2016年12月09日(金) 更新

源泉徴収票の発行にかかる期間について

源泉徴収票は自分の収入を証明する信用書類

源泉徴収票とは対象年の年収を証明する大切なものです。源泉徴収票の内容が自分自身の社会的信用の一部になっていることを理解しておいたほうがよいでしょう。源泉徴収票がある場合は様々な場面で自分の社会的信用を証明することができます。さて源泉徴収票は様々な場面で必要だと言いましたがどのような場面で必要になるのでしょうか?そして会社によっても源泉徴収票を発行する時期と期間が違ってきます。

源泉徴収票は社会的信用勝利としてローンの審査に活躍する

源泉徴収票はその年の自分の年収や納税額を一目見て分かることができます。そのためそれが社会的信用の証明となることも多くあります。例えば自動車ローンや住宅ローンを組むとき、クレジットカードを作る期間にも、源泉徴収票は必要です。そして転職や独立した直後の期間にも源泉徴収票が必要となります。

源泉徴収票の発行が必要な場合の一覧

さて上記にもあったようにこれらの項目になぜ源泉徴収票が必要なのかを説明していきます。源泉徴収票が必要になる状況を踏まえてご確認ください。

1.転職した際に新しい職場に前職場からの源泉徴収票が必要になる

転職した際に源泉徴収票が必要になるのは前職場での収入を知るためです。ほとんどの会社では年末に年末調整を行って払いすぎた分の税金の還付や足りない分の税金の徴収を行います。また一括してその人の確定申告まで会社でやるので、その年にもらった総収入額を知らなければなりませんし、これまでに払った税額も把握しなければなりません。

2.その年の途中まで会社勤めでその後独立して確定申告する場合

例えば6月で退社して独立などをすると1年の残り半分の収入を確定申告しなければなりません。確定申告をして残りの収入に対する所得税を国に収めなければいけません。その確定申告時に前職の源泉徴収票が必要になります。

3.クレジットカードを作る場合

クレジットカードなどを作るときも会社の源泉徴収票が必要になります。これは安定して収入があるという証明にもなるのです。

4.様々なローンを組む場合

車をローンで購入したり、家の購入に住宅ローンを組う際に源泉徴収票が必要になります。この場合も安定した収入があるということを証明するためです。

源泉徴収票の発行期間は年末になる

通常ならば会社から発行される源泉徴収票は年末に配られることが一般的です。なぜかと言うとその年の源泉徴収票の用紙は税務署から送られてくるのが秋以降になっているからです。ようするにその年の源泉徴収票の発行は原則秋以降の期間に集中した会社が多いということです。

転職すると前の職場の源泉徴収票の提出が必要

転職をすると前職場から源泉徴収票をもらって新しい現職場へ提出しなければなりません。新しい職場から源泉徴収票の提出を求められたときに前職場に連絡して速やかに源泉徴収票を貰い受けましょう。しかし源泉徴収票が発行される期間は会社によってまちまちです。連絡をして直ぐに源泉徴収票を発行してもらえれば良いのですが、年度末に一括して源泉徴収票を発行する会社の場合は現職場には理由を話して少し待ってもらうか、前職場に急いでもらうよう頼むしかありません。

源泉徴収票は会社によって発行される期間が違うため必要な状況に応じて早めに申請しておく

源泉徴収票は確かに会社によって発行される期間はまちまちですが一括して言えることは源泉徴収票の用紙が税務署から送られてくるのが秋くらいなので、秋以降で源泉徴収票が発行される事が多いようです。そして転職などで源泉徴収票が必要な期間にあるときは、転職をするということが自分で分かっているので、退職前の期間に会社に伝えてあるとスムーズに源泉徴収票を発行してもらえると思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム