事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

転職の面接で退職理由を聞かれた際の答え方と例文

面接で転職・退職理由を聞かれるのはなぜ?

転職の面接では、退職理由を尋ねてくる面接官がほとんどで、100%と言っても過言ではないのです。彼らはどうして退職理由をそれほどまでに重要視するのでしょうか?
転職の面接で、面接官が退職理由を尋ねてくる意図を知っておけば、面接対策にもつながりますよね。ここで、しっかりと確認しておきましょう。

転職希望者が長く勤務してくれる人材かを見極めるため

面接官が転職理由を聞く訳、それは長く勤務してくれる人材かどうかを見極めるためです。退職理由を聞けば、自社でやりたい仕事との相違点があるかどうかを確認できますよね。
退職理由が自己理由によるものなのか、仕事の内容に原因があるのかをチェックできますので、入社後のミスマッチを防ぐことになるのです。

面接では退職理由をポジティブに言い換えるのが鉄則!

面接において重要なのは「ポジティブさ」です。仮に退職理由が「人間関係がうまくいかない」「給料が悪いから」といったネガティブなものであっても、言い方次第でポジティブになります。
どうしても不満を理由にしなければならない場合も、できるだけポジティブな表現に言い換えて、反省点と次の仕事への意気込みを付け加えるといいでしょう。

面接官は退職理由への「現在の考え方」を確認したい

面接官だって転職する人がみんな前向きな理由ばかりでないことぐらい理解しているものです。ですが、ここで退職理由を聞くのは、「今はどう思っているのか」を確認したいという点を理解してくださいね。
転職者がやりたい仕事と会社の今後の展望と業務内容が合っていて、退職理由を今後の自分の成長のステップアップとして捉えられているかどうかも、面接官が面接で知りたい内容です。しっかりと前を見据えて行動出来ていればマイナスに見られる心配はないでしょう。
では、最後に退職理由の例文を紹介します。例文があれば答え方の具体的なイメージが湧きますよね。ぜひ例文を参考にしてみてください。

面接での退職理由の答え方の例文を紹介!

転職での面接で、退職理由はポジティブに答えるには注意点があるのです。いくつかの点に気をつければ、面接官に好印象を与えられる答えを用意できるでしょう。ここでは、面接での答え方と例文を見ていきます。
ただし、例文はあくまで例文です。例文を参考にしながら自分の考えに則って考えてみてください。

退職理由例文①自分のやりたい仕事を目指して

文例:これまでは印刷会社でデザイナーとして従事しておりましたが、以前から関心のあったWeb業界にてデザイナーとしての経験を活かしたく、退職を決意致しました。時代の先端を進むWeb業界には以前から関心が高く、ダブルスクールでWebデザインの基礎を勉強し、知見を深めておりました。

退職理由例文②ノルマがきつく、精神的に疲れてしまった

文例:前職では興味のある分野で仕事をしておりましたが、ノルマがありました。興味のある分野でやりがいもあったのですが、私自身としては、数を売るのではなく、お客様に商品のファンになって購入頂くのが大切なのではないかと疑問を抱いておりました。それが理由で、自社ブランドを大切に育て、多くのお客様から支持されている御社への応募を決めました。

退職理由例文③入社前に聞いていた仕事内容と異なっていた

文例:営業事務職として入社したのですが、入社してみたら営業へと配属になっていました。入社前の業務内容への確認不足に反省しています。営業事務職を目指したい意向を上長へ相談しましたが、今の仕事を続けてほしいと話があったのですが、やはり営業事務職を目指したかったので、短期間ですが、思い切って退職を決意しました。

面接での退職理由は例文をヒントにポジティブな伝え方をしよう!

転職での面接対策として、必ず質問される「退職理由」は出来るだけポジティブに答えるようにしましょう。また、面接で退職理由を聞かれたら、今回紹介した答え方の例文を参考に、自分なりの答えを用意して面接に臨んでみてください。
確実に聞かれるということは対策がしやすいわけですよね。転職理由でマイナスポイントを得てしまうのは絶対に避けるべきですので、しっかりと対策をしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム