事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年05月09日(水) 更新

一人暮らしをする新卒社員の気になる家賃の平均相場

新卒・新入社員で一人暮らしをするためには

新卒・新入社員で社会人として働くようになったなら、一人暮らしをして自立したいという気持ちは誰にでもあるかと思います。ですが、現実的に新卒や新入社員で一人暮らしをするのは大変です。初期費用も含めて、かなりのお金が必要になり、新卒・新入社員にとって簡単ではありません。では現実的に新入社員で一人暮らしをしている人は、どれぐらいの部屋に住んでいるのでしょうか。また一人暮らしの平均家賃相場はどの程度でしょうか。

収入と支出の管理ができて初めて一人暮らしができる

社会で働くとは、月々にお給料が入ってくるという事です。一人暮らしを始めるという事は、月々決まった生活費が出て行くという事です。支出の平均額の把握など、具体的な額の管理ができる事が、一人暮らしをする上での最低条件と言っても良いでしょう。平均家賃相場を調べる前に必要な考えです。

一人暮らしでは生活費のやりくりが重要

一人暮らしの生活費を上手にやりくりする7つの方法

●1:1ヶ月分使用するお金を袋に分ける
●2:カード決済にした方が良いかよく考える
●3:まず貯金するお金は別にする
●4:銀行へ頻繁に行かない
●5:なるべく自炊を心がける
●6:銀行の口座を分ける
●7:家計簿をつける

以上の7つが今すぐにでも始められる生活費を上手にやりくりする方法です。まずは、家計簿をつけるというところから始めて、普段の生活の中で何にお金が消費されているのかというのをしっかりと確認してみてはいかがでしょうか?家計簿をつける方法は生活費のやりくりの方法においてかなりオススメです。

一人暮らしに最適なワンルームの家賃の平均相場

新卒・新入社員で一人暮らしをする場合、多く選ばれている平均がワンルームマンションかアパートです。一人暮らしをするなら、部屋は一つで十分という考えの人が多いのではないでしょうか。
当然ながら、間取りが1R→1K→1DK→1LDK→2Kとなるにつれて家賃も上がります。一人暮らしに最適なワンルームの家賃の平均相場はどれぐらいなのでしょうか。

ワンルームの家賃の平均相場は55,000円

全国的に見たワンルームの平均家賃相場は55,000円と言われています。ですがこれはあくまでも全国の平均額。東京や大阪などでは、当然ながらこの額よりも高い相場となります。東京や大阪ではなく地方であれば、もう少し安い値段で借りる事ができるかもしれません。家賃は毎月決まって出て行くお金ですから、新卒や新入社員とて余裕を持って設定する事が大切です。

新卒・新入社員の家賃の相場は「収入の3割」の法則

昔から給料の3割ぐらいの家賃が妥当だと言われていて、これを「収入の3割」の法則と呼びます。これは、銀行のローンの審査でも、3割くらいだと大丈夫というのことに通じるといわれています。ワンルームの家賃の平均相場が50,000円というもの「収入の3割」に当てはまるので納得できます。

月収200,000万円の場合の家賃は66,000円前後の部屋が妥当

一般的に家賃の平均相場は、収入の3割程度が適切だと言われています。例えば新入社員の月収が200,000円だとしたら、家賃66,000円前後の部屋に住むのが平均的という事です。それより高い部屋に住むのなら、他の雑費などをおさえる必要があるという事です。逆に50,000円の住むとなれば、少しは貯金もしくは生活にゆとりが出るというケースが多いという事です。あくまでも目安の相場ですので覚えておきましょう。

給料の手取り額を基準に家賃を決める

新卒・新入社員の初任給が仮に200,000円と言われたとしても、現実的に200,000円まるまる手元にもらえる訳ではありません。社会保険、厚生年金などでもろもろ引かれて、手元にもらえる額は150,000円ぐらいと思った方が良いでしょう。その中でやりくりをしなくてはいけません。新入社員が一人暮らしを始める現実味は帯びてきましたか?

どうしても家賃と折り合いがつかなければ転職も1つの解決策

基本は収入にあわせて家賃を決めるべきですが、「どうしてもバストイレ別じゃないと嫌だ」「人が泊まりに来る機会が多いから部屋数が欲しい」という要望で、家賃が下げられない人もいると思います。だからといってすぐに転職はオススメしませんが、先輩に話を聞いて給与が上がる見通しが立たないのであれば、ゆくゆくは転職で解決するのも1つの方法でしょう。とくに給与を上げるのは難しくても住宅手当のある会社なら、家賃の負担が軽くなります。「ハタラクティブ」なら20代の転職に強いので、お金の相談もしやすいでしょう。住宅手当のある会社という希望を伝えて探してもらうだけでもずいぶん負担は減るので、転職を検討した時は相談してみるとスムーズに会社が見つかるかもしれませんよ。

ハタラクティブについて詳しく調べる

新卒・新入社員の一人暮らしは収入の3割が目安で全国の平均家賃相場は55,000円

新卒・新入社員が一人暮らしをする際の家賃の平均相場に関してまとめてみましたが、いかがでしょうか。ここまで紹介してきた平均家賃相場はあくまでも全国の平均額です。東京や大阪など大都市になるほど、当然ながらこの平均相場額よりも高い相場となります。新入社員のうちは背伸びせずに、平均家賃相場に額に合わせて経済的に少し余裕の持てる部屋に住むのが良いでしょう。新入社員になったからといって、無理にすぐ一人暮らしを始める必要もありません。少しの貯金と、気持ちの余裕ができてから始めるでも遅くないという事を覚えておきましょう。

転職を考えている第二新卒者必見!!!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム