2016年11月29日(火) 更新

健康診断書の発行日数の違いについて

健康診断書の発行日数は病院によって異なる

健康診断を受けたら健康診断書を発行してもらうものです。ここまでがいわばワンセットのようなものですが、どれくらいの発行日数がかかるものなのか。出来ればすぐにでももらいたいと思っている人も多いと思いますが、これに関しては極論すれば「病院次第」になります。健康診断そのものはどこで受診しても同じですが、健康診断書の発行日数は別々です。

法律で健康診断書の発行日数は決まりがない

なぜ健康診断書の発行日数に違いがあるのかと言えば、法律的な観点ではなく、病院次第ということなのです。法律によって発行日数が定められているものでもありません。病院の都合や方針によってこの発行日数が決められているのです。

発行日数を基準として健康診断場所を選ぶのも一つの手

会社員のように会社が健康診断を用意してくれている所であれば選択肢はありませんが、自分で診断場所を決めるのであれば、この点を判断基準に入れてみるのも手です。健康診断そのものはどこで受けても同じものなのですから、近いからとかすぐに予約を取れたといった事だけではなく、健康診断書をどのくらいで出してもらえるのかも判断材料にすると良いでしょう。

即日発行の所も増えている

発行日数は別々ではありますが、近年では即日発行してくれる所も増えています。健康診断を受けたその日のうちに健康診断書を発行してくれる事ですが、何日も待つよりもすぐにもらえた方が健康診断そのものを終わらせる事が出来ます。健康診断書をいつもらえるのかヤキモキするよりも、すぐにもらって問題を終了させる事が出来ます。

健康診断書の発行は後からでも出来る

健康診断書はその場で発行してもらえる即日発行が増えてきていますが、後で必要になった場合には、わざわざ健康診断を受け直すのではなく、健康診断を受けた所に申請すれば健康診断書をもらう事が出来ます。健康診断書を受け取るためにわざわざ健康診断を受けていたらさすがに時間がいくらあっても足りませんので、これも覚えておきましょう。

就職や転職活動で発行が必要になった場合も申請しよう

健康診断書は就職活動や転職活動の際に必要になるケースもあります。ですがしっかり受けているのであれば、健康診断を受けた所に申請すれば良いのです。会社員が転職活動をするのであれば、会社に健康診断書を依頼すれば良いのです。その場合、日数がかかるケースもあるのですが、わざわざ健康診断を受診するよりは手間はかかりません。

健康診断書の発行日数は病院によって異なるが即日渡してくれる場合もある

このように、健康診断書を発行してもらう日数は別々になりますので、健康診断を受ける場合にはその点も判断材料にすべきなのです。そこまで急ぎではない場合、健康診断書の発行に多少日数がかかっても問題ないかと思いますが、それこそすぐにでも健康診断書を必要とするのであれば、即日発行してくれる所で健康診断を受診した方が良いでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム