2017年01月16日(月) 更新

管理職に必要となる資格について

管理職がとるべき資格は多い

管理職という立場を考えた場合、さまざまな能力を発揮していく必要があります。単純に考えた場合、管理職には何らかの資格がなければなる事ができないわけではないでしょう。社内規定により、必要な資格を取得しなければ、管理職になれない事はあります。こうした事例は別としても、資質が重要なのであり、資格が必要というわけではありません。しかし、能力を発揮するという事から見れば、資格取得から得られる事は山ほどある事も確かです。

資格をとることで必要なスキルも同時に得る結果に

管理職として、強みを生かしていくという事も必要でしょう。多くの能力を発揮する必要がある立場ですので、自分を磨いていかなければいけません。それは、職務の中で磨くものではなく、自己啓発であり自己研鑽であるという事を認識する必要があります。資格を考えるのであれば、専門知識を深め、管理職としての強みをさらに強化する事を考えなければいけないでしょう。

ビジネスマネージャーは管理職に求められる知識が得られる

世の中には、国家資格だけではなく公民含め本当に多くの資格が存在します。その中で、管理職というマネージメントをつかさどる事を考えれば、ビジネスマネージャー検定試験というものがあるのです。管理職としての土台作りを基本としている検定であり、初級管理職として考えれば、こうした資格の取得を考えるのは、かなり有効といえるでしょう。

IT系管理職の資格ならプロジェクトマネージャ

管理職として、IT系のプロジェクトを統括している立場であれば、プロジェクトマネージャ試験はかなり有効な資格として考える事ができます。単に能力をつけるというだけではなく、プロジェクトを管理するために、どんな知識を持たなければいけないのか、その発想の根幹とする事ができるからです。業務をスパイラルとして考えるためにも、取得を目指すべきでしょう。

管理職として人材育成を考えた資格である産業カウンセラー

高度な管理を考えるのであれば、人材管理という事を考え、産業カウンセラーの取得も視野に入れるべきです。心の問題にまで解決する事を考える資格であり、管理職として組織が抱えてしまう問題に対して向き合う事ができるようになる資格といえるしょう。難易度はかなり高く、取得までの時間もかかるため、腰を据えて考えていくべき資格ともいえます。

高度な管理職として国家資格である中小企業診断士

管理職としてさらなる状況を見出すのであれば、中小企業診断士もあります。コンサルタント資格として、唯一の国家資格であり、難易度は非常に高く、長い時間をかけなければいけません。経営者レベルの視点も持つ事になるため、価値は非常に高いものだといえるでしょう。範囲が管理だけではなく広大になるため、初級管理職には必要はないレベルですし、この資格だけで独立する事もできるため、会社として取得させる資格とは異なる次元といえるのです。

資格を取得すると管理職として必要な人材管理系のスキルを学べる

管理職になるには、資格が必要となるわけではありません。しかし、多くの能力を発揮しなければいけない立場という事を考えれば、資格取得から得られる事は非常に多いともいえるでしょう。その中で、ビジネスマネージャー検定試験やIT系のプロジェクトマネージャ試験は、かなり有効なものとなります。そのほかにも、人材育成としての産業カウンセラーや高度なレベルの中小企業診断士試験もありますが、管理職として本当に必要なレベルで取得するべき資格ともいえるでしょう。

関連コラム