2017年10月27日(金) 更新

会社と企業の名称の違いについて

「会社」と「企業」には明確な違いがある

日本全国どこにいても、会社は目にすることになると思いますが、会社と企業の違いとはいったい何なのでしょうか。どちらも同じような意味合いで使ってはいるものの、どちらに明確な違いがあるのか、すんなり答えられないという方もいるのではないでしょうか。実際のところ会社と企業の違いはそれほど大きなものではなく、同じような意味合いで使われていることも珍しくありません。

「会社」は法に基づいて設立された法人で「企業」は営利を目的とした経済組織

会社と企業の違いについては、辞書で調べると明確な違いが出てきます。企業は営利を目的として、継続的に経済活動を営む組織体で、会社は会社法に基づいて設立された法人のことを指すとのことです。とはいえどちらにしても経済活動を行う点は共通しているので、どちらにしろ同じようなものとして使っている方も大勢いるようです。

法律的な違いでは「会社」を「企業」と呼べるが逆は分からない

会社と企業の違いは法律上の違いで見ると比較的わかりやすいです。企業は単純に生産やサービスなどの経済活動を行っていれば該当しますが、会社の場合はそれに加えて会社法に基づいて法人化して初めて会社として認められます。そのため会社が企業として扱われることはあっても、企業が会社とイコールというわけではないという分け方ができます。

法人化が会社と企業の違いのカギとなる

会社と企業を明確に分ける差は、法人化の違いにあるとされています。法人化されることで、株式会社や合同会社、合資会社に合名会社といった具合の名称が付きますが、個人商店などの場合は法人化されないことが多く、その場合は商店などの屋号をつけることになります。そのためおおざっぱに説明するときは企業、もう少し細かく分類分けするときには会社といった使い分けをするのが正しい使い方といえるかもしれません。

「会社」と「企業」を使い分けよう

会社と企業には法人化などの違いがありますが、会社と企業はどのように使い分けるべきなのでしょうか。法人化されていない商店などについて説明する際は、企業と使うのが良いでしょうが、会社について説明する際も企業とつけて説明することも珍しくありません。こういう場合はどの程度使い分けを気にするべきなのでしょうか。

前後の文章で会社と企業を使い分ける

会社と企業の使い分けはそれほど深刻に考えなくても、前後の言葉の違いで使い分けるくらいの感覚で問題ないでしょう。例えば会社勤めとは言っても、企業勤めとは言わないように、前後の文章で会社と企業を使い分けるべきかどうかを判断して使えば、特に大きな問題は起きないでしょう。とりあえず法人化されていない商店などと商談をする場合は、会社とは使わないようにしておきましょう。

会社と企業の違いは法人化にあるのを覚えておこう

会社と企業の定義は違いますが、どちらも気にせず利用されているケースも多いです。とはいえ、公的な文書の作成などでは、多少は気にしておきましょう。しいて言えば企業のほうが定義としては上のカテゴリーに当たるので、迷ったら企業にしておいて、状況に応じて会社に切り替えるといった使い方が、失礼に繋がりにくそうで良いかもしれません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム