2017年01月16日(月) 更新

相手が喜ぶ寄せ書きに!色紙以外のアイデアの考え方

どのようなアイテムに寄せ書きをするかのアイデアが重要

お祝やお別れの時に渡す仲間や友人などからのプレゼントとして、寄せ書きがありますよね。この習慣は珍しくはありませんが、ネタに特化したものや、手作りのものなどパターン化しているので、寄せ書きのアイデアには苦労するでしょう。
寄せ書きをする際に考えるべきアイデアのひとつとして「どのようなアイテムに寄せ書きをするか?」という部分があります。すなわち、色紙に書くのか、色紙以外にするか、手作りにするのかです。別の物、つまりアイテムに工夫するアイデアが必要になります。

寄せ書き内容から手作りなど媒体のアイデアを考える

「寄せ書きをどのような物に書くか?」と言っても、アイテムはかなり限定されて来ると思う方もいるでしょう。しかし、寄せ書きをプレゼントとして受け取る相手次第で、寄せ書きを書くアイテムのアイデアは無限大なのです!
例えば、ぬいぐるみが好きな人だったら、色紙以外にも寄せ書きをぬいぐるみに書くことも考えられます。人情を大事にする人でしたら、何か手作りのプレゼントに寄書きするのがよいでしょう。

寄せ書きのアイデアは相手が喜ぶかどうかが重要!

寄せ書きを考える際には「相手が喜ぶ物」という観点から考えていけば、様々なアイデアに行き着きます。
例えば、これからは風邪を引かないように身体を大切に、と言う気持ちで、マスクに寄せ書きをすると言うアイデア。お酒が好きな相手であれば色紙以外にも、グラスに寄せ書きをするというアイデアもいいでしょう。
思いを伝えるには手作りがよいのではないか、など相手を考えればこそのアイデアが見えてくるのです。

相手の趣味・趣向にあわせたアイテムに寄せ書きをすれば間違いない

寄せ書きのアイデアは、そうは簡単に思い浮かばないと言えそうですが、寄せ書きを贈る相手が喜ぶ物という点に考えを寄せると、意外と簡単に見つかるかも知れません。やはり、一番は相手の趣味・趣向に合わせたアイテムに寄せ書きをしてプレゼントすることです。

例えば、寄せ書きを贈る相手が熱狂的なサッカーフリークの場合、色紙以外にサッカーボールに寄せ書きを書くというアイデアが浮かぶでしょう。野球のボールよりも大きいので、サッカーボールは寄せ書き向きですよね?手芸が好きな人なら、手作りのぬいぐるみなどへ寄せ書きするのも良いですよね!このように、相手の趣味などから考えるのが最も有効な手段と言えます。

文章の工夫も寄せ書きでの力の見せ所!

「何に寄せ書きをするか」というのも大切ですが、同時に重要視したいのは贈られる相手が喜ぶ内容の文章にする点。これには、さまざまな文章のアイデアが浮かぶでしょう。
例えば、尻取りゲームのように、前の人の最後の文字を引き継いで次の人が書くのも面白いですよね。これは、贈られた人にとって貴重なプレゼントになるでしょう。思いを込めつつ、手作り感・アイデア感を残すのがコツです。

寄せ書の文章では相手の気持ちを尊重した内容にする必要がある

寄せ書きのアイデアで大切になるのは、相手の気持ちを尊重することでしょう。
例えば定年退職の上司、栄転する同僚、スポーツの国際大会に出場する人、海外永住をする人など、寄せ書きを贈る相手はさまざまです。したがって、寄せ書きのアイデアは贈られる人の気持ちを尊重する姿勢が大切になります。手作りにすると、かかった手間を感じてもらえるでしょう。中には自己主張型の寄せ書きをする人がいるようですが、その場合でも相手の気持ちを考えるようにしたいものです。

寄せ書きのアイデアは無限大!色紙以外のアイテムでも相手の喜ぶモノをプレゼントしよう

寄せ書きのアイデアは、それを贈られる人の立場と、気持ちを考える必要があります。
すなわち、寄せ書きのアイデアとして重要視したいのは、贈られた人が喜ぶようなアイテムと文章です。送られた人が、その寄せ書きを見て嬉しくなる、あるいは懐かしくなるような要素が詰まってるといいですね。
その点を考えれば、それぞれの立場で自ずと印象に残る寄せ書きのアイデアが浮かぶのではないでしょうか。色紙以外でも全然問題はありませんし、すべて手作りにするのも一つの手です。思いがこもった手作りなら、貰った相手も嬉しいでしょう。

関連コラム