2016年11月29日(火) 更新

固定給とは?給与の利点と歩合給との違いについて

給与には歩合給・完全歩合給・固定給などいつかの種類がある

給与というのは、一つではなくいくつかの種類があります。歩合給、完全歩合給、固定給などです。中でもポピュラーなのが固定給なのですが、この固定給とはどういったものであるのか、具体的に理解ができていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。給与に関する基本的であり、且つ大事な部分になりますから、その固定給とは何かというところに焦点をあてて、説明をしていきたいと思っています。

一般的な固定給とは毎月決められた給与のこと

固定給とは、毎月決められた金額の給与の事です。定期的に昇給などはある事かと思いますが、基本的には固定給は変動がなく一定です。なので安心感や安定感がある給与の形だと言えるでしょう。多くのサラリーマンがこの固定給を貰っているので、一番馴染みが深いと考える事ができます。まずはこの知識を大前提として覚えておきましょう。

歩合給とは売り上げや成績に応じて変動する給与のこと

固定給とは一定金額の給与という事を述べました。それで固定給とはどういったものであるのかはわかって頂けたのではないでしょうか。これからはその他の給与の形である歩合給などと比較をしていきたいと思います。歩合給というのは、その人の売り上げだったり成績に応じて変動する給与です。会社ごとに違いはあるものの、例えば営業などで売り上げ額の10%が歩合給として、固定給にあわせて支給がされる、または固定給はなしで歩合給のみ、売り上げが良ければ高額の給料で、悪ければ給料が低い、そういったケースもあるのです。

固定給と合わさるなど給与形態にも様々ある

一般的な認知度としてはやはり固定給が一番だと思いますが、このように固定給プラス歩合給であったり、固定給なしで歩合給のみであったり、その給与体系は様々であるという事を是非とも覚えておくようにしましょう。

固定給とは生活が安定できて給与の計算がしやすいメリットがある

固定給とは毎月決められた給与のことで、他の給与の種類と比較をしてみる事で、固定給のメリットとデメリットが見えてきます。固定給とは一定額の給与が保障されていますから、生活は安定します。まずはそれが大きなメリットです。また貯金などをしたいという時にも、いつまでにいくらの給与が入るのかが計算しやすいので、計画が建てやすいというメリットもあります。

固定給しか貰えないのでモチベーションが下がるデメリットもある

しかし、会社に売り上げ面などで非常に貢献しているのに、固定給しか貰えないというのはデメリットになります。固定給とはそういった営業などでの頑張りは反映されませんから、やり甲斐がないと感じモチベーションが下がる要因にもなってしまいます。自分の成績に自信があるという場合には、固定給ではなくやればやった分お金で還元される、歩合給のあるところの方が良いと感じる方が多いのも事実です。そのあたりの事はしっかりと考慮してみましょう。

歩合給は変動するが固定給とは決まった給与が貰えるので安定した生活が送れる

固定給とは、最もポピュラーで認知度の高い給与の形かと思います。毎月一定金額が支払われるので、安定感と安心感は抜群です。しかし頑張りが給与に反映されないため、自分の成績に自信があるという方は、結果に応じてお金で還元される歩合給などがある会社の方がやり甲斐はあると言えるでしょう。固定給とはメリットもありつつ、頑張りが反映されないというデメリットもあるものだと覚えておいてください。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム