2016年11月29日(火) 更新

転職失敗の原因と会社を辞めたくなったときに考えること

転職失敗と思う原因

最近では新卒で入った会社を数年で辞め、転職活動をするケースが増えてきています。転職希望者は年々増加しており、最初に入った会社で定年まで働こうという考えの人が減少しているからです。
会社を辞めて転職活動をするには大変な労力を必要とします。しかし、転職に成功し、やっとの思いで次の会社に受かったものの、働いていくうちに違和感を覚えてしまうケースもあるかもしれません。日本には中小企業を合わせて421万もの会社が存在します。人によっては「この転職、失敗だったかも…」と後悔してしまうこともあります。

転職失敗の3大原因は「社風に合わない・仕事がつらい・待遇が悪い」

転職に失敗したと感じるは人それぞれであり、主な原因としては「社風が肌に合わない」「仕事がつらい」「給与などの待遇面」の3つに集約されます。
1つ目の「社風と肌が合わない」については、実際に会社に入ってみたものの、社風や人間関係が自分に合わない状況です。2つ目の「仕事がつらい」は入社前に予想していた仕事内容よりもきつかった、残業時間が多く休日出勤ばかりさせられている、などが当てはまります。3つ目の「待遇が悪い」は入社前に提示された給与よりも実際は低かったりした場合などです。ここからは上記の3つの原因について考察していきます。

転職失敗と思う原因①:会社に馴染めない

転職失敗の原因の1つが、入社後に会社で感じたギャップです。新しい会社に期待して入ったのに、実際は不満だらけになってしまった、というもの。その最たる例が人間関係の悪化です。

人間関係で苦しむことが多い

転職後の新しい職場環境に馴染むのは、そう簡単ではありません。会社にはいろんな考えを持った人がいますから、気が合わないなどのすれ違いがおこるでしょう。最初はちょっとしたいざこざでも、後々大きな溝になっていくかもしれません。会社での先輩や同僚との人間関係に疲れてしまうのは、転職失敗したといっても過言ではない原因の1つです。

ワンマン上司のやり方についていけない

人間関係の問題で最も深刻なのは、上司との関係です。人間関係に不満を感じている人のほとんどが、上司との軋轢を原因に挙げています。仕事においては上司を選ぶことはできないからです。周囲を顧みないワンマン上司などに当たったときは最悪です。仕事上の改善を提案しても、受け入れてくれない上司のもとで働き続けることで、次第に疲れていき転職を考える人もいます。

社風が肌に合わない

社風とは会社の人々に共有される、行動理念の様式です。会社を表す鏡といってもよいこの社風は、会社によってさまざまです。体育会系だったり、古いしきたりを重んじる文化であったりもします。そんな社風ですが、転職後に自分に合わない場合があります。例えば、年功序列が嫌でベンチャー企業に入ったのに、実際は他と変わらない年功序列の環境だったりした場合など、転職後に感じるギャップに失敗したと感じる人も大勢いるでしょう。

転職失敗と思う原因②:仕事内容がつらい

転職を失敗したと感じる原因の2つ目は仕事内容がつらいという点です。転職してあこがれの異業種に入れたとしても、想像していた以上の仕事のつらさに失敗したと感じること場面があります。一度つらいと感じてしまうと、出勤する意欲がなくなり、退職したいと考えてしまいます。

仕事量が多すぎてつらい

「転職前にイメージしていたよりも圧倒的に仕事量が多い…」転職後に仕事をしてみて、このような経験をした人も多いでしょう。面接時に想像していた以上の仕事量に、転職失敗したと感じることも少なくありません。仕事量が多すぎる場合は、無理だと感じたらすべてを1人でこなそうとせず、上司やリーダーに相談すべきですが、先の項で述べたように、人間関係に問題を抱えている場合はそういうわけにもいきません。毎日の仕事に追われ、残業が続きでストレスを溜め込んでしまい、体調が悪化して退職の原因になってしまいます。

面接で実力以上のアピールをしてしまった

同じ業種への転職ならまだしも、異業種へ転職した場合、会社の環境だけでなく仕事内容も大幅に変わってしまいます。もし、転職を有利にするために嘘のアピールをしてしまっていたなら、入社後に大変苦労するでしょう。周りに知り合いがいない環境で、未知の業務にあたることは想像以上に難しく、不安が付きまといます。ちょっとしたミスを引きずってしまい、大きな失敗に繋がることも少なくありません。

転職前の企業よりも休みが少なくなってしまった

求人情報では年休120日以上になっていたのに、転職すると事実と違っていたというケースもあります。面接時に提示した休日数が実は嘘だった、という会社も少なからずあるようです。環境を良くするために転職したのに、前より休日が少なくなってしまったのでは本末転倒です。想定していたライフスタイルを送れず、転職に失敗したと思う大きな原因になってしまいます。これらが仕事内容における、転職失敗の原因です。

転職失敗と思う原因③:給与など待遇面が話と違っていた

転職に失敗したと思う原因で、日々の生活に直結するのが給与など待遇面の問題です。会社によっては求人情報や面接で話した内容と、入社後の待遇が違う場合があります。実は残業代やボーナスが出ない場合もあるかもしれ。

給与が面接時の提示額より大幅に少ない

転職したものの、給与の支給額が面接時に提示されたものより少ないというケースもあります。試用期間中は基本給が下がる会社もありますが、悪質な場合は因縁をつけて、試用期間の安い給料で雇い続ける会社もあります。また、残業代などの各種手当を支給しない会社も多く、転職前に想定していた給与より大幅に少なくなってしまう場合もあります。

希望とは違う部署だった

せっかくの思いで転職したのに、希望とは違う部署に配属されてしまったというケースもあります。会社に悪意はなく、純粋にキャリアを見込まれて別の部署の方が活躍できると判断された可能性もありますが、本人にとっては迷惑な話です。自分のしたくない仕事をするくらいなら、また転職しようという考えに至っても仕方がありません。

転職失敗だと思ったらデメリットを考える

これまでは転職失敗を感じる3つの原因について説明しました。上記の原因に当てはまる内容があったなら、今の仕事を辞めて再転職を考える必要があるかもしれません。ここからは、転職に失敗した原因を考え、次にどのような行動を起こすべきかについて考えていきます。

転職に失敗した理由を考える

転職に失敗したと思い、毎日会社に行くのがつらいという状況が続いているなら、そうなった原因を考えましょう。

・転職前に会社への下調べが足りなかった
・貯金がなく目先のお金のために転職した
・前の会社が嫌で逃げ出したかった

など、その場しのぎの考えから転職を急いでしまったからではないでしょうか?転職活動には希望する会社の確かな情報が必要です。社風や労働環境など、入ってみないとわからない点もありますが、事前に情報を集めることは重要です。また、前の会社が嫌でどこでもよいから転職したかったという場合は、短絡的だったといえます。

転職後すぐに会社を辞めてもデメリットがある

転職に失敗したと思ったら、次に起こす行動は会社を辞めて再び転職活動に身を投じるか、会社での不満点を上司に相談するかの2択です。もし、会社を辞めて再転職を考える場合は、それ相応のリスクが伴うことも知っておきましょう。
転職後すぐに会社を辞めれば職歴の空白期間ができてしまいます。さらに、転職回数を無駄に増やせば職務経歴に傷がつき、採用する会社側にとっては大きなリスクになるのです。それでも、会社が原因でどうしてもつらいという場合は、辞めてしまうのも1つの方法になります。苦しむあまり、うつ病などの発症の原因になるからです。

問題点の改善を会社に相談する

転職失敗について、いつまでも塞ぎ込んでいるわけにもいきません。自分の中で失敗した原因を改善できないか考える必要があります。仕事内容や勤務時間が問題なら、会社の上司に相談するのもよいでしょう。あまり面と向かって辞めたいというのは推奨できませんが、仕事内容の改善をお願いするのは大切です。理解ある上司なら配置換えや労働時間短縮など、状況が改善されるかもしれませんし、そうでなくても何かしら良い方向に向かうかもしれません。

転職失敗と感じたら会社を辞める前に原因を改善できるか考えてみる

転職に失敗したと思う原因について説明してきました。その条件は【社風が合わない】【仕事がきつい】【待遇面】の3つが大きな原因を占めています。とくに人間関係の問題は深刻です。親身になって相談に乗ってくれる同僚や上司がいなければ、仕事上の問題や不満点の相談もできません。また、給与など待遇面の問題は生活に直結するため、深刻だといえます。これらの転職に関わる問題は、事前に察知できなかった自分の責任でもあります。
しかし、転職後すぐに辞めてしまうと再転職が難しくなるため、ある程度慎重になる必要があります。転職に失敗した原因を突き止め、解決に向かわせねばなりません。もし、可能なら会社の上司などに相談し、自分が転職に失敗した原因の解決を目指すのが一番です。転職で失敗したと感じても、悲観ばかりせずに改善のための一歩を踏み出しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム