2016年11月29日(火) 更新

源泉徴収票の見方と還付金が戻ってくる可能性

年末調整時に使う書類が源泉徴収票

給与所得や源泉徴収票をもらっても、意外と源泉徴収票の見方は知らないのではないでしょうか。確定申告の際に知っておかなければならない知識です。確定申告は、会社が年末調整をしれくれない場合、自分ですべき手続きです。確定申告をする時に使う確定申告書Aでは、源泉徴収票を利用しますから、見方を知らないと自分が困ります。
源泉徴収票の見方がわかっていれば、還付金の額や、あとから払う税金の額など知ることができます。

そのまえに、そもそも源泉徴収とは何かをおさらいしておきましょう。
源泉徴収とはあらかじめ予想される税金を事業者が分割して毎月の給料から引いておくことです。このようなシステムが採用されているのは、税金を年度末に個別に一括徴収するには以下のような問題があるからです。

複数の企業で働く人には源泉徴収票の記載は複雑

1つの会社にずっと勤めている場合、それほど源泉徴収票は重要では無いかも知れません。

しかし、転職や副業などで複数の収入がある場合は手続き上かならず必要となってきます。複数の事業者から給与所得がある場合は、どこかの事業者でまとめて年末調整を行う事ができます。
たとえばAという会社に勤めていてBの会社に転職したなら、Aの会社から源泉徴収票をもらっておいてBの会社に渡すと、まとめて年末調整を行ってくれます。
ただし、会社が年末調整してくれない場合は、自身で確定申告しなければなりません。仮に源泉徴収票を渡されても、年末調整をしていなければ、個人で確定申告をする必要があるのです。

源泉徴収は個人と国の両方に利点がある制度

まず税金を一括に払うとなるとその額が多くなるので納税者の年度末の負担が大きくなります。次にそれぞれ個別の納税者が税金を納めると税務署などの公的機関の徴税の手間が増えてしまいます。
源泉徴収を行えば税金を分割して納める上に手続きは会社が一括して行うので、それらの問題両方を解決することができるわけです。

ただし、最終的な税金は年度末に決定されるので、最後に足りない分は追加徴収されたり払いすぎた分は還付金として戻ってきます。これを年末調整と言います。

源泉徴収票の見方を確認しよう

源泉徴収票の見方は、実際に自分が受け取らないとなかなか理解できないもの。しかし、ポイントをおさえて源泉徴収票の見方をチェックする事も出来ます。

基本的な4つの項目を理解!!

源泉徴収票の見方で必要なのは、以下の4項目を理解する事です。
ここでは初めての方でもイメージしやすいように、簡略化して説明します。

■①支払い金額■
会社があなたに支払った金額、つまり年収です。
社会保険料などを含めた"額面"の事ですね。

■②給与所得控除の金額■
所得税の対象になる金額。
支払金額から一定の差し引きがされています。

■③所得控除の額の合計額■
"人にまつわる控除額"と"保険料の金額"の合計。
給与所得控除後の金額から、所得控除の額の合計額を引いたものが課税所得です。

■④源泉徴収税額■
実際に収める所得税の金額。

簡略化して説明しましたが、源泉徴収票の見方は、これらの意味を分かっているかどうかがカギです。この4つの項目について分かれば、源泉徴収票の見方を一通り理解できますよ。

源泉徴収票の見方が分かれば"手取り"金額も分かる

ちなみに、源泉徴収票の見方が分かると、手取りも調べられます。

【手取り=支払金額-源泉徴収税額-社会保険料などの金額】

これは、記載される項目がありませんが、源泉徴収票の見方を知っていれば分かる一種のテクニックですね。

源泉徴収票から還付金額を計算しよう

源泉徴収票の記載項目はいろいろとあります。もちろん住所や氏名など個人を特定する部分があり、あとはいろいろな数字が書き込まれていることと思います。

大まかには源泉徴収票で特に重要なのは支払金額と源泉徴収税額です。支払金額は名前の通り1年間で給料で支払われた総額です。税金の計算はこれからいろいろな控除を差し引いた後に税率を掛け合わせた物となります。他の項目はこの控除の金額が中心となります。

税率は年収によって異なる

また、税率は年収によって異なり、それは調べてみないと分かりません。そのため、源泉徴収票の内容だけで自分で税金の額を計算するのは難しいのですが、それらを考慮して計算した税金の結果が源泉徴収税額です。これが実際に納める税金の額となります。

還付金が戻ってくるのは、この額が今までに払った源泉徴収の額よりも少ないときです。つまり月々天引きされている所得税額1年分の合計からこの源泉徴税額を引いたものが還付金となります。
逆に、源泉徴収税額のほうが多い場合は、その分の税金を納めなければなりません。

確定申告で還付金が戻ってくる場合もあるので源泉徴収票の見方を知ろう!

源泉徴収票の見方について、簡単にご紹介しましたが、見るべき項目は分かりましたか?毎年なにげなく受け取っている源泉徴収票ですが、見方がわかると還付金額や、そもそもの還付の有無など、自分の収入や税金についてより深く知ることができます。

収入が1つの事業者のみからという通常の会社員などでは、年末調整をしてもらえるし、それほど源泉徴収票は重要では無いかも知れません。
しかし、転職や副業などで複数の収入元がある場合、源泉徴収票は確定申告のために必須の書類です。還付金が返ってくることも多いので、時期が来たら忘れずに手続きを行うようにしましょう。確定申告をしないと損するのは自分です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム