2016年11月29日(火) 更新

言葉遣いを丁寧にするための敬語の使い方

敬語の種類には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」がある

ビジネスマナーの一つとして身に付けて置きたいのが正しい言葉遣いです。会社の印象を左右するのが社員の言葉遣いといっても過言ではなく、敬語の使い方を見に付けておく必要があります。覚えておきたい敬語の種類は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3通りです。

それぞれ敬語の種類によって使う場面や変化の仕方が異なる

1.尊敬語は相手の動作や状態などを高める言葉遣いです。
・言葉自体が変化するもの:「食べる→召し上がる」「言う→おっしゃる」「くれる→下さる」
・名詞の前に接頭語を付けるもの:「お仕事・ご連絡・貴社・御社」
・言葉に付けくわえるもの:「お帰りになる・ご覧になる
・お会いになる」
2.謙譲語は自分の動作や状態をへりくだって言う言葉遣いです。
・言葉自体が変化するもの:「見る→拝見する」「もらう→頂く」「言う→申し上げる」
・接頭語・接尾語を付けるもの:「拝見・拝受・弊社・拙宅」
・言葉に付けくわえるもの:「お持ちする・お気に召される・ご理解頂く」
3.丁寧語は言葉遣いを丁寧にするものです。
・「です・ます調」で話す
・名詞の前に「お」「ご」を付ける

敬語の使い方にはルールがある

日本社会では相手によって敬語を使い分けることが求められています。ビジネスマナーとしての言葉遣いには、一定のルールがあります。基本の考え方としては、「社内の人は身内である」というものです。取引先や顧客でなくても社外の人には自分の上司には敬語は使いません。以上を踏まえて、シーン別に敬語のルールを確認しておくと言葉遣いに困りません。

社外と社内でも敬語の言葉遣いは変わってくるので注意

・社外の人に対しては全て敬語を使うこと・社外の人と話す際には、自分の会社の人に関することは社長であっても敬語を使わず、名前も呼び捨てにする
・社内での言葉遣いは、上司や先輩に対しては敬語、同僚には丁寧語にする
・社内外では自分の家族や両親に対して敬語は使わない、「お父さん・お母さん」ではなく「父・母」と言うこと
・会話中に第三者として社外の人がでて来た場合、必ず敬語を使う

尊敬語と謙譲語を間違えると相手に不快感を抱かせる事に

可能性があるビジネスマナーとしての言葉遣いは非常に難しく、上司や先輩でも間違えることが多くあります。一番多いのが尊敬語と謙譲語を混同するというものです。取引先や顧客の中には言葉遣いが厳しい人もいて、ひとつ間違えるとそれだけで契約を切られてしまうこともあります。基本的に謙譲語は自分に対してのみに遣うと覚えておきましょう。

間違えやすい敬語の使い方を把握して丁寧な表現を目指そう

尊敬語と謙譲語は注意して言おうと思うと余計混乱して間違える可能性があります。以下の点に注意して話すと分かり易くなります。
・相手の動作や状態に関しては謙譲語は使わないこと
・社外の人に対して話す際に、社内の人に関しては全て敬語は使わない
・ひとつの表現の中での二重敬語を避けるまだ若いうちには、丁寧語をきちんと学ぶだけでもかなり好感度が上がります。間違った言葉遣いをして恥をかくよりも、基本の言葉遣いをしっかりと覚えましょう。

言葉遣いを丁寧にするためには場面ごとに合わせた敬語を把握する事が大切

敬語は毎日の生活で話す言葉遣いではないので、最初のうちは覚えるのが大変です。テレビやメディアでもあまり耳にしない表現が多く、やはり最初のうちはよく調べてから使う様にしましょう。正しい敬語が使えるようになれば、取引先や顧客と話すことに対しても自信が付きます。言葉遣いが丁寧な事が評価につながり堂々と仕事ができるようになり、それに見合った成果も期待出来る様になるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム