与課税になるものと非課税のものがある

給与課税されるものもあれば、給与非課税となるものもあります。非課税になるものは、税金がそれだけかからないことになります。ですから、給与から税金が決まる時に、課税の給与と、非課税の給与がいくらあるかで、税金が変わってくることを知っておくと良いでしょう。

給与課税される金額が多いほど手取りが少なくなる

つまり、給与の総額が同じ人でも、給与課税され金額が多い人の場合の方が税金を多く支払うことになるのです。税金を計算する時には、給与課税分から計算されるからです。逆に非課税の手当等で、給与の金額が増えているような人は、税金を算出した場合に低くなるのです。ですから、給与総額だけ見ても、税金がいくらなのかは分からないのです。税金が決まる計算は、給与の内容によって変わってくるというものなのです。

非課税となる金額で有名なものは交通費

給与課税と給与非課税になるものには、どんなものがあるのでしょうか?非課税とされるものを知っておけば、それ以外が給与課税となるので、給与非課税のものを知っておくと良いでしょう。給与非課税になるものの交通費給与非課税で代表的なものは、交通費です。交通機関で通勤している人は、月10万円までの交通費が非課税となります。

ただし非課税にも限度額があるので注意

車通勤の人は、距離によって非課税になる金額が変わってきます。距離だけで算出されているので、特例もあります。片道の通勤距離が15km以上の場合には、合理的に計算された1ヶ月当たりの利用金額において、非課税限度額を超えてしまうような場合には、最高で月10万円までが非課税限度額になります。ですから、総支給のうち、交通費が10万円もついているような人の場合には、それだけ非課税となるので、給与課税は低いことになります。

出張費なども非課税となる

交通費以外の非課税給与は、旅費があげられます。出張などのような業務遂行のための旅費で、必要と認められたものは、非課税となります。 海外渡航費も非課税です。 海外出張などのような海外渡航費などで必要なものは非課税となります。結婚祝金や見舞金なども非課税となります。結婚や出産等で祝い金や、お見舞金などは、非課税となります。他にも、給与課税されないものはたくさんあります。

「残業代」「休日出勤手当」「家族手当」などは給与課税の対象になるので注意

給与課税されるものは、給与の基本給、他には、残業手当、休日出勤手当、その他職務手当等、家族手当そして住宅手当などがあげられます。手当の中でもすべてが課税というわけでないので、給与課税とされるもの、されないものを自分で把握しておきましょう。知っておくと、自分の給与明細をもらった時に、より納得が出来るようになります。

給与課税される手当と非課税の手当の金額を把握しておこう

給与課税されるものの金額で、給与にかかってくる税金の金額が変わってきます。ですから給与の中で、給与課税されるものと、給与非課税とされるものを知っておきましょう。給与課税されるものは、給与の基本給、他には、残業手当、休日出勤手当、その他職務手当等、家族手当そして住宅手当などがあげられます。給与非課税では、通勤費があげられます。代表的な課税と非課税なので、給与の税金について知るためにも理解しておくと良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム