仕事でケアレスミスをなくすたった2つの方法

更新 / 121286 view

仕事でケアレスミスが起きてしまう原因は?

a

仕事における単純なケアレスミスをなくす方法を考える前に、ケアレスミスとなる原因を探しましょう。ケアレスミスとなる原因の中には、メールのタイピングミス、仕事に必要な備品の忘れ物、単純な伝達ミスなどあります。これらが原因で起こるケアレスミスは、いつ起こるかは解りません。

笑って許されるうっかりミスなら良いですが、それが重大なミスを呼んでしまうかもしれません。こうしたうっかりミスが起きてしまうのは、何が原因なのでしょうか。ケアレスミスをなくす方法を見る前に、まずはその原因を知りましょう。

ケアレスミスの原因は複数案件の同時進行が多数

仕事でのケアレスミスの原因は「うっかり」という心の油断から起きてしまうケースがほとんどです。普通にしていれば何なくできる事なのに、あれこれ自分で仕事を抱えていることが原因で、うっかりミスになるのです。

そうしたミスが起きる原因の一番は、やはり「仕事量」ですよね。仕事の案件をあまり多く抱えすぎるのもミスが増える原因ですので、仕事量を少なくすることも考えましょう。そうすれば、うっかりミスも見落とすことが減るでしょう。

仕事でケアレスミスをしてしまう人の特徴とは?

仕事のケアレスミスは笑って許されるミスもあるかもしれません。が、ケアレスミスをなくすことなく、小さなミスが積み重なってしまうと「またアイツか!」と言われるようになってしまいます。結果的にケアレスミスが原因となって信頼を失ってしまうかもしれません。うっかりケアレスミスをしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴①:頼まれた仕事を後回しにする人

言われた事をすぐにやる人は、仕事上でのケアレスミスは少ないと言われています。上司からの指示などを後周しにする人は、結果的にそれを忘れてしまう場合が多く見られます。ケアレスミスをなくすためには、効率を重視するのも確かに大事な事ですが、言われた事は、できる事からサクサク片付けた方が良いケースもあるという事です。

特徴②:時間に追われ普段から余裕が無い人

仕事を抱えすぎて時間に追われたり、納期に間に合わないと焦っている時ほど、ケアレスミスは起きやすく、中々なくすことはできません。例えば、朝の時間にギリギリの時間まで寝ているなど、忘れ物や寝過ごしなどのケアレスミスをしやすいです。時間の余裕、心の余裕があるほど、ケアレスミスは少なくなるものです。ケアレスミスをなくすためにも、日頃から余裕を持つよう心がけましょう。

特徴③:仕事を確認する癖がない人

仕事に慣れるまでは時間のロスに感じてしまうかもしれませんが、細かいチェックをする事がケアレスミスをなくす一番の方法です。例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。細かくメモを取る、声に出して再確認をする。基本的な事ですが、そういう事がケアレスミスをなくす結果につながります。

まだあった!ケアレスミスを犯す人の典型的な5つの特徴!

上記以外の特徴にも、ケアレスミスをする人の典型的特徴があります。

●集中すべき場面を見極めていない
●手帳やノートにメモをとらない
●何かする前に確認をしない
●視野が狭く、周りが見えていない
●語尾がはっきりしない

うっかりミス・ケアレスミスをなくす方法を実践する際にも、上記の特徴について注意しながら仕事を進めましょう。

仕事でケアレスミスをなくす方法は?

ケアレスミスをしてしまう人の特徴について見ていきました。それでは最後に、仕事でケアレスミスをなくす方法について見ていきます。
これを参考に、仕事でよくケアレスミスをしてしまう人などはなくすように行動していきましょう。ケアレスミスをなくすことで、指摘を受ける回数も減り、仕事の評価も上がりますよ。

a

ケアレスミスをなくす方法①:細かく再確認する癖をつける

ケアレスミスをなくす方法の一つ目は、細かく再確認する癖をつけるです。例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。確認することで、ケアレスミスをなくしていきましょう。

細かくメモを取る、声に出して再確認をする。基本的な事ですが、そういう事がミスをなくす方法につながります。

ケアレスミスをなくす方法②:同じミスを繰り返さない工夫をする

ケアレスミスをなくす方法の二つ目は同じミスを繰り返さない工夫をするです。社会人としてやってはいけないのは、同じケアレスミスを二度以上繰り返す事です。それを防ぐ為には、一度してしまったミスを覚えておく事です。

また、ケアレスミスをなくすためには、何かのメモなどに書き留めておくのが効果的でしょう。もちろん、他の人がしたミスを書き留めておくのもケアレスミスをなくすためには効果的です。このうっかりミスをなくす方法も、いろいろな場面で応用してみてください。

気にしすぎないことが大事!万一ケアレスミスをした場合は事後対処を

ケアレスミスをすると、その分だけ信頼が下がってしまいます。スピード重視のタイプ、正確さ重視のタイプ、バランス型のタイプ。自分に求められている仕事のスタイルは何なのかを把握する事も非常に大切です。

ケアレスミスはしないに越した事はありませんので、うっかりミスをなくす方法を知る事は大切です。しかし、ケアレスミスが起きてしまう事はあります。そうした時には、その後の対応もしっかりする事が大切だと覚えておきましょう。

仕事でのうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法は「マメな再確認」と「メモを工夫する」の2点!

仕事における単純なうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法を見ていきましたが、いかがでしょうか。ケアレスミスが発生するのには、いくつかの原因がありますが、それを引き起こす人にも共通の特徴があることが分かりました。ケアレスミスをしてしまうと周りに迷惑がかかってしまいますし、上司からため息がもれてしまいますのでなくす努力をしていきましょう。またケアレスミスをなくすには、日常から時間や気持ちに余裕を持つ事が大切になってきます。確認とメモの2点に注意して仕事を進めましょう。

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。