2017年01月16日(月) 更新

維持費はいくら?トヨタの高級車ハリアー購入前の心得

新入社員が欲しがるハリアーにかかる費用とは?

若い層に大人気のハリアーは、その洗練されたボディに相応の金額の高級車です。SUVに、ラグジュアリーな内装と装備を加え、プレミアムカーへと発展させており、その大きな人気と期待から今なお進化を続けているラグジュアリーSUVです。

この新入社員が欲しがるハリアーにかかる費用は、いったいどれくらいかかるのでしょうか。見ていきたいと思います。

新型ハリアーのメーカー小売価格:およそ460万円

新車のおすすめグレード「ハイブリッド仕様」のハリアーは、希望小売価格でおよそ460万円もの費用がかかります。もちろん、これに加えて維持費用も新入社員には相当きつい負担がかかってきます。

ローンを組んだとしても、新入社員の年収からすると相当きつい負担となりそうです。

ハリアー維持費用は?年間でおよそ50万円

独自調べにはなりますが、高級車ハリアーにかかる年間維持費用を計算してみましたので、紹介します。

ハリアー年間維持費例
・ガソリン代:10万円前後
・自動車保険:3〜10万円
・車検費用:5〜10万円
・自動車税:5〜8万円
・駐車場代:1〜5万円
・その他(オイル・タイヤ交換など):10万円以上
合計額約:50万円

車の等級により車税が違ったり、住んでいる土地によって駐車場の値段が違ったり、加入する車検のプランによっても値段は人によって少し差があります。
参考程度にご覧ください。

ハリアー購入を検討する新入社員の考え方とは?

意外にもこの高級車、新入社員であっても、購入に踏み切ろうとしている人が多く、ローン返済や維持費を真剣に考え、年収から計画的に高級車である、ハリアーを買うことを真剣に考えている人も少なくはないようです。

年収が低くても、実家・駐車場無料と貯金で費用をまかなう

就職が決まり、車通勤の新入社員も当然ながらいます。しかし、中には食費・駐車場代が一切かからない環境、つまりは実家暮らしの新入社員も多く、そういった人たちは生活費に費用を割く必要はありません。

そのため、新入社員といえども高級車のハリアーを買うことを検討しているという人は意外と存在しています。

こういった恵まれた環境をうまく利用して、高級車のハリアーを買うことを考えている新入社員は、当然ながら初期費用や維持費のためにも、あらかじめかかる費用分を、貯金しているパターンが多いようです。

中には、年収の8割以上をハリアーの維持費に回そうと考えている新入社員もいるのだとか。

維持費のためには「何を犠牲にしてでも」というタフネスが必要

高級車であるハリアーに一目ぼれしてしまい、なんとしてでも、ハリアーを買うと考える新入社員もいるようです。
職場や友人、家族などの周囲から「生意気だ」「まだ早いよ」などといわれても、めげずにハリアーを買うことをあきらめないタフな人たちですね。

実際、若い年代から高い人気を誇る高級車のハリアーなのですから、どれだけ生活が厳しくなっても、ローンや維持費が掛かっても、年収の多くの部分を購入費にまわして、ハリアーを買うと考える新入社員には、脱帽の念を超えて尊敬すらも抱いてしまいます。

ローンや維持費用の負担を上回る強い意志がある

5年ローンでボーナスは確実に残らない。普段から自炊して食費を抑える。当然飲み会などには参加しない。高級車ハリアーひとつのためにそこまで徹底している新入社員の人も中にはいます。

そういった人たちは「どうせボーナスなんて無駄に消えていくのだから」「飲み代に使うよりもよっぽど有益なお金の使い方!」などの割り切った考え方を持っています。

ハリアーを買うと決めたら、やはりこういった確固たる信念が必要…という事なのでしょうか。

一般的な新卒の平均月収である手取り17万円でハリアー購入を考える新入社員とは

手取り17万円で、高級車のハリアーを買うことを考えている人も実際にいます。そういった新入社員たちの声を聞いてみましょう。

実際にハリアーを購入している人がいる…。という新入社員がいるのなら、高級車といえど、実はなんとかなるものなのでしょうか?

高級車どころか、ガソリン代すら払えなくても…

手取り17万円で、高級車のハリアーを買うことを考える新入社員は、ハリアーにかかるローンや維持費用をどうにかこうにか”やりくり”しているようです。朝も夜も自炊でご飯は少量…。日によってはお昼を抜く事もたびたびという強者もいるようです…。

実際、ハリアーを購入できはしたものの、ローンやガソリン代・駐車場代に、給料をほとんど持っていかれてしまい、月にかけられる食費は1万円を下回っている、なんて声もあるようです。

やはり、「ローン+維持費」に当分は悩まされる事が多いみたいですね。高級車のハリアーを買うことを考えたら、かかるローンや維持費用を、長期的な視野でとらえ、年収のどれくらいの割合をまわせるかなどを考え、それなりの閣議をもって購入する必要があるようですね。

勤続年数が長い社員がハリアーを買う場合は?

今回は、新入社員が人気の高級車ハリアーを買うために必要あ費用や、その心持ちをご紹介しておりますが、勤続年数が長い社員では、どうなるのでしょうか?もちろん、同じ車ですから、新入社員であろうが中堅社員であろうが、維持費に違いはないはずです。どれくらいのやりくり、生活水準にすれば、高級車ハリアーを買えるのでしょうか?

年収が高くてもライフスタイルが違うので、節約が必要

リクナビの調べによる35歳の平均年収を見てみると、434.5万円という結果になりました。この結果だけを見ると、新入社員の2倍ほどの収入があるわけですから、ハリアー維持費にも余裕があるのではないかと思えますよね。しかし、実際にはそう簡単にいきません。というのも、35歳になると、男女ともに結婚や出産など、ライフスタイルに大きな変化が生まれるからです。また、実家を出て一人暮らし、あるいは一家の主になる人の割合も、新入社員に比べて3倍以上いるということが、独自調べで分かりました。したがって、生活費については新入社員よりも負担すべき部分が多く、高級車を買って悠々自適に…とはいかないのが現状です。

維持費削減には、ガソリン代・保険料をおさえる

維持費のなかでも、ガソリン代がその多くのポイントを占めています。最近では、ガソリン代の節約もかねて「エコドライブ」を心がけるドライバーが増えていますが、それをきちんと実践するのは難しく、なかには勘違いしている人もいるようです。ガソリン代をおさえるためにゆっくり走る人がいますが、実はこれはあまり効率的ではありません。発進から5秒後に時速20kmに到達するようにし、加減速を穏やかにすることが正しいエコドライブとい言われています。また、ガソリン代と重ねて大きなポイントを占めるのが、保険料です。使用目的によって、適切な保険は随時変わるはずですから、無駄な保険料を支払わなくてもすむように、定期的に見直しをするといいでしょう。

高級車ハリアーの購入目安は車体460万円で年間維持費にはおよそ50万円くらいかかる

実際に高級車ハリアーを買う新入社員は少なくはないようです。周囲から批判されることもあれば、生活費用を削り、ガソリン代を払えなくなってでも、ローンを組んでハリアー購入を何よりも優先しているのです。年収が少なくてもやってやるという強い意志があるのですね。

ローンの支払いの他にハリアー維持費は、先に紹介したように、およそ50万円です。このあたりも年収から本当に捻出できるのかをじっくり考えるべきです。もしも、入社したての新入社員が新型ハリアーなどの購入を検討しようと思ったら、こういった生活費用を大きく削るリスクと覚悟をしっかりと認識しておく必要があるようです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム