2016年11月29日(火) 更新

業務計画書の書き方における3つのポイント

業務計画書の書き方のポイント①:パターンを把握する

業務計画書の書き方には、さまざまなパターンが存在しているということを知る必要があります。業務計画書を複数のパターン作って、その中からどれが見やすいか、シンプルなのかなどを見ていきます。業務計画書の種類によっては、これなら見やすいとか、これは少し見にくいなどがあるからです。その他のポイントについて分かりやすく解説をしています。

業務計画書のパターンを作ってポイントを分かりやすくする

業務計画書は、上手に書くために様々なパターンのものを作ることがとても大切です。業務計画書は、業務を効率的に行うために必要不可欠なものと言えます。様々なパターンのものを作っておくことで、分かりやすく見やすいものを選び、必要な事柄をしっかりとまとめることができるようになります。業務計画書の書き方には、この様々なパターンを作るのがポイントです。

業務計画書の書き方のポイント②:入金の管理

業務計画書を書く時には書き方のポイントをしっかりと抑えておくことが大切です。例えば、毎日行う入出金の確認などは、見落としてしまうことも少なくありません。どれからしっかりと行うのが効率的なのかが業務計画書を書くことで分かりやすくなります。業務の計画書は、書くことがたくさんありますが、どれかポイントを抑えて重要な事柄を記載するようにすることが大切です。

業務計画書に記載する入出金の管理は多岐にわたる

業務計画書に記載する入金の事柄は非常にたくさんあります。入出金の管理や手形の決済日の確認や運転資金の手当、当座残高の確認の管理などもそうですし、生産計画、在庫管理など非常に様々な事柄が挙げられます。このあたりは、業務を行う上でとても大切なことと言えるので、しっかりと業務計画書に記載をしておくことが肝心です。

業務計画書の書き方のポイント③:商品の事柄も記載する

業務計画書には、主に重要度の高い事柄を記載していきます。その中でも、商品についての事柄も非常に重要度が高めと言えます。業務計画書は長期的な事柄を記載する必要はありませんが、商品についてなど細かく記載をすることは業務を効率的に行うためにとても大切です。商品についてどのようにして事柄の書き方をする必要があるのかなどについてわかり易く解説をしています。

業務計画書には商品の納品日も記載する

業務計画書の書き方として、商品の納品日についてなどの事柄が挙げられます。商品についての事柄も分かりやすく記載をしておくとこの業務計画書を見ることでどういうものなのかなどが分かり便利と言えます。商品によって、納品日などは大きく異なっているのでこうした細かい点を業務計画書に記載すると分かりやすくておすすめです。

業務計画書の書き方は入金管理や商品など重要度の高い事柄を書くようにするのがポイント

業務計画書の書き方のポイントなのですが、重要度の高い事柄を記載してポイントを抑えるということが大切です。業務計画書は業務を効率的に行うための計画が書かれているものなので書き方も分かりやすく、シンプルにするのがおすすめと言えます。また、業務計画書も様々なパターンを作っておくとどれが見やすくて分かりやすいかなどを知ることができるので便利です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム