2017年01月16日(月) 更新

簿記の資格は本当に役立つのか|知っておきたい仕事内容と将来性【就職先一覧あり】

簿記とは会社のお金に関する業務を請け負う仕事

簿記とは、会社の取引や経済状況の計算や整理などをすることです。どの会社であっても、簿記ができる人は必要であり、いない場合は外部に委託しているでしょう。経理業務には、会計知識や財務諸表を読み取れる知識と技術が必要です。お金に関する知識や把握がきちんとできる人は業種を問わず、必要とされる人材になるでしょう。

簿記が役立つ就職先は会計士や保険会社など幅広い

簿記の資格を取得した後の就職先は様々です。つまり必要としている業界は多いのです。以下が、主な就職先一覧です。

・会計士・税理士事務所
・保険会社
・証券会社
・コンサルティング会社
・不動産会社
・銀行
・百貨店
・一般企業

以上以外にも多くあり、非常に幅広い就職先だといえます。ただし、以上の業界に就職したとしても、経理に関する仕事を任せてもらえなければ意味がありません。資格を持っているということがプラスに働き、採用されたとしても、経理以外の業務を任されるケースはもちろんあるでしょう。ですので、資格を活かしたい場合は、経理を募集している企業を選ばなければなりません。

簿記が将来的に不要になる可能性は低い

世の中の経済がお金の取引で回っている以上、簿記が必要でなくなることはないでしょう。つまりいつの時代も必要とされているのです。中には、将来的には会計などはコンピューターがやってくれるから簿記は必要なくなる、という意見があります。しかし、コンピューターにデータを打ち込んだり、結果を読み取ったりするのは人間ですので、簿記ができる人間は結局必要になるでしょう。簿記の資格を持っている人は、時代を問わず仕事に役立ちます。

簿記の資格は会社の経理には欠かせない!就職先も幅広く将来性も高いので持っておくと良い

ここまで、簿記という資格は役立つのかについてみてきましたが、いかがでしたか。簿記は、会社の経理を任される仕事に非常に役立つ資格です。簿記の資格単体では独立ができるわけではありませんが、ほぼすべての会社に必要な部門になりますので、必要性と将来性は高いといえるでしょう。日商簿記の1級ともなると、取得者も少なく重宝される資格となりますので、難しいですが挑戦してみると良いです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム