2016年11月29日(火) 更新

「確認してください」という言葉の正しい敬語とは

「確認してください」の正しい敬語を覚えておこう

親しい相手にメールを送信する時や、部下や同期に対して使う言葉の一つに、「確認してください」という言葉があります。この時、利用者は「丁寧な表現」だと思ってこの言葉をお使いますが、果たしてそれは正しい事なのでしょうか。この言葉を敬語として用いることで、トラブルにならないでしょうか。

「確認しろ」という命令口調に捉えられかねない

特に注意したいのが目上の人に対する言葉遣いです。「確認してください」という言葉は、「確認しろ」とも捉えられかねない表現です。つまり、「確認してください」は命令口調という印象を与えてしまうのです。自分はそう思っていなくても、相手からすれば失礼な敬語の使い方だと思われてしまう可能性もあります。「確認してください」という言葉の使い方には気を付けましょう。

「ご確認頂けますか」など相手の心情を理解して言葉を遣うことが重要

人は言葉に敏感です。その表現方法についても、やはり敏感と言えます。ですので、相手の心情を理解する事を重視しましょう。正しい用法を覚える事も大切ですが、敬語としての実際の使用例を理解する事も大切です。誰かに物事の確認を依頼するために、「確認してください」という言葉の他には「ご確認頂けますか」等の表現もあります。その人に合った表現を遣いましょう。

二重敬語などの誤用がないように気を付けよう

誰かに物事を頼むなら、「してください」が正しい表現です。しかし、「ご確認してください」のように、敬語の誤用があってはいけません。誰かに指示を出す時の婉曲的な表現が「してください」という言葉です。どんなに良い外見の方であっても、言葉遣いが正しくなければ、相手に対する印象を損ねてしまいます。くれぐれも、敬語の使い方に気をつけましょう。

ビジネス上では「ご確認ください」という敬語表現を使おう

文学的な表現なら「確認してください」は間違っていません。しかし、あくまでもビジネス上なら、「ご確認ください」が適切です。「ご確認してください」では、丁寧語の「ご」と謙譲語の「してください」が混ざってしまい、敬語として成立しません。つまり「ご確認ください」という言い回しにすれば、相手の方に正しい敬語として認識して頂けます。

文等に付ける「ご」や「お」の使い方に注意

「お品物」や「お言葉」など、文頭に一文字付け加えるだけで、より丁寧な表現が出来ます。同様に、「ご馳走」「ご見学」「ご準備」と言った言葉もあります。多くの人は、たった一文字の表現に対し、とても敏感です。あなたの主観で判断せず、相手の気持ちをくみ取りましょう。人にはそれぞれの思いや表現方法があります。ですが、ビジネス上では正しいマナーを遵守しましょう。

「確認してください」では失礼な敬語になり兼ねないので「ご確認ください」という言葉を使おう

「確認してください」と言う表現は、時と場合によっては悪印象を与えます。そうならないためにも、敬語の使い方には常々気を配りましょう。ちなみに、確認を求める時は、「確認してください」の他に「ご確認頂けますか」等の表現もあります。常に同じパターンの敬語を用いても良いですが、ビジネスの状況や出席者の状況、場の空気に応じて言葉を使い分けるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム