2016年11月29日(火) 更新

既婚者の飲み会における平均的な帰宅時間とは

既婚者は飲み会の帰宅時間を終電に合わせるケースが多い

既婚者であっても会社勤めのなら、人仕事の関係や同僚・上司とのお付き合いでしばしば飲み会に行きます。飲み会はOLとして働いている妻にもあります。この場合、夫も妻も子供が居ない場合は羽目を外して遅くまで飲んでいて終電に乗り遅れたりもするでしょう。と思いきや、巷の声を聞きますと、意外にも大半の人は、帰宅時間を気にして終電前には飲み会を去っているようです。つまり午前様になる人は例外的存在のようです。

既婚者は帰宅時間になると自宅に連絡を入れる

既婚者は飲み会に行って、飲み会を切り上げて帰宅時間になると、携帯電話で自宅に連絡を入れる人が多いようです。これは今では携帯電話が当たり前になっていますが、帰宅時間に自宅に連絡をするのは良い心がけでしょう。連絡があれば家にいるパートナーは安心します。これは夫でも妻でも同じようで、これなら既婚者が飲み会に行くのが理由で家庭不和にはならないでしょう。

既婚者の帰宅時間は大体23時頃

既婚者が飲み会に行った夜、何時頃には帰宅しているのかをいろいろな声を聞くと、多くは夜11時頃が平均的な帰宅時間のようです。つまり多くの既婚者は飲み会に行っても適度に切り上げて終電より前に帰宅しているのです。夜の11時頃には家にいれば明日の朝起きるのもきつくは無いでしょう。

既婚者の中には飲み会で朝帰りするケースも

既婚者で飲み会に行って自宅に連絡をしないでそのまま夜中になり、翌朝の一番電車で帰宅するとか、深夜にタクシーで帰宅する人もいるようです。このような例はいつの時代にもあることですから格別珍しくはないのですが、できればこのような飲み会への生き方は慎んだほうがいいのではないでしょうか。余計なお節介ですが、このようなことが続くと健康にも良くありません。

既婚者の飲み会は会費制で出費を抑える場合が多い

既婚者が飲み会に行く時に一体どれくらいのお金を使うのかという質問にはっきりした数字の答えは出ないようです。その理由は飲み会の性質で使うお金の額がまちまちだからです。つまり会社のコンパであれば会費制が多いのでそれほどの金額にはならないでしょう。しかし、同僚たちとの飲み会や学校時代の友人たちとの飲み会となると、二次会、三次会ということもあります。そうなるとかなりの出費になりそうです。

既婚者が飲み会で注意すべきは自宅への帰宅時間

既婚者が飲み会に行く時に注意したいことは何かを考えますと、第一は飲み会から自宅への帰宅時間でしょう。飲み会は悪酔いしない程度にして、できれば夜11時頃には自宅にいるという程度がいいのではないでしょうか。事実11時には帰宅しているという巷の声が多いようです。

既婚者は飲み会でお金を使いすぎないよう気をつける

次にお金を使い過ぎない点に注意しましょう。酒で身を滅ぼすような事態は避けたいですね。そして夫も妻も既婚者は飲み会に行ったら適宜連絡を取り合うようにするのが例え夫婦間にも必要なマナーではないでしょうか。

既婚者は飲み会では帰宅時間に気を使い終電前に帰ることが夫婦円満の秘訣

既婚者が飲み会に行く時の帰宅時間について巷の声に耳を傾けると、多くの場合、夜の11時頃には帰宅しているようです。つまり終電飲み会前には既婚者は飲み会から帰宅しています。さらに帰宅前に家へ携帯で連絡をする人も多いようです。つまりは、既婚者が飲み会で羽目を外すようなケースはほとんどないといえます。この傾向は健康のためにも良いことです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム