2018年01月05日(金) 更新

朝型にはない夜型人間の意外な特徴と”最大”のメリット

夜型の人の特徴やメリットって何!?

今回は、夜型人間のい特徴やメリットなどについて紹介していきますが、
何かと早型人間が良しとされる傾向がありますが、はたして、本当にそうなのでしょうか!?まずは、夜型人間の特徴やメリットに関してみていきましょう。

夜型人間はIQが高い傾向にある!!

まず、ここで紹介する夜型人間の特徴とメリットにですが、夜型人間は、IQ高い傾向にあるようです。
その理由として、ある研究グループの研究結果があるのですが、それによると…

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの研究グループが若い米国人を調べたところ、子どもの頃にIQが高かった人ほど、成長した後に、就寝時間が遅いことが分かったというデータが確認されたそうです。

夜型人間はクリエイティブな思考を生み出す

次に挙げる夜型人間の特徴とメリットは、夜型人間はクリエイティブな思考を生み出すというものです。
どういったことかと言いますと、夜型は""側面的な思考""ができるため、推論に長けているということ。また、この特徴はクリエイティブには重要な要素です。
夜にやると最も良いコードが書けるというプログラマーの言葉を紹介している記事もいくつかあるほどで、それは迷信などではないということです。
夜は邪魔されることが少なく、周囲も静かであるため、集中するにはもってこいの時間と言えます。なので、夜型人間の方が集中して自分と向き合える、またじっくりと考察ができる面で、クリエイティブな思考を生み出すと言われているようです。

真のソーシャルネットワークを作れるのが夜型人間

ここで、最も大事な能力を夜型人間は兼ね備えているうことを紹介しますが。それが 真のソーシャルネットワークを作れるのが夜型人間の特徴であるということです。
コミュニケーション能力において、朝よりも夜に軍配が上がることはどうしても否めないことです。
一般的にイベントといえば朝よりも夜に開催されることが多く、また、人がリラックスして集まるのも夜だjからです。 業界によってはコネクションが最も重要な要素である仕事も沢山あります。そのような場合はイベントで積極的に活動できる夜型の方が有利になるのは、目に見えて歴然です。

パフォーマンスのピークについて

上記では、夜型人間の特徴やメリットについて紹介しましたが、そのほかにも、身体的な能力に関しても触れておきたいと思います。その大事な一つが、パフォーマンスのピーク。つまり集中力です。
どうやら、朝型と夜型ではパフォーマンスのピークが違うとの研究結果があるそうです。どういうことなのでしょうか!?朝型と夜型のパフォーマンスの違いについてみていきましょう。

朝型と夜型では、それほど集中力が明確に違う

ここで、朝型と夜型のパフォーマンスの違いについての、裏付けとなるある研究チームの結果を紹介します。
加アルベルタ大学(University of Alberta)の研究チームでは、
朝型9名・夜型9名の計18名を対象に調査を行ったところ、朝型の人は一日中コンスタントに行動できるのに対して、夜型の人は夕方以降に威力を発揮することが明らかになったという実験結果になったようです。
つまり、朝型と夜型では、それほど集中力の違いがあるようです。

朝型にはない"脳力" が夜型人間にはある

朝型は朝に集中し、夜型は夜に集中するから結果は同じと思ってしまうが、そうではないという考え方も出てきているようです。
どういうことかと言いますと、朝型の生産性が高いの時間帯は午後3~4時頃までですが、一方、夜型は夜9時頃に運動皮質が活発のピークを迎え、その状態が翌日未明まで続いていくようですので、とうぜんその集中力のピークを維持している時間帯を考えてみると夜型の人の方が長い時間集中できると言ってもいいでしょう。

朝型の人、夜型の人どちらが優秀なのか!?

では。ビジネスにおいては朝型が優秀なのか夜型が優秀なのかどちらなのでしょうか?その答えが明らかになればライフスタイルをそれに合わせる必要があります。

早起きは三文の徳と言われているけど…

一昔の話では、早起きは三文の徳と言われ朝早起きして、仕事や学業などに打ち込んだ方が良しとされていましたが、それはあくまで、昔の話しで、またそれは電気が通ってなかった時の話だということを知っておきましょう。
現代のビジネスシーンでは、当然電気もあり、どの時間帯でも勉強や仕事はできる環境なはずです。そうなれば、が朝が早いからといって、「仕事ができる人は朝型が多い」というのは、安易な考え方です。
どちらが、良いのかというのか一概には言えないが、今の時代では、 朝に強い人は早起きして仕事をすればいいし、夜に強い人は夜やればいい。それだけのことなのです。

つまり、最高に集中できる時間をどう使うで決まる

正直な話、朝型や夜型でどちらが良いのかと決めるのではなく、集中できる時間帯は限られているんですから、その時間帯をどう使うで、仕事ができるかできないかは変わってきます。
仕事ができる人の大半は、「朝型」「夜型」と区別するより、一日のうちで集中する時間をどれだけ持てるかということを大事にしています。そういった集中できる時間をしっかりと把握できる時間はどこなのか、自分は朝型が適しているのか、それとも夜型人間なのか、しっかりと把握する自己分析が大切です。

夜型人間の特徴とメリットをおさえ自分は朝型人間、夜型人間かの把握がまずは大事

いかがでしたか!?
朝型の方がいいの!?夜型人間の特徴とメリットと題して紹介してきました。
朝型人間、夜型人間どちらが仕事ができるかについて考えてみましたが、最後の項で示した“自分の集中タイム”まずはこのタイムを知って、そのタイムに集中して仕事をするのがベストです。
血圧が低くてどうしても朝は弱い人はいます、それなのに朝型にチェンジして早朝から仕事をしても良い結果は得られないし効率も悪いでしょう。自分自身が朝型、夜型ではなくどの時間にパワーを発揮できるかを知る事です。

関連コラム

事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68